恋のなやみに効くメディア

w/ってどういう意味?ビジネスやインターネットで使うスラングとその意味

槻谷岳大T.Tsukitani

©gettyimages

目次

隠す

1:「w/」の意味は?「w/o」「w/c」の意味も

(1)w/

「w/」は「with」の省略語として使われるものです。これは「~とともに」という意味の前置詞。「w/me」となれば、「私と」という意味ですし、「w/you」となれば「あなたと」という意味になります。メールやチャット、Twitterなどで文章を素早く短く済ませたいときなどによく使われます。

(2)w/o

「w/o」は「without」を省略したものです。「without」は「~なしで」を意味する前置詞であり、withと同様に、この後に名詞などの目的語が続きます。

(3)w/c

「w/c」は「week commencing」の略。例えば「w/c 29th Apr.」と書くと、4月29日の週となります。

 

2:w/以外にもたくさんある!ビジネスでよく使う英語略語10個

その他にもたくさんある英語略語の例を見ていきましょう。

(1)FYI

「For your information」の略語です。日本語で言うと「ご参考にご覧ください」「ご参考まで」といった感じでしょうか。メールを転送するときなどに、この一語だけタイプして送る人も多くいます。

(2)TQ/THX

どちらも「Thank you」の略語です。意味はもちろん「ありがとう」ですね。

(3)BRB

「Be right back」の略で、「すぐに戻ります」の略語です。

(4)ASAP

「As soon as possible」の略で「できるだけ早く」という意味です。A.S.A.Pと間にコンマを入れることもあるようです。20年くらい前、とんねるずの石橋貴明さんと、工藤静香さんのユニット「Little Kiss」のデュエットソング(濃厚なキスシーンが話題となりました)の題名になったことを覚えている人もいるかもしれません。

(5)BTW

「By the way」、「ところで」の意味です。話題を変えるときなどに前置きで言うことが多い言葉で、特にアメリカの人が比較的好む略語のようです。

(6)RN

「今この時点で」を表す「Right now」の略語です。「今はちょっと忙しくて……」などのシチュエーションでよく見かけることがあります。

(7)AFK

「Away from keyboard」の略です。直訳すると「パソコンなどのキーボードから離れる」、つまり「いったん離席します」といった意味です。ゲームやチャットなど「オンライン」でコミュニケーションする際などによく使うようです。スマホ使用時でももちろん使えます。「フロリダ」という若者言葉とニュアンスは近いでしょう。

(8) IMHO

「In my humble opinion」の略です。「humble」は「謙遜した」「控えめな」という意味。つまり「IMHO」は、日本語で言うと「私のつまらない意見ですが……」というように、謙遜して自分の意見を述べる時などに使うことが多いようです。

(9)2MORO

読みは「トゥモロー」。つまり、この発音のまま「Tomorrow(明日)」の略語です。英語では「To」や「Two」(トゥー)の発音を数字の2で略す言葉には「2day(Today:今日)」や「2night(Tonight:今夜)」などもあります。

(10)IDK

「I don’t know」の略を「IDK」で表します。「知らない」「わからない」という意味です。同じニュアンスで「IDC」(I don’t care)が使われることもあるので、ふたつをセットで覚えておくといいかもしれません。

 

3:英語じゃない!インターネット上で使われるアルフェベット略語5つ

こちらは一見、英語の略語のようですが、実際は違っているというものをいくつか見てみます。

(1)w

2ちゃんねるなどでよく見る「w」は、「笑い」の意味です。読み方は「わらい」「わら」どちらでも。「草」ともいい、失笑や爆笑を「wwww」と表現したり「草生える」と書いたりも。もともと(笑)と表記されていたものが「w」一字だけに略されていったもののようです。

かなり日本社会全体に浸透していると思われますが、馬鹿にされているニュアンスを相手に与えることも多いので、使用には注意が必要です。

(2)kwsk

「詳しく(教えて)」の意味です。「kuwashiku(くわしく)」の頭文字を略して四文字にしたもの。もともとインターネットんの大型掲示板などで、過去ログの情報や、コメントの詳細を知りたいといったとき、リクエストをする際に使われていたものが一般化したようです。

(3)orz

人がしゃがみこんで「もうだめだ……」と落胆している姿をアルファベットで表現しているもので、ガッカリしたというコメントの文末につけて使用します。これについは、『Menjoy!』の過去記事「orz」の意味と読み方は?「orz」を使う場面と似た顔文字」に詳しい説明が載っています。

(4)DQN

「ドキュン」の発音をアルファベット化したものです。『目撃ドキュン』というテレビ場組名からきていて、主に「元ヤン」的な人を指す言葉ですが、広く「恥ずかしい人」「常識のない人」などのニュアンスで使われうことも。いわゆる蔑称といえます。

(5)ggrk

「ググれカス」の略語です。「自分でインターネットで検索しなさい」という意味です。ネットで検索すること自体を、最大手検索サイトのグーグルからの造語で「ググる」と表現するようになりましたが、インターネットの質問サイトやSNSなどで、ちょっと検索すれば簡単にわかることを何でもかんでも聞いてくる人に対して使用するようです。

 

4:まとめ

言葉は生き物。何十億人もの人がインターネットに日々向き合っている現代において、新しい略語もどんどん生まれているようです。

今日ご紹介したような英語略語を、ビジネスシーンでスマートに使えたなら、気分も乗って仕事もより捗るかもしれませんし、またそれと共に、進化するスラングのアルファベット略語をも理解できるようになるのも、現代社会のひとつの嗜みになってきているのかもしれませんね。