恋のなやみに効くメディア

男性をその気にさせるには?男性の気持ちを刺激する言葉やテクニック

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:その気にさせる…英語で言うと?

「その気にさせる」というのは日常的に出てくる言葉ですが、なんだか漠然としていて、英語表現なんてますますわかりませんよね。

そこで本題に入る前に、「その気にさせる」の英語表現を見ていきましょう。

ポピュラーな表現では「lead on」があります。好きだから振り向かせるというより、うまいことを言って相手に恋愛感情を持たせるという意味です。例えば「She’s been leading him on all the time.」で「彼女はいつも彼をその気にさせる」となります。

そのほかには「turn on」という表現もあります。電気をつけるという意味ですが、性的にその気にさせる(スイッチを入れる)という意味でも使われます。

 

2:彼と付き合いたい…男性をその気にさせるテクニック5つ

それでは彼をその気にさせるテクニックをご紹介していきましょう。

(1)とにかく褒める!

男性はなんだかんだでプライドが高いため、褒められるととても喜びます。容姿や服装などもですが、知識や経験といったものを褒められるても、自信に満ちあふれるのです。

「なんでも知っているんですね」「経験豊富で話がためになる」「すごい!」など、どんどん褒めていきましょう。

褒められたほうは、褒めてくれる人を悪くは思わないものですし、話を聞いてくれるという認識にもつながります。褒められて気分良く話せると、話しやすい子だなと思ってもらえます。

(2)相手の行動を真似する

ミラーリングという心理効果をご存じですか? 相手と同じ行動をすることで、安心感や親近感を無意識に覚えさせるのだそう。

同じタイミングで水を飲んだり、手を叩いて笑う行動を真似てみたり。こうした真似は相手が、好きだからできる行為。さりげなく行動を真似することで、相手に意識させて、安心感を誘って心を開いてもらいましょう。

(3)一緒にいて楽しいと伝える

相手をその気にさせるためには、あなたを良く思っていますと気づかせなければいけません。そのために、まずはこちらから「あなたと一緒にいると楽しい」と伝えてみましょう。

好感度が良くなければ、一緒にいても楽しくはありません。それは男性側だって同じ。相手が自分をよく思ってくれていると知ると、その子のことが気になってくるのです。一緒にいるときに楽しそうにするのも忘れないで。

(4)お酒の席で甘える

多人数でお酒を飲むことがあったらチャンスです! 酔った勢いでボディタッチをしたり、甘えた声を出してみて。

腕に手を置くだけでもドキッとするもの。お酒で赤らんだ顔はかわいさが増しているので、彼の顔を見て「お水頼んでくれますか?」と言ったりするのもありです。あざといけれど、彼の肩に頭をコテンと傾けるなんていうのもテクニックとしてありますよ。

(5)ふたりで遊びに行きたいと言う

ふたりで遊びに出かけたいと、さりげなく言ってみましょう。デートの約束を取りつけるまででなくても、冗談っぽくて大丈夫。例えばLINEなどで「いつかふたりで行ってみたいねー」ぐらいのノリでいいんです。

それだけで、相手に好意を持っていることが伝わります。こちらに悪いイメージを持っていなければ「俺のこと良く思ってるのかな」と気にするようになり、次第にその気になってくるはず。

 

3:効果的な言葉は?男性をその気にさせる夜のテクニック5つ

エッチに誘うのに、直接的に言うのはちょっと恥ずかしいときに使えるテクもご紹介します。

(1)体のラインを強調させる

ボディラインがはっきりする服を着てみると、その姿には反応してしまうもの。ぴっちりしているレギンスでお尻から太もものあたりを強調して見せたり、胸が強調される服を着てみたり。ノースリーブなど露出多めの服でもいいかもしれません。

ゆったりした服ならば、チラッと見えそうで見えない胸元だったり、脚のラインを見せたりするのが、彼をその気にさせるテク。体を意識させることで彼のスイッチをオンさせちゃいましょう。

(2)いつもよりスキンシップを多めにする

普段より多めにスキンシップすることで彼の気を誘ってみましょう。寄りかかってみたり、必要以上に抱き着いてみたりは効果的。手や太ももを触りながら会話をしたり、テレビを見たりしてみたりもいいですね。

それでも足りないかなと思ったら、マッサージをしてあげましょう。手のひらをもんであげるハンドマッサージや、背中や腰をマッサージがおすすめ。リラックス効果もあるので、彼をその気にさせるにはぴったりのテクです。

(3)「キスして」

その気にさせたいなら「キスして」というひと言は効果大。その先もしたいと女性側から誘うのって、やっぱり恥ずかしいものですが、キスならおねだりしやすいですよね。

キスを何度もしていればだんだんとその気になってきちゃうもの。キスだけで終わりそうなら「もっと」とかわいくおねだりしちゃいましょう。

腕や首など体にチュッとキスするもの効果的。首へのキスはお誘いの証拠とも言われています。さりげなく誘うのにはぴったりですね。

(4)セクシーな声を出す

意識してセクシーな声を聴かせることで、彼をエッチな気分にさせてしまうテクもあります。水を飲んだときに「ハァ~」とセクシーに言ってみたり、普段より吐息たっぷりめでため息をついてみたり、何かしたときに「んっ」や「あっ」と小さくあえぐような声を出してみたり……。いつも以上にセクシーさを感じると、やはりムラムラっとしてしまいます。

でも、あんまりにもわざとらしくするのは逆効果。露骨なのはやる気にならないので注意を。

(5)「エッチな気分になっちゃった」

これはほとんど直接的なセリフではありますが、「しよう」とダイレクトに言うよりも、男性がグッとくることが多いです。普段はそんなにグイグイと誘ってくる彼女ではないのに、そんな気分になったと知れば、とてもかわいく思えます。そうなれば彼もその気になってしまうでしょう。

ポイントは少し恥じらいながら言うこと。言いにくそうにしながらも、エッチな気分になってしまったと言うとかわいさが増します。彼もときめくこと間違いなしです!

 

4:男性をその気にさせるツボもある?

男性をその気にさせるツボというものもあるようです。例えば、手のひらには生殖器全般につながるツボがあるとか。ハンドマッサージと称してスキンシップしながら、ツボを押すことでその気にさせやすくなるかもしれません。

男性をその気にさせる方法とテクニックを駆使して、好きな人に振り向いてもらったり、彼との夜を楽しんだりしてくださいね。