恋のなやみに効くメディア

結婚式の髪型…セミロングならどうアレンジする?結婚式の髪型とマナー

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:結婚式に合うセミロングの髪型…お呼ばれヘアスタイルが知りたい

結婚式に呼ばれたら、おざなりにできないのがヘアスタイル。せっかくキレイなドレスをしてメイクをしても、ヘアスタイルがキマっていないと残念な印象になってしまいますよね。

セミロングの場合、ロングほど長さがないのでヘアアレンジがしにくい……と思っている人も多いはず。おすすめのスタイルとアレンジを見ていきましょう。

 

2:結婚式でしちゃいけない髪型は?知っておくべき結婚式の髪型マナー5つ

まずは、結婚式に出席する側のマナーとして、NGとされる髪型を知っておきましょう。

(1)セットしないのはNG

髪をあまりセットせずに、普段と変わらない状態で結婚式に参加するのはマナー違反です。多少であっても、きちんとセットしました、という雰囲気を作ったほうが、フォーマルな場にも、また着用する服にも似合います。

(2)プリンカラー

髪の毛を染めているのに生え際だけ地毛の色が出ている、いわゆるプリンカラーはだらしがない印象になるので気をつけましょう。結婚式の前にリタッチするか、当日だけでも毛染めのスプレーなどを使って、目立たないようにさせましょう。

(3)花嫁より派手な髪型

結婚式は新郎新婦が主役です。ゲストが主役より派手なヘアスタイルをしてしまうのはマナー違反。控え目だけれどきちんとセットされているヘアスタイルが正解です。

(4)できれば避けたいアクセサリー

アクセサリーのつけすぎもNGですが、さらにいうと、できれば避けたほうがいいアクセサリーがあります。

まずはお花。「花嫁」というくらい、お花は新婦のモチーフともいえるものですし、ブーケとも被ります。そのため、大きな花をつけるのは避けたほうがよいとされています。また、ファーの小物は「殺生」を連想させるため縁起がよくないといわれています。これも避けるべきでしょう。

(5)ダウンスタイル

肩より長い髪型の場合、そのまま何もしないダウンスタイルはNGとされています。挨拶などでお辞儀をするときにバサッと髪の毛が落ちると不潔感が出てしまいますし、食事のときに、髪の毛をかきあげるのも見た目がよくありません。

 

3:ショート・ボブ・セミロングを大人っぽく!簡単で大人っぽい結婚式用の髪型5選

(1)シンプルアクセ使い

この投稿をInstagramで見る

 

ル・ジャルダン海老名 リクルート(@ljd.ebina)がシェアした投稿

短めのセミロングであっても、アップヘアは可能です。画像はサイドを三つ編みをしつつまとめ上げたオーソドックスなアップヘア。パールのアクセサリーは上品でフォーマルな場所によく合うので、結婚式のお呼ばれにもぴったりです。

(2)アクセなしでも華やかなお団子

この投稿をInstagramで見る

 

susakatuya(@susakatuya)がシェアした投稿

後ろでお団子風にしたお呼ばれアップヘアスタイルも簡単ですてき。トップなどをやや崩して柔らかさを出すのがポイント。また、サイドを長めに残しているのがかわいさを生む秘訣です。

(3)リボンでかわいいさをプラス

この投稿をInstagramで見る

 

フェアリーテール(@f.t_fairytail)がシェアした投稿

緩い編み込みでハーフアップにした髪型に、リボンをプラスしたお呼ばれヘアスタイルもおすすめ。トップやサイドではなく、後ろにリボンを付けることで、正面から見たときには控えめな印象に。集合写真を撮るときでも、花嫁の華やかさを邪魔しません。

(4)お呼ばれポニーテール

この投稿をInstagramで見る

 

sora(@sorahairdesign_kamatori)がシェアした投稿

大人っぽいポニーテールも、立派なお呼ばれヘアスタイルになります。低い位置で結べば、お辞儀をするときにもバサッと落ちませんし、食事中でも髪の毛を気にしなくて大丈夫。サイドから捻って結び目に巻き付けるのがポイントですね。

(5)ダウンスタイルはハーフアップで

この投稿をInstagramで見る

 

『銀座美容室ヘアアレンジ』永田邦彦 #ヘアアレンジ(@nagata_kunihiko)がシェアした投稿

ダウンスタイルにしたいときは、サイドの毛はまとめてハーフアップにしましょう。低い位置で束ねることで上品に仕上がります。

 

