恋のなやみに効くメディア

大人なエッチしてますか?大人エッチの特徴と体験エピソード

ミクニ シオリS.Mikuni

©gettyimages

目次

隠す

1:大人なエッチがしてみたい?

自分のエッチがどんなエッチなのかを知ることは、簡単なことではありません。なぜなら、人に見せられるものでも、ハッキリ比べられるものでもないですから。ネットや友人から聞く情報と比べてみてどうなのかな……と、ぼんやり比較するのが精一杯。

また、恋愛経験の浅い人からすると、「すごいエッチ」「大人なエッチ」がどういうものなのかわからないということもあるでしょう。エッチは人によって十人十色。

そこで今回は、もっとエロくて、もっと大人なエッチがどういうものなのか知りたいという人のために、詳しくご紹介します。

 

2:大人なエッチってどういうエッチ?特徴5つ

若いころは、エッチが始まってすぐ本番……であっても、気持ちよくて最高だったけれど……あえて「余韻」や「猶予」をもたせるエッチ、それが大人のエッチなんです。具体的にご紹介していきます。

1)すぐに「まっぱ」にならない

大人のエッチでは、ポイポイ服を脱いですぐ全裸に!なんていうことはしません。着衣の状態、下着、半裸、全裸……そのどれもが違う魅力をもっていて、それをすべて味わいつくすのが大人のエッチです。

まずは服の上から、お互いの気持ちいい部分の存在を感じて。そのあと、徐々に脱いでいく中で、お互いの感度の高まりを感じましょう。そうすることで、挿入のころにはお互い感じやすくなっているはず。待ちわびた挿入こそが気持ちいいのです。

2)人前でも…スリルのあるムラムラを感じる

人前でイチャイチャするのは子どもっぽいと思いますか? 確かに、公共の場であからさまにイチャイチャするのは、ちょっと痛々しいですよね。

ですから、大人は「見えないように」人前でイチャイチャするんです。飲み会の席でそっと、人にバレないように机の下で足を絡ませたり、満員電車でギュッと近寄って、お互いの吐息を感じたり……。「バレそうでバレない」というスリルが、想像力を掻き立てます。家につくころにはムラムラがMAXになっているはず。

3)あえて時間をかけて焦らす

気持ちよくなりたいからって、すぐに挿入して終わるようなエッチは独りよがり。お互いの気持ちを高め合うためには、我慢したり焦らしたりすることも必要です。

気持ちいいところに触れそうで触れない、かすかなタッチにゾクゾクしたり、もう欲しいのになかなか入れてくれない、そんな「じれったさ」がお互いの感度をどんどん上げるはず。

4)たまには高級ラブホで気分もMAX

くつろげる家でのエッチもいいけれど、ロマンチックな場所でのエッチはテンションが上がります。コスパを考えたら断然自宅がいいのですが、ムードのためにお金を遣えたら、立派な大人といえるかも。

「終電を逃したから」など、仕方がなく……という理由ではなく、たまには気分を変えたいから、という緩い理由で行くラブホテルも楽しめます。何もない休日になんとなくラブホに行って、じっくりとエッチに向き合えたら、それは大人のエッチといえるかもしれません。

5)前戯もメインディッシュとして捉える

大人のエッチでは、本番だけでなく、前戯も立派なメインディッシュです。すぐに挿入してしまうこともできるけれど、お互いに触れ合うことをじっくり味うために、前戯もしっかり時間をかけるのです。

脇、足、指……「そんなところまで?」と思うくらいの場所にもどんどんトライしてみちゃいましょう。好きな人に触られるなら、どこだって気持ちいいですよね。

 

3:大人なエッチって最高!体験エピソード5つ

では、実際にオトナなカップルたちは、日々どんなエッチに興奮しているのでしょうか。お互いの相性を高め合えると、自然と愛情も感じやすくなるはずです。

1)性癖を理解してくれるカレのいじわるが最高

「付き合って3年のカレがいます。カレは私のM気質なところをよく理解してくれていて、普段からよくいじめてくれるのですが、この間はなんと、私の家に帰ってきた瞬間、玄関で壁ドンされて、激しくキスされて、そのまま玄関でエッチ……。普段はもちろんベッドだけど、たまにお風呂とか玄関とか、普段しないところでするエッチは興奮します」(24歳・看護師)

2)イク直前に名前をたくさん呼ばれると膣キュン

「カレとはお互いに普段は友達のように付き合っています。一緒にいる時間が長いので、普段は気楽に接していますが、そのぶんエッチのときはたくさん愛情を伝え合います。

長い時間かけた前戯のあとの挿入のとき、カレはたくさん私の名前を呼んでくれるんです。“〇〇ちゃん、〇〇ちゃん、好き、好きだよ”って。名前を連呼されると、まじで幸せな気持ちになります」(27歳・出版社編集)

3)ずっと繋がっていたいからたくさん体位を変える

「美容師で平日休みのカレとは、なかなか時間をとってエッチすることができません。だからこそお互い休みが重なったときは、これでもかというほどエッチします(笑)。なるべく長い間つながっていたくて、”まだ終わりたくない!”っていうと、たくさん体位を変えてくれます。その努力が可愛くて……キュン」(28歳・保育士)

4)オトナな朝エッチは時間が短くてもOK

「先月から彼氏と同棲し始めました。今までは夜のエッチばかりだったけれど、朝のエッチがめっちゃエロいことが判明。お互いに仕事があるけれど、どうしてもムラムラしたときは、平日の朝でもしちゃいます。時間制限がある感じがよくて、すぐにイッちゃうカレがカワイイ」(30歳・ネイリスト)

5)初めての大人なエッチは、ラブホテルで潮吹きさせられて

「最近、初めて”大人なエッチ”を体験したかも……と思っています。ワンナイトラブの相手だったけれど、酔っ払ってホテルに持ち帰られたのに、焦らされまくってムラムラがMAXでした。しかも、生まれて初めて潮吹きさせられてしまって……。誰にでもできることではないハンドテクなど、大人の一歩を踏み出した感じがしました」(20歳・大学生)

 

4:大人のエッチには余裕と思いやりが大事

大人のエッチには、自分が気持ちよくなりたいという感情だけでなく「もっと相手を気持ちよくさせてあげたい」「恥ずかしがらせたい」など、相手を思った感情が大事です。

自分だけが気持ちよければいいと、すぐに終わっちゃううちはお子サマです。大人なエッチがしたいなら、相手をどうしたら気持ちよくさせることができるかを、お互いに考えたり確かめ合ってみてくださいね。