恋のなやみに効くメディア

逆立ちのやり方は?ダイエット効果など逆立ち健康法のメリット全部

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:逆立ちできる?

ズバリ「逆立ちができますか?」と質問されたら、なんと答えますか? 子供のころにはできていても、「そういえば、大人になってからはやる機会がなくなった」と思う人も多いかもしれません。

実際筆者が、20〜40代の男女10名に「逆立ちできる?」と聞いたところ、自信満々に「できる」と回答したのは、わずか2名。そのほかの人は「壁のサポートがあれば」「誰かが支えてくれれば」などの条件付きで「できる」と回答しました。

 

2:ダイエットや筋トレ、健康に良いの?逆立ちで得られる効果5つ

まずは、逆立ちで得られるとされているメリットを5つご紹介します。

(1)血行改善

逆立ちをすると、いつもとは逆の方向に重力がかかるため、普段はあまり流れにくい部分にも血が巡るため、血行が改善されるメリットが期待できます。

(2)筋力アップ

逆立ちをすることにより、普段は使わない部分の筋肉を動かしたり使ったりすることで、筋力アップのトレーニング効果が見込めるでしょう。これによって、ダイエット効果も見込めます。

(3)内蔵の位置調整

ヨガなどでは、逆立ちは、普段と異なる向きに重力がかかるため、姿勢のクセなどによって位置が変わっていた内臓の位置を整える働きもあると言われています。

(4)肩こり解消

逆立ちをすることにより、肩まわりの筋肉を効率的に使うため、肩こりを解消する働きも期待できるでしょう。

(5)瞑想効果

ヨガの世界では、逆立ちには、瞑想効果があると言われています。いつもと異なる重力をかけながら精神を集中することにより、頭がクリアに……。そんなメリットを感じる人も多いでしょう。

 

3:できない人ができるようになるコツも!逆立ちのやり方5つ

続いては逆立ちのコツをご紹介します。ただし、普段運動をしていない人がいきなり逆立ちをするとなると、首や腕を痛める可能性もあります。また、周囲に障害物がないか確認した上で、平坦な床と壁があるところで行うようにしてくださいね。

(1)力まない

逆立ちができない人は、不要な「力み」があるせいで、体が思うように動かなくなっている場合も少なくありません。特に力みがちなのは、肩まわりとお腹、そして足。力を入れすぎないようにすることも大切です。

(2)最初から完全形を目指さないでOK

美しい逆立ちをしたいからといって、最初から、完成形を求める必要はありません。いつもと違う重力がかかるだけでも、逆立ちのメリットは十分に期待できます。最初は完成形を目指すよりも、普段と異なる筋力を使っていることに注目しましょう。

(3)他人のサポートを借りる

逆立ちができない場合には、他人のサポートを借りて、逆立ちをするようにしましょう。最初は補助付きでも、慣れてくれば、サポートがなくても、できるようになるでしょう。焦りは禁物ですよ。

(4)短時間からスタート

逆立ちは、長くやったからといって、そのぶん大きなメリットを得られるわけではありません。最初は短い時間からスタートすると、無理なく続けやすいでしょう。

(5)頭を床にあずけた「逆立ち」もある

いきなり逆立ちをするのはどうしてもこわい!という人は、頭を床につけたまま行う逆立ちからスタートしましょう。この動きだけでも、ふだんとは異なる重力がかかります。

 

4:逆立ちを使うヨガのポーズ3選

逆立ちを使うヨガのポーズはたくさんあります。その中から、おすすめのものを3つ紹介します。

(1)肩立ちのポーズ

仰向けの状態から、腹筋を使って肩の付け根で床を捉えて“半逆立ち”のようになるポーズ。逆立ちと同様に、内臓などを刺激することができ、背中の歪みにもアプローチできる動きです。

(2)鋤(すき)のポーズ

比較的難易度の低い逆転のポーズで、主に上半身を逆立ちさせるような動きをします。仰向けの状態で両足を天井に向けて持ち上げたら、そのまま頭の奥に足先がつくようにゆっくりとおろしていきます。

背骨を中心とした背中が伸び、ふだんと異なる重力がかかるので、肩こり解消などにも役立ちます。

(3)クジャクの羽のポーズ

手のひらと腕だけで全身を立てるポーズで、ヨガの「逆立ちのポーズ」と聞くと、これを頭に浮かべる人も多いでしょう。難易度が高く、体幹がないとバランスが取りにくいポーズとしても知られています。

 

5:逆立ちって英語でなんて言う?

逆立ちを英語で言うならば「Handstand」が一般的です。文字どおり「手(hand)で立つ(stand)」ことなので、覚えやすい表現なのではないでしょうか。

 

6:「逆立ち」にはメリットがたくさんある!

逆立ちには、美容や健康面でのメリットが多いと言われていて、たびたび注目を集めています。子供のころには簡単にできていた人でも、大人になってからは「そういえば、逆立ちなんて、ここ何年もやってない!」という人も多いのではないでしょうか。

自宅にいながら道具も不要でできる健康法として取り入れることもできます。「そろそろ健康のために何か始めたい」と考えている人にとっても、逆立ちエクササイズはおすすめです。