4:編み込みやハーフアップで簡単アレンジ!自分でできる結婚式用ヘアスタイルアレンジ5選

(1)三つ編みアレンジ

この投稿をInstagramで見る

 

honami_hair(@honami_hair1)がシェアした投稿

両サイドと真ん中の3つにわけて編み込んでいき、最後にその3つを束ねて三つ編みにするだけ。トップと顔まわりは少し残して巻くことで、ふわっと感を出ます。また、飾りのついたヘアゴムを使ったり、編み込みの間にパールを散らすなどのアレンジをしてもかわいいいでしょう。

(2)ねじるだけでお呼ばれヘア

この投稿をInstagramで見る

 

ヘアスタイル・アレンジ | MORE REJOB HAIR(@morerejob_hair)がシェアした投稿

サイドの毛を残してねじり、反対側にアメピンなどで留めたら、逆サイドの毛も同様にねじって留めるだけ。セルフで簡単にできるので、美容院でセットしてもらう時間がない日にもおすすめです。

(3)ガーリーなまとめ髪

この投稿をInstagramで見る

 

chii hair♡(@chichan01117)がシェアした投稿

巻く必要もなく、とっても簡単なヘアアレンジ。髪をひとつに束ね、くるりんぱしたところに、つくった三つ編みを入れ込んでピンで留めるだけ。ミディアムくらいの長さの人もラクラクできちゃいます。

(4)ざっくりまとめるアップスタイル

この投稿をInstagramで見る

 

野心家美容師HIRO Amoute代表(@hairstylisthiro)がシェアした投稿

寝癖のままでもオーケーなアレンジをひとつ。巻かずにまとめるざっくりお呼ばれヘアアレンジです。まずはくるりんぱをして、サイドの毛束を中に入れ込みます。これを2回繰り返したら、残った毛先を三つ編みにして丸めて留めるだけ。

結んだゴムが見えてしまいそうなら、バレッタなどのヘアアクセサリーを重ねてしいましょう。丸めた三つ編みがうまく固定できなかったら、ヘアクリップを使えばしっかり留まります。

(5)マスターしたい髪のほぐし方

この投稿をInstagramで見る

 

KALOS-カロス-コスメ/ヘア/ファッション動画(@kalos.tv)がシェアした投稿

ヘアアレンジでは必ずといっていいほど出てくる、ハーフアップやくるりんぱでの「ほぐす」という小ワザ。簡単に書かれているけれど、実際にやってみると、ただ髪が乱れた、疲れた印象になってしまうことも……。

うまくいかない人は、結び目の下の髪を両サイドのみ束でつまんでとって両横にひっぱってみましょう。それだけで、ラフな「ほぐし」が生まれます。

 

5:ぽっちゃりさんが似合う結婚式のヘアスタイル3選

(1)後れ毛で小顔効果

この投稿をInstagramで見る

 

hair salon a-to ヘアアレンジ(@hairsalon.a_to)がシェアした投稿

顔まわりやうなじに後れ毛があるだけで、顔の輪郭をごまかしてカバーすることができます。また、後れ毛はぽっちゃりさんのかわいらしさを引き立たせてもくれる効果も。顔の周りだけでなく、首筋やうなじにも後れ毛を残すことで、首が長い印象も与えてくれます。

(2)華やかなポニーテール

この投稿をInstagramで見る

 

Drops 天文館 美容室 鹿児島(@drops_kagoshima)がシェアした投稿

ぽっちゃりさんの場合、縦のラインを作ってあげることが大切です。髪の毛をしっかり巻いて、編み込みを入れたローポニーにすれば、縦のラインが完成! 正面から見たときに、顔周りがすっきり見えます。

(3)ちょっぴり派手めで視線を上に

この投稿をInstagramで見る

 

Hair salon LaFace / ラフェイス(@laface77)がシェアした投稿

高さのあるお団子も、正解アレンジのひとつ。視線を上に向けさせることで、首から下の体型に目がいかないようにするという手法です。リボンなど、ポイントとなるちょっぴり目立つヘアアクセを使えば、さらに目線は上に。ただし、くれぐれも花嫁より注目されちゃうスタイルにはしないよう、気をつけましょう。

 

6:まとめ

毎回同じドレスでも、ヘアスタイルを変えるだけで雰囲気は変わります。しっかりとマナーを守ってヘアセットをし、新郎新婦の門出を祝いに行きましょう。