恋のなやみに効くメディア

胸にニキビができる原因は?胸&背中ニキビにおすすめの薬と対処法

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:胸にニキビができたことありますか?

ニキビといえば、基本的には顔にできるイメージが強いですが、胸や背中など、体にもできることもあります。背中のポツポツは多くの人が経験していると思われますが、胸のニキビというのはどのくらいの人が経験しているのでしょうか。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の女性204名を対象に、独自のアンケートを実施。「胸にニキビができたことありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下の通りとおりです。

ある・・・89人(44%)

ない・・・115人(56%)

約半数ほどの人が、胸にニキビができた経験があることがわかりました。ニキビというのは、毛穴に溜まった皮脂に、細菌が繁殖してできるもの。背中や胸というのは、他の部分に比べても皮脂腺が多いため、ニキビができやすいといわれています。

では、みんな、どうやってケアしているのでしょうか。

 

2:胸ニキビは治りにくい?胸にニキビができる原因5つ

まず、先ほどのアンケートで、胸にニキビができたことがあると答えた89名に「胸にできたニキビはすぐに治りましたか?」という質問もしてみました。

結果は以下のとおりです。

すぐに治った・・・45人(50.6%)

治るまでに長時間かかった・・・22人(24.7%)

ニキビケアや保湿など対策を取ったら治った・・・19人(21.3%)

治っていない・・・3人(3.4%)

特に何もしないでいてもすぐに治ったという人もいれば、時間がかかった人もいる様子。肌質や体質にも関係があるのかもしれません。

ケアをする前に、まずは胸にニキビができる原因を知っておきましょう。

(1)食生活が乱れている

油っこいものや甘いものが好きだったり、野菜をあまり食べない、偏食でバランスが悪いなど、食生活が乱れていることは、顔だけでなく胸のニキビの原因になります。

乱れた食生活を続けていると、過剰に皮脂が分泌されてしまう原因にも。そのため、細菌が増殖しやすくなり、胸にニキビができてしまうというわけです。

(2)ストレスが溜まっている

精神的なストレスは、ホルモンのバランスに影響します。ホルモンバランスが崩れると、肌本来のバリア機能が正常にはたらかず、トラブルが起こりやすく。そのため、菌が増えてしまい、胸にニキビができてしまうのです。

特に生理前などにはニキビができやすくなりますが、顔だけでなく胸にもできてしまうという人も少なくありません。

(3)体が清潔に保てていない

入浴時やシャワーのときなどに、体をきちんと洗えていない場所があると、毛穴に汚れが詰まったままとなり、それがニキビの要因にも……。特に、胸の谷間や胸の下といのは汗をかきやすいうえに、洗い残してしまいがち。しっかりと洗いましょう。

ただし、ゴシゴシと肌を強く洗いすぎるのもNG。バリア機能まで奪ってしまい、逆に肌荒れやニキビの原因になることもあります。

(4)衣類の摩擦

ブラジャーや衣類など、繊維があたることで摩擦が生じたり、繊維についた汗や皮脂が肌にこすれることが原因で、胸にニキビができてしまう場合もあります。肌に優しい素材を選ぶことや、肌着や衣服を清潔に保つことも、胸にニキビをつくらないために大事なことです。

(5)整髪料が刺激になっている

髪の毛が胸にあたるくらいまでの長さの人は、髪についた整髪料やスプレーしたときに、肌に整髪料がついてしまうことが原因で、胸にニキビができるケースも。

また、入浴時に頭や体を洗うとき、洗浄料をしっかり流しきれていない場合、肌に残ったものが刺激になって肌荒れやニキビをつくってしまうことがあります。

 

3:背中ニキビにも!胸ニキビにおすすめの市販薬3選

(1)大塚製薬「オロナインH軟膏」

この投稿をInstagramで見る

 

オロナインH軟膏【公式】(@oronine_official)がシェアした投稿

「オロナイン」の有効成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩は、初期段階のニキビの炎症を抑える効果を発揮すると言われています。ニキビのもととなるアクネ菌に作用して、増殖を防ぐ効果もあります。

(2)第一三共ヘルスケア「クロマイ−N軟膏」

「クロマイ軟膏」は体にできたおできやふきでものなどの治療薬。化膿性皮膚疾患の原因菌に効く成分と、抗生物質が配合されているので、白く膿をもったニキビにも使えます。

(3)ライオン「ペアアクネクリームW

炎症がある赤ニキビにも効果を発揮してくれるお薬。有効成分がアクネ菌などを殺菌して鎮静し、悪化の進行を抑えてくれます。また、塗ると透明になるクリームなので、お薬をつけた上からメイクも可能。安心して外出時にも使えます。

 

4:胸にニキビができにくくする対処法5つ

(1)衣服選びに気をつける

胸にピッタリしすぎるデザインだと、摩擦や蒸れの原因になってしまいます。また、繊維が汗を吸い込んで汚れるため、それが肌に触れて症状を長引かせる可能性も。ブラジャーも、シルクなどの肌に優しい素材を選び、こまめに洗濯して常に清潔に保ちましょう。

(2)汗や汚れをこまめにオフ

日中には、胸元の汗や汚れをこまめにオフするようにしましょう。特に真夏は胸の谷間や胸の下に汗をかきやすくなります。外出時のケアにはボディーシートがおすすめ。殺菌効果や香り付きのものもあるので、好みで選んでください。

(3)髪の毛を結ぶ

髪の毛が長い人はデコルテにかからないように髪の毛を結ぶのがよいでしょう。デコルテの皮膚というのは、薄くてデリケート。髪の毛につけた整髪料の刺激だけでなく、毛先が肌にチクチクと当たるだけでも刺激になってしまいます。

(4)しっかり体を洗う

体に汗や汚れ、余分な皮脂が残っていると、ニキビの原因となってしまいます。できれば毎日シャワーを浴びるように心がけましょう。最低でも、濡れタオルで体を拭くなどしてみてください。また、体を洗った後に髪の毛を洗うと、シャンプーなどが肌に残ったままになってしまう可能性も。洗浄料はしっかり洗い流しましょう。

(5)規則正しい生活を心がける

食生活や睡眠時間など、規則正しい生活を心がけることも大事。不健康な生活習慣が肌荒れ、ニキビの要因になるのは間違いありません。スナック菓子などを食べすぎない、お肉・野菜・お魚をバランスよく食べる、十分な質の良い睡眠をとる……そういったことの積み重ねが美肌を生み出します。

 

5:まとめ

アンケートをみると、胸にできてしまうニキビは自然と治ることも多いようですが、治療薬を使えば治りはさらに早くなることが期待できますので、市販薬をひとつ常備しておくと安心。

また、体を清潔に保ち、保湿などを心がけ予防をすることも重要。デコルテが開いた服や水着を自信をもって着られるようになれば、毎日がはもっと楽しくなりますよ。