恋のなやみに効くメディア

角栓パックで角栓を除去したい!毛穴の角栓除去パックと角栓除去の注意点

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:鼻の角栓ケアどうしてる?

「鼻の角栓」は、一度気になりだすと、お手入れしないと落ち着かないもの。けれど「どうやってケアすればいいのかわからない!」と思っている人もいるでしょう。

筆者周辺の20〜50代の女性10名に「鼻の角栓ケアをどうしていますか?」と質問をしてみたところ、「何もしていない」が4名、「何かしたいけれど、正しい(またはお肌にいい)やり方がわからない」が2名、「角栓専用のパックを使っている」が4名でした。

2:ニベアも使える!毛穴の角栓除去法3つ

そこで、毛穴の角栓を除去する方法を、「一般社団法人 時短美容協会」代表理事の筆者がご紹介します。

(1)毛穴のディープクレンジング用のデバイス

毛穴のディープクレンジングを謳っている“毛穴吸引器”などの美顔器や洗顔ブラシを使ってクレンジングをすると、普通に洗顔するのに比べ、毛穴の角栓が落としやすくなるでしょう。毛穴の角栓は、無理に取ろうとすると肌を傷めてしまう場合も多いため、専用デバイスを使ってのケアなら安心です。

(2)ニベア鼻パック

大ブームを巻き起こした「ニベア鼻パック」も、毛穴の角栓ケアの方法として人気があります。入浴中、または蒸しタオルなどで毛穴を開かせたあとに塗るだけの簡単なケアですが、含まれる油分によって、角栓がオフしやすくなるメリットが期待できます。

(3)毛穴専用サロンでの施術

自分でケアをすると、肌を傷めてしまいそうで不安な人もいるでしょう。ならば、毛穴ケア専門サロンでお手入れをしてもらうのも方法です。プロの手や専用マシンによる施術により、頑固な角栓も、するりとオフできる快感にやみつきになってしまうかもしれません。

3:おすすめ角栓除去アイテム5選

続いては、おすすめの毛穴除去アイテムをご紹介します。

(1)ニベア

この投稿をInstagramで見る

 

NIVEA USA(@niveausa)がシェアした投稿

先ほど「ニベア毛穴パック」として紹介した方法で使用する「ニベア」は、プチプラながらも高い保湿力のある化粧品としてロングセラー製品。毛穴ケアだけでなく、デイリーの保湿ケアにも使えるので、コスパ重視で毛穴のお手入れをしたい人には最適な製品でもあるでしょう。

(2)エリザベス化粧品 ポアトル 角栓クリアブラシ

毛穴のケア専用に作られているブラシで、手による洗顔では落ちにくい角栓も、細かな毛のブラシによってオフできるアイテム。角栓を押し出すプッシャーも付いているので、これひとつで、セルフ角栓ケアのランクアップがかないます。

(3)ビオレ 毛穴すっきりパック

鼻に塗って所定時間を置いてから、ペリッと剥がすとシートに角栓がごっそり取れます。小鼻の黒ずみが気になるときに使うと、1回の使用ですっきりツルツルの肌になる!という口コミも多い定番アイテム。

(4)FOREO LUNA 3(フォレオ ルナ3)

この投稿をInstagramで見る

 

FOREO(@foreo)がシェアした投稿


やわらかなシリコーン製のタッチポイントに、16段階で強弱を調整できるディープクレンジングが可能な洗顔ブラシ。手による洗顔では落とせない毛穴の奥の汚れをやさしくオフできる製品です。スマホアプリと連動して操作できる利便性もポイント。

(5)KOIZUMI (コイズミ)超音波ピーリング

超音波を使った、毛穴ケアができる製品。毛穴の角栓、皮脂汚れをすっきり洗浄する超音波ピーリングが自宅で手軽にできます。超音波の振動によって角栓を浮かせるため、無理にかき出さなくとも、自然に角栓オフができるでしょう。

3:角栓除去の注意点3つ

(1)毎日はやらない

ニョロリとした大きな角栓が取れたときには快感を覚える人も多いでしょう。その感覚にやみつきになって、ついつい毎日お手入れしたくなる人も少なくないかもしれません。しかし角栓ケアはお肌に負担がかかる行為なので、不必要に肌を傷つけないよう、多くとも週に1〜2回にとどめるのが安心です。

(2)角栓を無理にかきださない

見えているのになかなか取れない角栓があると、つい無理にでも取ってしまいたくなるのも人情でしょう。けれど、無理矢理に角栓を取ってしまうと、そこだけ穴のようになってしまったり、毛穴やその周辺の肌を傷つけてしまったらする可能性も。

(3)お手入れ後は保湿ケアもする

角栓オフのお手入れ後には、毛穴がパカッと開いた状態。また、刺激によって乾燥しやすくなっている場合も。ですので、丁寧にやさしく保湿ケアをし、お肌をいたわってあげましょう。

4:「オロナインH軟膏」のパックはどうなの?

ニベアパックと同様な方法で「オロナインH軟膏」を使う人もいます。

しかしオロナインH軟膏は第2類医薬品で、化粧下地としての使用や湿疹のある部分、虫刺されへの塗布は避けるよう記載されています。美容目的で使用するのは推奨されていません。

角栓パックや角栓除去で毛穴ケアをするときはこの記事の内容を参考に、自分に合った方法を選択してみてくださいね。