恋のなやみに効くメディア

前髪カーラーの太さはどのくらい?前髪カーラーで韓国風の前髪を作る方法

コマツ マヨM.komatsu

©gettyimages

目次

隠す

1:ぱっつん前髪に使うカーラーの太さは?フルリアフリの「くるんっと前髪カーラー」が買える場所

(1)ぱっつん前髪に使うカーラーの太さは?

短い前髪だと、普通のカーラーやヘアアイロンで巻くのはちょっと難しいですよね。そんな“短め前髪だけど巻きたい派”の人たちに人気なのが、「フルリアフリ」の「くるんっと前髪カーラー」です。

一般的なカーラーと比べて、楕円形で直径がスリム。そしてクリップと一体化しているのが特徴です。髪を挟んだら、そのままくるくると巻けばいいだけなので、毛先まできれいなカールをつけやすく、巻きつけるのが簡単です。

(2)くるんっと前髪カーラーが買える場所は?

この「くるんっと前髪カーラー」ですが、アマゾンや楽天などの通販サイトのほか、PLAZAのECサイトでも販売されています。その他、大手ドラッグストアなどでも入手可能です。

 

2:韓国風前髪を作りたい!前髪カーラーを使って韓国風の前髪を作る方法5ステップ

韓国風前髪といえば、前髪からおでこが透けて見えるようなシースルー前髪。カーラーを使って、このシースルーバングを上手に作る方法をご紹介します。

 

(1)シースルーにする前髪をとる

 

ごく少量の前髪で作るシースルー前髪。前髪の量が多い場合は、シースルー前髪にする分量を残して、残りの髪はサイドで留めておきましょう。癖がついているとうまく前髪を作ることができないので、一度濡らして乾かすなどして、前髪の癖を根元からオフしておいてください。

(2)目〜鼻あたりで長さを決める

シースルー前髪は、ふんわりと顔にかかる前髪が儚くてかわいく見えるもの。目〜鼻のあたりで好みの長さを決め、カットしましょう。カットする際には、中央をはじめにカットして、その長さに合わせて残りの髪をカットします。

カットの際、前髪はできるだけ濡らさないほうが、失敗が少ないでしょう。濡らした状態でカットをすると、乾いたあと軽くなって、思ったより短く見えてしまう場合があります。

(3)両サイドの髪となじませる

前髪の長さが決まったら、両横にある少量の髪を、サイドの髪とつなげるように長さを調整して、自然につながるようにします。ハサミを縦に入れるとこめかみの髪を間違って切ってしまう恐れがあるので、髪を少量ずつ指でつかんで、注意しながらやりましょう。

(4)いよいよカーラーの出番!

韓国人タレントや韓国人歌手たちのインスタグラムでも度々登場する、前髪にカーラーを巻きつけておでこを出している姿。前髪にカーラーを巻いてしばらく放置するだけで、簡単にできあがります。

髪がペタンコになりやすい人は、顔から90度上げた角度でカーラーを巻いて、根元からしっかり立ち上げましょう。癖がつきにくい人は、軽くドライヤーの風を当てて、そのまま冷えるまで放置すると、しっかりと癖づけができます。メイク前に巻いておけば、メイクが終わったころには、ナチュラルなふんわり前髪ができ上がり。

(5)スタイリングはオイルで

少量のオイルを指先に取り、つまむように前髪にオイルをなじませます。ワックスやバームだと重くなってしまうので、軽いつけ心地のオイルがおすすめ。ツヤも出ますし、自然なまとまりが出ます。髪全体にオイルをつけたあと手に残ったものを前髪でなじませるだけでもOK。つけすぎるとベタベタになってしまうので注意してください。

 

3:マツキヨでも見つかる!薬局や百均で買えるおすすめ前髪カーラー3つ

近所のドラッグストアなどで買えるおすすめのカーラーをご紹介します。どれも数百円程度のお手ごろ価格で、使いやすいものばかり。髪の毛の長さや仕上がりの好みに合わせて選んでみてくださいね。

(1)ラッキートレンディ 変身カーラー

クリップ付きのスポンジカーラー。カーラーがおでこに当たって痛いと感じる人には、こういったやわらかいスポンジカーラーがおすすめ。クリップで髪を固定することができるので、長い時間つけるときやつけたまま着替えや準備をするなど、動かなければいけないときに最適です。

(2)ノーブル フルリフアリ 寝ながらカーラー

「くるんっと前髪カーラー」の姉妹品である「寝ながらカーラー」は、その名のとおり、寝ている間にカーラーを巻くためのアイテムです。マジックテープとゴムが付いていてズレにくく、髪をしっかりホールドしてくれます。クリップ式だと髪に跡がつくこともありますが、ゴムのおかげでその心配も少ないでしょう。

(3)貝印 デュカール マジックアップカーラー

メイクアップツールでおなじみの「貝印」から販売されている、オーソドックスなカーラー。クリップやピン、ゴムで押さえた跡がつきにくいタイプです。

 

4:カーラーは手軽で便利!

ヘアアイロンだと、電源を入れて温まるまで待たなければいけないですし、巻くのにもコツが必要で、さらに髪が傷む心配も……。でも、カーラーならやりかたも簡単ですし、巻いておくだけでかわいい前髪を作ることができるので、一石二鳥ですね。