恋のなやみに効くメディア

既読スルーする女性心理を解説!恋人や友達のLINEをスルーするのはなぜ?

桃倉ももM.Momokura

©gettyimages

目次

隠す

1:女子の既読スルーには法則がある

既読スルーというと、何となく男性がするイメージもあるかもしれませんが、もちろん女性にも既読スルーする人はいます。

既読がつき、相手がメッセージを読んでいることがわかったにも関わらず、返信がないと、不安になる人も多いのではないでしょうか。恋人である女性に既読スルーされたのなら「今誰かといるの? 男?」「何かあったのかな?」と良からぬことを考えてしまい、不安になりますよね。

また、友達である女性に既読スルーされた場合「私の優先順位って低いのかなぁ」「私のこと嫌いなのかな……」と悲しくなったり、腹立たしい気持ちになることもあるでしょう。

あえて既読スルーをして、相手の興味を煽るという恋愛テクニックもありますが、これは付き合う前のテクニックであり、恋人同士や同性間ではあまり意味がありません。

そこで今回は、女子の既読スルーについて、考えていきましょう。

2:駆け引きなの?それとも脈なしサイン?女性が急に男性を既読スルーする心理5つ

女性が男性に対して既読スルーしてしまう心理をまとめました。急に女性が既読スルーするようになったら、こういうことかもしれません。

(1)駆け引きと思うのは自意識過剰

「あえて既読スルーをして相手の興味を煽る」といった恋愛テクニックが、多くの恋愛メディアなどで紹介されています。しかし、実際に駆け引きとして既読スルーをしている女性はごくわずか。手法がベタすぎるし、効果が読みにくいので、やっている女性は少ないでしょう。

女性が既読スルーする行為に対して「もしかして駆け引きかな?」と思うのは、自意識過剰なだけかもしれません。駆け引きとして既読スルーをするならば、友達以上恋人未満のケースが多いでしょう。すでに恋人同士である関係であれば、駆け引きという可能性は低いです。他の原因を考えてみましょう。

(2)ほぼ脈なし

今まで返事をくれていた女性が急に既読スルーをするようになったという場合、そのほとんどの理由は「脈なし」や「好きでなくなった」と考えていいでしょう。一定の間だけ、既読スルーされるのなら、その期間が単に忙しかったとも考えられますが、既読スルーがずっと続くようであれば、自分に脈がないということ。

相手の反応を無視してメッセージを送り続けてしまうと、最悪の場合、ブロックをされてしまうことも……。それを回避したいのであれば、メッセージの送りすぎには気を付けてください。

(3)忙しい

既読スルーされるのが一定期間であるならば、単にその間忙しかったとも考えられます。忙しいのであれば、「今忙しくて、あんまり返信できない」とひと言でも言ってくれればいいものですが、相手のあることですので、気に病んでも仕方がありません。そのあたりは察してあげましょう。

(4)単に忘れている

単に返信するのを忘れている場合もあります。例えば「今月はいつが空いてるかな?」といった、予定を聞いているような内容などで、送ったほうとしては「絶対に返事がくるはずだ」と思っても、「あとで予定を見てから返信しよう」と返信を後回しにされてしまうことも。結果、ついつい返信を忘れてしまい、既読スルーという形になってしまうことも多いようです。

単に忘れているだけか、それとも自分に興味がないのかが気になる場合は、しつこくならない程度に返信を催促してみてください。

(5)浮気をしている

彼女が急に既読スルーするようになった……。そんなときは、もしかしたら女性側に何かやましいことがあるのかもしれません。不安であれば、なかなか返信が返ってこない日について、何をしていたか問いただしてみるのも、今後の関係を見据えた行動だと思います。

3:女性が友達のLINEをスルーする理由3つ

続いて、恋愛が絡まない、友情関係における既読スルーの心理を見ていきましょう。

(1)返信する内容ではない

友達に既読スルーされた場合、本当に返信を必要としている内容なのか、まずは自分が送った内容をもう一度見直してみてください。特に返信の必要ない内容であれば、「わざわざ返信するほどでもないや」と判断され、既読スルーのまま終わることも多いでしょう。

相手に返信を求める場合は、語尾を疑問形にするなど工夫してメッセージを送るといいでしょう。

(2)嫌われている

友達からずっと既読スルーされているという場合、もしかして、友達だと思っているのは自分だけかもしれません。相手は、こちらのことを友達とも思っていないし、嫌っているからあえて返信しないとも考えられます。

2~3回既読スルーされるのならまだしも、いつもまったく返信が返ってこないようであれば、そう察したほうがいいかもしれません。

(3)忘れている

異性の場合と同じで、単に忘れているといった場合も考えられます。友達同士だからこそ、恋人関係や、仕事の連絡と違い、すぐに返さなければいけないというプレッシャーがありません。いつでも、気が向いた時に返信すればいいと思って「あとで返せばいいや」と後回しにして、ついつい返信を忘れがちという人も。

この場合、特に悪気はないので、返信がないのが気になるのであればスタンプなどを送ってみてください。

4:既読スルーと未読スルーの心理的な違い3つ

最近では「未読スルー」といった言葉もでてきました。「読んでいるのに何で返信しないんだ」と思われるのを恐れて、あえてメッセージを読まずに放置する行為のことを指します。

中には、既読スルーと未読スルーを使い分ける人も。そこで既読スルーと未読スルーの心理的な違いをまとめました。

(1)相手を見て判断している

一度既読をつけているのに返信をしないのは、やはり失礼な行為にことも。そこで、仕事の連絡や上司、失礼をしてはいけない相手に対しては、連絡を返せる時以外はメッセージを開かないようにするという人は多いです。こうして未読スルーが生まれます。

一方、友達や恋人、親しい人が相手の場合、「気が向いた時に返信しよう」という気持ちでメッセージを開いて、自分のタイミングで返信をしようと考えるので、既読スルーとなります。

このように、相手との関係によって使い分けている人も少なくないようです。

(2)メッセージを開きたくもない

既読スルーをする以上に、相手のことを不快に思っていると、未読スルーをしがちです。メッセージを開きたくないほど相手のことを嫌っているというケースもあります。

(3)未読通知数が人気の指標

あえて未読メッセージを溜め込んで、「未読通知の数が多ければ多いほど自分は人気者」という錯覚を起こしている女子も存在します。たしかに、たくさんの人から連絡が来ていると、一見、人気者に見えなくもないですよね。

5:まとめ

筆者の個人的な見解では、既読スルーよりも未読スルーのほうがタチが悪いと思います。メッセージも読むにも価しないと思われているようで、腹立たしくもなりますし、大事な連絡が未読のままだと、事が進みませんよね。

LINEの既読スルーや未読スルーでモヤモヤするのは、気が短いのかもしれませんが、今の世の中、LINEでのやりとりはコミュニケーションに欠かせないもの。LINEでのコミュニケーションくらいスムーズに進まないような相手とは、うまくやっていけないと、筆者は思います。