恋のなやみに効くメディア

化粧品の使用期限は?口紅など化粧品のタイプ別にみる使用期限の目安

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:化粧品に使用期限が記載されていない理由は…

化粧品のパッケージを見て「使用期限が書いていないけれど、まだ使えるかな?」「開封してから数か月経つけれど、まだ大丈夫かしら」などと不安になった経験はありませんか?

実は、パッケージに使用期限が書かれていないのは、日本の法律に理由があります。「医薬品医療機器等法における化粧品の表示」に関する医薬品医療機器等法第61条では、使用期限を書かなければいけない化粧品について、下記のように定められています。

(1)アスコルビン酸、そのエステル若しくはそれらの塩類又は酵素を含有する化粧品

(2)(1)のほか、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品

出典:東京都保険安全研究センター

つまり、特定の成分を含まず、製造後3年以内で変質する化粧品を除けば、使用期限を記す義務がないということ。なので、パッケージに使用期限が書かれていないものが多いのです。

このような背景から、化粧品の寿命は未開封の状態で製造から3年が消費期限とされおり、開封後は、半年から長くて1年くらいだといわれています。

 

2:口紅など化粧品タイプ別!使用期限の目安

未開封の状態の場合、製造から3年までは、各化粧品メーカーが品質を保障していることが多いですが、開封後は早めに使い切るのがベスト。使用期限に関しては半年から1年くらいといわれていますが、それは保管状態などによって左右します。では、どのくらいが捨てるタイミングになるのでしょうか。アイテム別にその目安を見ていきましょう。

(1)口紅とグロス

唇に触れる口紅やグロスなどは、唾液にも触れやすく、ニオイが発生しやすいアイテム。口から体内に入るものでもあるので、ちょっと変なニオイが……と思った時点で、使用を即刻ストップするようにしましょう。また口紅には油分が多く含まれているので、成分が分離してきたり、変色してきたと感じたらときも、使用を控えましょう。

(2)ファンデーション

ファンデーションは塗る面積も広いので、特に注意が必要。中でもリキッドファンデーションは、口紅と同じく油分が多く含まれているので、品質が変わると、中身が分離したように見えます。こうなったら腐敗している可能性があるので、使わないほうが賢明です。またパフは清潔に保っていないと、雑菌が繁殖しやすく、品質劣化を早める恐れもあるので注意しましょう。

(3)化粧水

化粧水は、一般的に開封してから半年程度を目安に使い切るのが安心とされています。成分によっては、これより長く使っても問題ない場合もあるようですが、雑菌などが原因で肌荒れにつながってしまうことも考えられます。その他、質感が変わった、色が変わるなどの変化が見られた場合は、処分するほうが安心です。

(4)乳液

乳液にも油分が多く含まれるので、油が分離してきたように見えたり、変色したように感じたら、使用は控えたほうがいいでしょう。成分によって劣化のスピードは異なりますが、油っぽかったり、ザラザラしてきたりなど、テクスチャーの変化があった場合も注意しましょう。

(5)チーク

パウダータイプのチークであれば、プレストされているものでもルース状のものでも、質感や発色が劣化しない限りは使用できるという説もあるようですが、基本は早めに使い切るのが賢明です。

クリームタイプなど油分が含まれるものは、これも同じく成分が分離したように見える、色が変わっている、変なニオイがするなどの変化が見られる場合は、使わないようにしましょう。

(6)アイシャドウ

パウダー状のアイシャドウは、パウダータイプのチークと同様に、開封してから時間が経っても品質が劣化しにくいアイテムされています。ですが、目の近くに塗るものなので、色や質感の変化には慎重になりましょう。クリームタイプはこれまで見てきた通り、油分が多く含まれるので、より早めに使うことを心がけましょう。

 

3:使用期限が書かれているものは保存料が少ない?使用期限が比較的短めな化粧品ブランド3選

使用期限が書かれている化粧品は、医薬品医療機器等法によるところの「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」であるといえるでしょう。そのため、品質変化に十分に気をつけながら使う必要があります。

また、「無添加」「自然派」とつよく謳っている商品は、保存料が比較的少ないなどの背景から、早く使い切ることを推奨しています。そういったブランドの一部を見ていきましょう。

(1)ジュリーク

自然の恵みを化粧品に生かしているオーストラリアブランド「ジュリーク」は、植物原料を豊富に使っています。そのため、品質が劣化しやすいものも多く、パッケージには、安心して使える目安となる使用期限が書かれています。

また、直射日光の当たる場所や、極端に高温または低温になる場所を避けて保管するように推奨されています。

(2)エトヴォス

防腐剤無添加など、ミネラル処方で作られているコスメが多い「エトヴォス」の製品。ミネラルメイクアップ製品だと「水分を含まないため未開封で3年、開封後1年以内」が基本です。

しかし、化粧下地&パウダーの「エンリッチシルキープライマー」は「開封後6か月以内の使用」がメーカーより推奨されているように、製品によっては1年より短い使用期限が定められているものもあります。

(3)ハーン

世界中で展開しているタイ発の高級自然派化粧品である「ハーン」のコスメには「○○まで使えます」と使用期限が記されています。現在、日本での公式店舗は撤退していますが、公式オンラインショップは、日本からも購入できます。

 

4:一般的な使用期限はあくまで「目安」!見た目が劣化したら期間内でも使用は控える

一般的にいわれている使用期限は、あくまで「目安」です。保存状態や使用の方法などによって、品質の劣化や変質の度合いは異なるため、見た目の変化やニオイなどを目安に、使えるか使えないかを判断したほうが確実でしょう。