恋のなやみに効くメディア

妻がすきすぎる夫たち!好きすぎるあまりに起こった愛妻家たちの事件簿

コマツ マヨM.komatsu

目次

隠す

1:妻が好きなのはおかしい?

日本では、パートナーに対して、何かしらの不満を抱えている人が多い印象がありますよね。妻や夫のことを好きすぎることを人に言うのは、なんとなく憚られると思う人も。

でも「愛妻家」という言葉があるように、妻を好きなことは何もおかしくありません。みんなはじめは、いつまでもそうでありたいと願って結婚したはずなのですから……。

 

2:どうしてそこまで愛せるの?妻が好きすぎる夫の特徴5つ

(1)マメな性格

妻のことが好きすぎる夫というのは、毎日こまめに連絡をくれたり、誕生日や記念日を覚えていてメッセージや贈り物をしてくれたりなど、なにかとマメな性格の人が多いものです。妻を好きすぎるあまり、喜ばせたいからついついマメにいろいろしたくなるのでしょう。

(2)妻の手料理が大好き

妻が自分のために作ってくれた料理が大好き。食事のたびに「これがおいしいね」「キミの作ったこれが大好きだよ」といったふうにコメントをくれることも。妻が料理上手で、そこに最も惚れている……ということも考えられそうですね。

(3)ボディタッチが多い

妻が好きな人は、とにかく妻に触れていたいと思うもの。好きな人には触れていたいと思うものですし、好きな人に触れていると安心しますよね。結婚して毎日一緒にいることが当たり前になると、ついそういった気持ちを忘れがちですが、妻を好きな夫というのは、いつもこのような気持ちを持ち続けているのです。

4)必ず一緒に寝たがる

1日の終わり、最もリラックスできる瞬間には、大好きな妻に必ずそばにいてほしい……そんな思いから、妻を好きすぎる夫は、夜寝るときは必ず一緒に寝ることを望むよう。なんなら、朝までくっついて寝ていたいという夫も少なくありません。キスやセックスなど体のコミュニケーションはもちろんですが、ふたり一緒に眠ることもまた、最高のコミュニケーションのようですね。

5)気持ちをストレートに表現できる

日本人男性はシャイな人が多いですが、妻のことを好きすぎる夫というのは、好きな気持ちをストレートに表現します。普段から「かわいいよ」「きれいだね」など、思ったことを口に出している、妻が好きすぎる夫たちは、褒め上手とも言えるかもしれません。赤面してしまうような言葉も素直に言えるのは、好きな気持ちがなせる技。

 

3:妻が好きすぎて……妻たちが驚いた夫の仰天行動5

愛妻家たちは、妻のことが好きなあまりに驚きの行動をとることも……。そこで超・愛妻家の夫を持つ妻に聞いた、驚きのエピソードを5つご紹介します。

1)出張当日、予定をすべてキャンセル

「夫が出張の日、私が体調が悪くて仕事を休むことになったのですが、看病するほどの病気でもなかったのに、夫が休むと言い出しました。23日の出張だったのですが、すべて予定をキャンセルして、本当に休んでしまいました。ある程度自由にスケジュールを組める仕事だからいいものの、出張を当日キャンセルしちゃうなんて、社会人としてどうなの……(笑)」(36歳/保険保険事務)

2)夜中、暗闇の中ずっと見つめていた

「深夜ふと目を覚ますと、隣に寝ていた夫が暗闇の中、黙って座って私を見つめていました。時間も時間だし、電気もつけていないので何かあったのかと、本当にびっくりしました。理由を聞いてみると、ただ私の寝顔を見つめていたかったのだとか。“いつまで見ているつもりだったの?”って聞いたら、“いつまでも”というので、さすがに困りました」(23歳/専業主婦)

3)男の子を産むことが不安だと言う

「結婚して3年なのでそろそろ子供のことを考えようと言う話になっていますが、しきりに私が男の子を産むことが怖いと言います。理由は、私が自分よりも息子のことを好きになるのが怖いからだそう。インスタなどで子供を産んだ同級生が、“夫より大切”とか“小さな彼氏”とか言っているのを見て、不安になったんだそうです」(33歳/歯科受付)

4)新入社員が入る時期になると旦那がウザイ

「会社で新入社員の研修を担当することが多いのですが、毎年新入社員が入ってくる時期になると、“いい男が入ってきて、そっちを好きにならないか心配”と言ってきます。しばらくは、仕事中にLINEしてきたり、帰りが遅いとしつこく連絡してきたりして、ウザくなります。気持ちはわからなくもないけれど、毎回本当にウザい(笑)」(30歳/製造業)

5)喧嘩した日、朝まで泣いていた

「私たち夫婦はほとんど喧嘩をすることはなく、結婚前も喧嘩をしたことはなかったのですが、一度すごく大きな喧嘩をして、私が彼に対して怒ったときがありました。夜遅くに喧嘩をしたのですが、彼は眠れず朝まで泣いていたそうです。理由を聞くと、“嫌われたかもしれないと思ったから”。些細なことで朝まで泣くなんて、しかも人前で泣くような人じゃなかったので、ちょっと引いちゃいました」(25歳/保育士)

 

4:好きすぎるのも考えもの…妻が好きすぎる夫への不満3

愛されることはいいことですが、愛されすぎる故に少し不満を持つ妻もいるようです。

1)行動をいちいち聞いてくる

「夫と別行動をしようとすると、どこへ行くのか、何をするのかなどすごく細かく聞いてきます。あと、友達と遊ぶときは誰と遊ぶか、本当にその友達と遊ぶのかを、何度も何度も確認されるのが面倒くさい……。遊びに行くなとは言わないので束縛がすごいわけではないですし、出かけるなと言うこともありませんが、とにかく私の行動を把握しておきたいようです」(37歳/医療関係)

2)毎日求めてくる

「正直ちょっと勘弁してほしいと思うくらい、毎日求めてきます。私と出会うまで、それほど性欲が強くないほうだったと言っていますが(本当はどうだかわからないけれど)、私と出会ってから、毎日でもしたいと思うそうです。女として嬉しいことではありますが、私は数日おきくらいが本当は理想ですね……」(23歳/ネイリスト)

3)友達の前でもイチャイチャしようとする

「彼の友人の前はともかく、私の友人の前でもイチャイチャしたり、私のことを褒めるんです。悪いことじゃないし嬉しいんですが、やっぱり友人はちょっと変な感じに思うようで困ります。きっと“あの子の旦那ちょっと異常じゃない?”とか思われてるんだろうなぁ……」(49歳/医療関係)

 

5:妻を好きすぎる夫は最高!

多少の面倒くささはあるものの、やっぱり深く愛されているっていいものです! 夫からのめいっぱいの愛情を受けて、いつまでも幸せな奥さんでいたいですよね。