恋のなやみに効くメディア

前髪がスカスカ!切ってしまったスカスカ前髪から回復するまでの対処法

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:前髪がスカスカで悩む高校生も…

サロンに行って、「毛量が多いから、ボリュームを減らしてほしい」とお願いしたのに、前髪までスカスカにされてしまった、という経験がある人もいるでしょう。

前髪がスカスカになると、うまく流せなかったりスタイリング剤をつけてもいい感じにまとまってくれなかったりして、不自由しますよね。

校則が厳しくてアレンジやセットに逃げにくい高校生ならなおさら、スカスカ前髪の対処に悩まされるのではないでしょうか。

 

2:前髪をスカスカにされた…!切ってしまったスカスカ前髪から回復するまでの対処法3つ

前髪を切りすぎたときは、帽子をかぶるなどして、伸びるまでひたすら我慢することが定説。でもどうしても我慢できない場合は、次のような方法があります。

(1)乾かし方を工夫する

スカスカ前髪が目立ってしまうのは、乾かし方に問題がある場合も。シャンプーした後、前髪を下向きにコームでおろしてみて、生えグセを確認します。生えグセを直すように、生える方向と逆方向に流しながら前髪を乾かします。

全体的に癖がある場合は、まず片側の前髪を真ん中に流して乾かし、次のもう片側の髪を真ん中に向かって乾かします。

(2)スタイルチェンジしてもOKなら髪型を変える

髪型が変わってもいいのであれば、いっそのこと今の前髪に合う髪型に変えてみるのもいいでしょう。気に入っていない前髪のまま毎日辛い思いをして過ごすより、新しい髪型のほうが、精神的ダメージが少なくて済みます。

(3)ヘアバームでまとめる

まとまりにくい前髪は、軽いオイルやクリームではなく、硬めのヘアバームでしっかりとまとめるのもポイント。しかし、固めるスプレーや乾きやすいワックスは、スタイリングが崩れてきたときに取り返しがつかなくなるのでおすすめしません。

 

3:前髪がスカスカでもOK!前髪がスカスカな男女に合う髪型6つ

スカスカ前髪をどうにしかしたい! そんなときにできるおすすめの髪型を、男女3つずつご紹介します。

(1)マッシュボブ(女性向け)

前髪がスカスカで困っているなら、後ろの髪やサイドの髪も一緒に前髪にしてしまって、全体的にパーマをかけて、マッシュボブにするのはいかがでしょうか。スタイリングも楽チン。まとまらない前髪をいちいちセットする必要がなく、ワックスでくしゃくしゃと揉むだけでOKです。

(2)シースルー前髪(女性向け)

スカスカの前髪を生かして、シースルー前髪にするのもおすすめ。少し長めに前髪を作って、カーラーでふんわりと巻きます。オイルでつまむように束感を作ってスタイリングすれば完成です。

(3)かきあげ前髪ボブor ロブ(女性向け)

スカスカ前髪が嫌なら、サイドの髪と一緒にかきあげて流してしまいましょう。かきあげ前髪はあご下ボブから肩につくくらいのロブが可愛いです。前髪はオールバックのように、カーラーやヘアアイロンで上向きに巻いて
、癖がついたら髪全体にオイルやクリームをなじませ、手ぐしでざっくりとかきあげます。

(4)スリックバック(男性向け)

日本でいうところの「オールバック」にあたるスリックバック。前髪からトップ、サイドの髪すべてを後ろに流すだけで完成です。前髪の量や長さを気にすることなく、髪をざっくりと後ろへ持っていくだけ。ツヤの出るワックスを使って紳士っぽく仕上げるのもおすすめです。

(5)ニュアンスパーマ(男性向け)

トップの髪全体にパーマをかけ、くしゃくしゃっとしたニュアンスを出したパーマヘアなら前髪の量や長さに左右されることがありません。襟足やサイドは短くカットしてメリハリをつければ、ニュアンスパーマがより際立って、韓流モデルのようなトレンド感も出ます。

(6)コームオーバー(男性向け)

日本でいうところの7:3ヘアにも似たコームオーバーは、近年世界中でスタンダードとなったヘアスタイル。サイドをハチ部分まで刈り上げ、そしてトップの髪に少しボリュームをもたせ、コームでサイド方向に流します。レトロな雰囲気にするのがポイント。

 

4:スカスカ前髪は、とにかく耐えろ!

なかなかスタイルが決まらないからとジタバタしても、逆にスカスカ前髪が目立ってしまう恐れも。アレコレもがくことはせず、前髪ごとまとめてスタイリングしてしまうなどして、前髪が伸びるまでじっと耐えるのもひとつの方法ですよ!