恋のなやみに効くメディア

セックスが恥ずかしい!恥ずかしい理由とセックスレスにならないための対策

吉岡サエコS.Yoshioka

目次

隠す

1:セックスは恥ずかしいと思いますか?

未婚、既婚に関係なく、愛するパートナーがいる人にとって、セックスというのは、大切なコミュニケーションのひとつです。しかし、恥ずかしいからと、セックスに対して消極的な女性も少なくないようです。

そこで今回『Menjoy!』では、20〜30 代の女性345名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「セックスに対して、恥ずかしいという思いがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・213人(62%)

ない・・・132人(38%)

約6割の女性が、セックスに対して恥ずかしいという気持ちをもっていることがわかりました。でも、恥ずかしいから目を背けていると、パートナーとの仲に影響があるかもしれません。

 

2:女性がセックスを恥ずかしいと思う理由5つ

女性がセックスを恥ずかしいと思う理由は何なのか。その主な理由を5つ見ていきましょう。

(1)エッチなことをするのに抵抗がある

そもそもエッチなことへの抵抗が強いと、セックス自体も恥ずかしく感じてしまうもの。理由はさまざまで潔癖症だったり、男性が苦手だったり……。厳格な家庭で育てられて、エッチなことをタブー視されている環境が影響する場合もあります。

(2)裸を見られるのが恥ずかしい

裸になることに抵抗があって、セックスに対しても消極的になってしまうという女性も少なくありません。セックス中も常に恥ずかしさを感じてしまい、行為に集中できないことも……。

この場合、最初から裸になるのではなく、途中まで服を着たままする、全部脱がずにするなどの対策をしている女性も。「脱ぎかけがエロくていい」という男性もいるので、どうしても恥ずかしいなら、着衣セックスも視野に入れてみましょう。

(3)体型にコンプレックスがある

胸が小さい、お腹が出ているなど体型にコンプレックスがあると、セックスに尻込みしてしまうようです。相手にすべてを見せたら嫌われちゃうかも……という女心がはたらいてしまうということはあるでしょう。しかし、体型のコンプレックスはすぐに改善できるものではないので、下着や照明を工夫して、少しでも自信を持てるようにするのが良さそうです。

(4)テクニックに自信がない

経験が少ないと、何が正解かもわからないため、自分のテクニックを披露するのが恥ずかしいと思ってしまうようです。確かに、下手だと思われるのも、逆に変に慣れていると思われるのも避けたいですよね。どう思われるかわからないからしたくない……という負のスパイラルが生まれてしまいます。

(5)気持ちいい顔を見られるのが嫌

声を出したり、気持ちいい表情をするのが恥ずかしいという女性も多いようです。普段は人に見せることがない表情や声を、好きな相手に見せるというのは、勇気がいりますよね。しかし、セックスは恥じらいがあるからこそ盛り上がるもの。初めてのセックスや久しぶりのセックスが恥ずかしいのは男性も同じ。回数を重ねることで慣れていけるようですよ。

 

3:夫と今さらセックスするのが恥ずかしい…セックスレス予防のために恥ずかしさを克服する方法5つ

いつまでも恥ずかしいと言っていては、そのうちパートナーとセックスレスになってしまうかも……。密かそんな悩みを抱えている女性もいるようです。セックスでの恥ずかしさを克服する方法とは? 実際に恥ずかしさを克服した方法を女性たちに聞いてみました。

(1)照明を暗くしてする

「見られるのが恥ずかしいので、セックスも苦手でした。でもイヤだとか否定的に断ってばかりいると彼を傷付けてしまいそうな気がして……。毎回暗くしてほしいとお願いすることにしたんです。

最初はお互いが見えないほどの真っ暗闇でしていたんですが、最近は少しずつ慣れてきて、多少明るくてもそこまで恥ずかしさを感じなくなってきました。暗いから彼からはよく見えていないはず、と思うと安心できるんですよね」(Hさん・25歳/受付)

(2)準備万端で挑む

「私は突然誘われるのが苦手。心の準備がないと、いろいろと気になってセックスに集中できませんでした。体のケアは完璧かなとか、デリケートゾーンのニオイは大丈夫かなとか……。

対策として、彼と会う前にちゃんとシャワーを浴びたり無駄毛ケアをしたりするようにしたら、以前よりセックスへの抵抗感がなくなってきたんです。恥ずかしいことは恥ずかしいですが、準備万端なぶん、苦手意識が減ったのだと思います」(Sさん・27歳/看護師)

(3)セックスの間を空けない

「久しぶりだと、彼と会う前からエッチしなくちゃダメなのかななどと、つい身構えてしまっていたんです。それが、たまたまお泊まりやお家デートが続いて、週3でエッチしてみたら、不思議とだんだん恥ずかしさが薄れていくのを感じられるようになったんですよね。

間が空いてしまうとまた恥ずかしさを感じてしまうので、週に1度はするようにしています。やっぱり恥ずかしさの克服は“慣れ”なのかもしれません」(Rさん・27歳/受付)

(4)恥ずかしさもプレイのひとつにする

「何人かお付き合いしてきましたが、男性から恥ずかしがる姿がかわいいと言われることが多かったんです。だからもう恥ずかしさを克服するのはやめて、それは恥ずかしいとか、今恥ずかしいとかをちゃんと伝えることにしたんです。

そうすると、確認しながらしてくれるようになって、私も徐々に楽しめるようになってきました。彼は恥ずかしがる私を見ると興奮するらしいので、素直に恥ずかしいときは恥ずかしがっちゃうのもおすすめかも」(Yさん・25歳/歯科衛生士)

(5)下着やルームウェアをセクシーにする

「主人と付き合って5年で結婚しました。だから今さらセックスなんて、なんだか恥ずかしくて。絶対したくないってわけではないけれど、エッチな雰囲気まで盛り上がらず、なんだか義務っぽい感じになって……それもイヤだったんですよね。

それで、まずは下着やルームウェアを少しずつセクシーなものにチェンジし、雰囲気をつくるようにしました。最近は気持ち的にも、彼に対して“かわいい彼女”っぽく振る舞えるようになりました」(Aさん・33歳/専業主婦)

 

4:まとめ

セックスレスにならないためにも、セックスへの恥ずかしさを克服することは重要なこと。自分から積極的に対策を取ることが、恥ずかしさ克服への近道といえるでしょう。

逆に、恥ずかしいことを武器にして、恥じらいをセックスを盛り上げるエッセンスにしてしまうのもおすすめですよ。