恋のなやみに効くメディア

ちょいSとは?ちょいSな女性の特徴とモテる理由7つ

番長みるくM.Bancho

©gettyimages

目次

隠す

1:ちょいSとは?

合コンなどの飲み会の席で好印象を与えやすいのは、癒し系の女性だけではありません。会話にスパイスを効かせてくる「ちょいS」な女性に、男性はトリコになってしまうもの。

ちょいSな女性は、ドSな女王さまタイプの女性や、自称Sキャラの女性とは性質が異なります。

なぜちょいSな女性に惹かれる男性が増えているのでしょうか。今回は、その秘密に迫ります。

 

2:ちょいSな女性の特徴7つ

ちょいSな女性には、どんな特徴があるのでしょうか?

(1)本音で語ってくれる

ちょいSな女性はどんなシーンでも裏表がなく、本音で語ってくれます。周りの空気を読んでその場限りの発言をすれば、確かにその場は和むかもしれません。しかし本音ではどう考えているのかわからず、信頼できませんよね。

一方、いつも本音でズバズバと語ってくれるちょいSな女性は、考えていることがわかりやすく、深刻な相談もしやすいです。本音を隠さずに嫌味なく発言してくれることで、周りに安心感が与えるのです。

(2)積極的に長所を見つけられる

積極的に相手の長所を見つけ、相手のいい部分を引き出そうとするのもちょいSな女性の特徴です。これはちょいS女性の、「やや上から目線」が効果的に働いているため。

例えば男性が落ち込んでいても、「大丈夫だよ、いつも頑張っててるじゃん」と力強く励ますことができるのです。短い言葉でも相手の長所を引き出しながら褒めてくれるので、一緒にいると前向きな気持ちになれます。

(3)自立している

男性に頼りがいや男らしさをあまり求めないちょいS女子。なんでもできるだけ自分でやりたいと思っています。精神的にも経済的にも自立していて、誰かに依存するようなこともしません。「男性は男らしく女性をリードするもの」と思う女性が多い一方で、ちょいSな女性と一緒にいると男性としての役割を求められず、一緒にいて気が楽というのはあるでしょう。

(4)礼儀と挨拶は完璧

ちょいSな女性は礼儀や挨拶を大切にしていて、喧嘩や口論になっているときでも気分次第で無視するようなことはしません。「ありがとうございます」や「ごめんなさい」が上手に使えると、それだけで好印象を与えますよね。

親しき仲にも礼儀ありという意識も強く、ほどよく他人との距離感を取っています。社会人の常識として求められていることもしっかり満たしているため、ちょいSな部分があっても他人から一目置かれ、他人から愛されています。

(5)フレンドリーに接してくる

「ちょいS」というのは誰かを攻撃するようなSなのではなく、頼りがいのあるお姉さまのような存在なのです。相手に変に気を遣わせるような空気感を作ったり、気疲れするような人間関係を構築したりしません。

(6)上手に男性をリードできる

男性のM心を上手に刺激して、さりげなくリードしてくれる「ちょいS」女子。

合コンやデートなど、出会いや恋愛のシーンでは男性が主導権を握って、その場の空気や流れを進行させなければならないような雰囲気になりがちです。でも、男性に全部おまかせするつもりで言った「なんでもいいよ」という発言は、ときとして男性を困らせます。

ちょいS女子は、デートの内容や食事のメニューなど、小さな決断を迫られるシーンで男性のリード任せにするのではなく、「AとBなら、どっちがいい?」など選択肢を狭めてあげられるのです。

(7)ムードメーカー

ちょいSな女性は、相手を傷つけるようなネガティブな発言をせずに、上手に周りの人たちをいじったり、突っ込んだりして盛り上げます。例えば、知り合って間もないのに呼び捨てをしたり、独特なニックネームで呼んだりするスキルも持ち合わせていて、仲良くなるのも早いです。

 

3:ちょいSな女性がモテる理由3つ

なぜちょいSな女性は、男性から好まるのでしょうか。ちょいSな女性好きな男性の本音を聞いてみました。

(1)わかりやすくて付き合いやすい

「結婚適齢期に突入した男っていうのは、本音でぶつかってきてくれる女性のほうが、居心地がいいんですよね。本音で接してくれるから、自分も本音で向き合える。あと思ってることが表情に出やすいので、一緒にいて楽しいです」(Yさん・27歳男性)

(2)俺だけに女の部分を見せてくれる

「ちょいSな女性って、みんながいるときには強気な態度でいるけれど、ふたりになると女の部分が見えてかわいいんですよね。本当に心を許した人しか女の素の部分を見せないというのは、男にとってはたまりません。俺しか知らない顔があると思うと、もっと大切にしたくなります」(Cさん・25歳男性)

(3)ギャップが際立つ

「ハッキリ物申す!っていう態度で、たまに毒舌なちょいSな同僚がいるんですけど、仕事もできて一目置かれています。でもこの前、仕事でミスをして給湯室で声も出さずにこっそり泣いているのを見ました。弱い部分もあるんだって知って、それ以来気になって仕方がないんです」(Fさん・31歳男性)

 

4:ちょいSに振り回されたい男性が多い!

ちょいSな女性の発言に振り回されたい男性も少なくないのが現代の恋愛事情。

しかし「ちょい」の部分がとても重要で、S要素が強すぎると、周りに怖がられて人が寄り付かなくなってしまう可能性もあります。

さじ加減に注意して、ちょっとだけSの要素を出してみましょう。