恋のなやみに効くメディア

彼氏と別れそう…今からでもできること&やってはいけないこと

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:彼氏が自分のことを好きじゃないかも…どうする?

「最近彼氏からの愛情を感じられない……」「もしかしたらもう私のことが好きじゃないのかも……」そう悩んでいたとしても、彼氏に直接聞くのは怖いですよね。

たとえ相手が自分のことを好きじゃなくなったとしても、彼氏のことが大好きであれば、自分から別れを切り出すのは辛いもの。かといって、このままの状態を続けるのも心が苦しいですよね。

そんなときは彼氏と別れそうな状況を少しでも良くするためにできることを考えてみましょう。

2:好きじゃないのは態度でわかる?彼氏が別れそうなときに出すサイン5つ

相手への愛情が薄れてしまうと、自ずと態度に過去との違いが出てしまうものです。まずは彼氏が「別れたい」というサインを出しているかどうかチェックしてみましょう。

(1)自分から話す回数が減った

恋人同士が一緒にいると、本来、会話というものは自然に生まれます。会っていない間の出来事や、SNSで見つけた面白いこと、好きなものを共有し合ったりしますよね。

彼氏が自分から話す回数が減るということは、“彼女には伝えたいことがない”という意思の表れです。「好きな人に自分を知ってもらいたい」という気持ちが薄れている可能性があります。

(2)連絡を取る回数や会う回数が減った

彼氏がよほど仕事や学業に忙しい場合以外に、連絡を取る回数や会う回数が減ったのであれば、それは“もう好きじゃない”というアピールかも。

お互い忙しい時間の合間を縫って連絡を取って会うという行為は、相手が好きだからこそ頑張れること。好きじゃない相手に対して、自分の大切な自由時間を削ってまで時間を割こうとは思いませんよね。

(3)彼女に対して批判的なコメントが増えた

彼氏が批判的なコメントばかりをするようになった場合にも注意! 例えば好きな彼女が洋服に悩んでいたら、まず似合うための方法を考えようとしてから発言しますが、好きじゃない相手となると「やめたほうがいいんじゃない?」「俺はいいと思わないなぁ」とスッパリと切ってしまうことも。

特に後者は、彼女のことを考えず主観だけで話しているので、「そもそも相手のことを考える気がない」という意思の表れでもあります。

(4)一緒にいてもため息が多い

人前でため息を何度もつくということは、「疲れ」をアピールをしているということ。恋人同士でいると、どんなに疲れていても気分はハッピーになるはず。なのに、彼女といても一向に減らないということは「君といることでより疲れるんだ」というアピールと取れます。

(5)彼女の変化に関心を示さなくなった

彼女の髪型やメイクなどの外見的変化に鈍感な男性もいますが、彼女の悲しそうな姿や嬉しそうな姿などの気分の変化に対して鈍感な人はいないはず。それは愛情があってこその気づきであり、「好きだからこそ相手を知りたい」という気持ちがあるからできることです。

彼女の外見や気分の変化に対し「どうしたの?」「何かあった?」と反応しないということは、彼女の変化に関心がなくなった=もう好きじゃないというアピールかもしれません。

3:大好きすぎるし別れたくない!別れたそうな彼氏に対してできること5つ

彼氏の別れたいサインを察知しても、本当に大好きな彼氏であればそう簡単に別れることはできませんよね。

別れたそうな彼氏に対してできることはあるのでしょうか?

(1)別れたい理由を聞く

彼氏としても、別れたいと思うまでにいろんな経緯があったはずです。

内容によってはとても辛い気持ちになることもありますが、理由を聞かないことには納得もできませんし、改善するべきポイントもわかりません。思い切ってその別れたそうな態度の原因はなんなのか? 直接彼に理由を聞いてみましょう。

(2)日ごろの感謝を伝える

別れに触れる前に、これまでしてもらったことや彼氏の優しさに対し、感謝の気持ちを伝えてみましょう。

日ごろの感謝の言葉を聞くことで、彼女へ抱いていた愛情がふとよみがえり、別れたいという気持ちが変化することもあります。

(3)楽しかった思い出を話題に出す

今までの楽しかった思い出を振り返ることで、別れを考え直す男性は多いです。ふたりの思い出には、必ず相手のことが好きだった自分の感情も焼き付いているため、急に彼女のことが愛おしくなることがあります。楽しかった思い出について触れてみてはいかがでしょうか。

(4)「別れたくない」と素直に伝える

まだはっきりと別れたいと言われていない場合も、そのサインを感じとっていることを恐れずに伝え、「別れたくない」と素直に伝えることも方法のひとつです。その強い意志が、相手の心を呼び戻す可能性も多いにあります。駆け引きなどせず、ただ素直な気持ちを伝えましょう。

(5)好きな気持ちを伝える

別れたくない理由は「彼のことが好きだから」ですよね。

彼のほうの好きという気持ちはもう冷めてしまったかもしれません。ですが、自分の「好き」という気持ちは揺るがないもの。愛を伝えられることで、「自分を愛してくれる人と離れるのはつらい」と感じるかもしれません。

4:これをやったら復縁は無理!やってはいけないこと3つ

もし大好きな彼と別れてしまったとき、復縁をしたいなら絶対にやってはいけない行動をご紹介します。「これをしたら相手に嫌われる」と思っておきましょう。

(1)感情的になって相手を責める

別れを察知したからといって、感情的になるのは絶対にNGです。

相手を批判するなんてもってのほか。別れたいという気持ちを抱くことに対し責める理由はないどころか、非が自分にあるかもしれない状況です。

自分の非には目もくれず、相手ばかりを感情的に非難する残念な姿を見て、彼氏が復縁したいと思いますか?

(2)“重たい女”と思わせる内容を言う

「別れたら死んでやる」など執着的な内容を伝えて必死さをアピールするのも避けましょう。“重たい女”はめんどくさがられる一方です。彼氏が自分にとって大切で必要な存在であると思うなら、その気持ちを素直に伝えるようにシフトして!

(3)その場しのぎな嘘をつく

復縁したいからといって、その場しのぎで嘘をついても結局すぐにバレてしまいます。嘘をつくような不誠実な態度は相手に受け入れられませんし、嘘をつかれたことで、彼女のことをもっと好きじゃなくなるはず。特に気を引こうと「私にも他の彼氏候補いるし」と余計な嘘をつくと必ず後悔することになるでしょう。

5:まとめ

自分は相手のことが大好きなのに、相手は自分のことが好きじゃない……という状況を知ってしまうと、すごく辛く、悲しいですよね。

しかし、こんなときこそ受け身ではダメ! 結果を変えるのはあなた自身の行動があってこそ。今の状況を冷静に受け止め、何が最善かしっかり考えて行動してみてくださいね。