恋のなやみに効くメディア

彼氏にアルバムをプレゼントするなら…仕掛けやデコレーションなどアイデア10選

東城 ゆず。Y.Tojo

目次

隠す

1:彼氏にフォトアルバムをプレゼントするのは重い?

彼氏のために「フォトアルバムを作りたい」と考える女性も多いでしょう。しかし、男性はどう思っているのでしょうか。「重い女と思われたくない」と不安に思う女性も多いようです。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の男性142名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「記念日に恋人からフォトアルバムをプレゼントされたら、重いと感じますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

重いと思う・・・39人(27.5%)

重いとは思わない・・・103人(72.5%)

男性のほとんどが、彼女からもらったフォトアルバムに好感を持っていることがわかりました。彼女が自分のために作ってくれたフォトアルバムに、照れてしまうことがあっても、重いと思う人は少ないという結果として見ていいでしょう。

増えていくアルバムの数に、何年経っても「こんなことがあったね」と、ふたりで微笑み合うのもロマンチックですよね。

 

2:誕生日や記念日に…彼氏にプレゼントするフォトアルバムのアイデア10個

そんなフォトアルバムを記念日や彼の誕生日にプレゼントするなら、自分らしさをどこかに忍ばせたいもの

装飾したり、写真を見やすくしたり、統一感のあるものにしたりするものなど、10個のアイデアを紹介します。

(1)アプリで写真を加工する

昔に比べると、クオリティの高い写真をスマホで撮ることも可能になった現代。その写真をさらに加工してからプリントアウトするのがおすすめです。

加工アプリを使えば、フィルター加工や色味の調整によって、簡単に写真の雰囲気を変えることができます。今では背景の人を消すことができるアプリもあるので、ふたりだけの写真にしてしまうことも可能です。また、明るさも修正できるので、「せっかくいい写真なのに画像が暗い」といったときも、簡単に問題解決できるでしょう。

(2)マスキングテープで縁取る

プリントアウトした写真をマスキングテープで縁取って、額縁風にするのもおすすめ。マスキングテープは貼り直しができるので、フォトアルバム初心者にも挑戦しやすいでしょう。

100円ショップには豊富なマスキングテープが置いてありますので、自分好みのマスキングテープが見つかるはず。縁取り方も四隅や上下だけなど、いろんな貼り方を楽しむことができますよ。

(3)糊を使わないアルバム台紙を利用する

「無印良品」や、最近では100円ショップでも見かけるようになった、接着つきアルバム台紙もおすすめです。写真に糊をつけるのは、意外と手間……。アルバム台紙に接着剤がついているタイプなら、直感的にペタペタと写真を貼ることができます。接着面においた写真をおさえるためのフィルムもついているので、写真が色あせるのを防ぐことができるのもメリットです。

(4)付箋などを使う

空いたスペースをいかにかわいくするかが、フォトアルバム作りのポイントになります。付箋などを使って、写真にまつわるエピソードや、日付を書き込んでみるのもおすすめです。カラーボールペンや色鉛筆などを利用しやすいのもメリット。

(5)リボンを貼り付ける

リボンをアルバム台紙に貼り付けるのもひとつのアイディア。布地ならではのやわらかさがフォトアルバムにかわいらしさを加えてくれます。

リボンを貼り付けるときは、少量の木工用ボンドを使うと便利。少し乾きかけのところで貼り付けると接着しやすいです。手芸用品店には、ラメが入ったもの、レース地のもの、などさまざまなリボンが豊富にそろっています。

(6)イラストを書く

フォトアルバムには、手書きのイラストも手作り感が出ておすすめ。「上手に描けるか心配」という人は、ネットでお手本となるイラストを真似てみるのもいいですね。海で撮った写真なら、太陽やヤシの木のイラストを描いてみるなど、写真にまつわるイラストだと、統一感が出ます。どうしてもイラストが苦手な人は、イラストをプリントアウトして切り貼りしてもいいでしょう。

(7)シールを利用する

イラストが苦手な人は、アルバムの装飾にシールを利用するのも手段のひとつ。フォトプリントを取り扱う店舗では、コラージュ用のシールが置いてあることも。便箋のようになっていたり、縁取りができるシールが豊富にあります。

「字が汚いから恥ずかしい」という人には、文字シールを使ってみてもいいでしょう。これも100円ショップで手に入ります。

(8)行った先のチケット等を貼り付ける

写真と文章だけでは、単調でつまらないフォトアルバムになってしまいがち。彼氏と出かけた先の……例えば動物園のチケットや映画、美術館のチケットを保管しておくと、フォトアルバムを作るときに役立ちます。

チケットも一緒に綴じ込むことで、その日の思い出をリアルに再現することができるはず。また、ピクニック行った公園の落ち葉などをコラージュしてもすてき。写真以外でデザインの変化も加えると、ひと味違ったフォトアルバムになるはずです。

(9)写真の並べ方にこだわる

横1列に並べたり、斜めにしてみたりと、写真を並べるパターンにもこだわりましょう。ページごとに並び方を変えてみたりすると、アルバム全体の統一感が出つつ、写真の見やすさにもつながあるでしょう。

(10)テーマや色に統一感を持たせる

フォトアルバムを作るときは、ページごとのテーマを決めるとコラージュしやすくなります。例えば、冬に撮った写真なら、寒色系のペンを使ったり、雪だるまを書いたりすると、冬のふたりの写真を際立たせることができます。テーマや色にこだわることで、台紙ごとに違ったイメージを持たせることができるの、めくるのが楽しくなるアルバムが完成しますよ。

 

3:記念日のフォトアルバムが簡単に作れるアプリ3選

(1)TOLOT(トロット)

配送料(メール便)を込みで500円でフォトアルバムがつくれるサービス、「TOLOT」。サイズ展開がふたつあるのも、うれしいポイントです。文庫本サイズは64ページ(写真62枚)と大容量なので「とにかくたくさんの写真を1冊におさめたい」という人でも満足できるアルバムになるでしょう。

中は写真をコラージュしたりテンプレートに当てはめることはできないですが、表紙には豊富なテンプレートが利用できます。

(2)Mags Inc.(マグズインク)

200種以上のテンプレートがそろう「Mags Inc.(マグズインク)」なら、「センスに自信がない」という人でも簡単にフォトアルバムを作成することができます。雑誌風にコラージュされたテンプレートを使えば、まるで編集者になった気分。写真の配置や文字フォトンともこだわることができるので、おしゃれなフォトアルバムを求めている人には特におすすめ。

(3)nohana(ノハナ)

スマホで専用のアプリをダウンロードする「nohana」というサービスは、通常版フォトブックを、送料275円だけで毎月1冊で届けてくれるというもの。アルバムは全部で28ページ(写真のページは20ページ)で、シンプルながらもちゃんとしたフォトアルバムを格安で製作することができます。

各ページには、写真1枚とひと言メッセージや日付を入れることもできます。最終ページに、タイトルや作成日、製造番号に加えて、アルバム作りにまつわるエピソードを編集後記として入れられるところも、本格的でうれしいポイント。

 

4:彼氏とのフォトアルバム作りを楽しんで!

スマホに入ったふたりの写真。SNSで共有するのも今どきのカップルかもしれません。しかし、かわいくコラージュされたアルバムをふたりで眺めるのも、アナログな感覚が新鮮で、きっと楽しい時間になるでしょう。

増えていくアルバムに、ふたりの絆の強さを再確認できるかもしれませんよ。