恋のなやみに効くメディア

前髪は長めが可愛い?長め前髪のカタログとヘアアレンジ

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:長めの前髪は流すのが良い?

目にかかる長い前髪。そのまま垂らしてうざバングにしても可愛いですが、正直じゃまになることも。そんなときには、自然に後ろに流れるようにブローするのがおすすめ。おでこの生え際の部分を少し立ち上げるようにするのがポイントです。ふんわりして、可愛い雰囲気になりますし、かきあげる仕草はセクシーに見えます。

流し前髪は、可愛さと大人っぽさの両方が手に入れられる、モテの万能スタイルなんです。

 

2:前髪長めのおすすめヘア5選

(1)前髪の長いショートボブ

大人女子にかなり人気のある髪型です。例えば仕事のときは、前髪をポンパにしたり、サイドでアメピンで留めてキリっとさせておいて、仕事終わりには、くしゃくしゃっさせながらボリュームを戻せば、ギャップ萌えが狙えます。もちろん、前髪を下ろしたままにして、かきあげる仕草で大人っぽく見せるのもカッコいい!

ショートボブなら、かきあげ前髪にしても程よくヘルシー。あざとくならないので、オフィススタイルにもぴったりです。

(2)前下がりのセンターパーツボブ

前髪を長くとった前下がりのボブは、知的で落ち着いた印象を与えてくれます。うつむいたときの横顔が美しく決まるのも特徴。毛先を外ハネにさせたり、全体をゆふるわにさせたりすると、さらに可愛い印象に。

(3)前髪長めのロング

最近、出演する映画の役作りのためにショートにした北川景子さんですが、それまでは、前髪長めのロングヘアがトレードマークでしたよね。エレガントかつセクシーな魅力がありました。長めロングはケアが大変ではありますが、アレンジが自在。また、ちょっと強めにパーマをかければ、パーマが取れてきてもゆるふわになり、らくちんスタイルを長くキープできます。

また、髪が長かったころの蒼井優さんのように、前髪と後ろ髪の長さがほぼ同じだと、シルエットのAラインにボリュームが生まれて、かわいい印象に。

(4)ワンレンストレート

ワンレンストレートとは、髪の毛全体を同じ長さでそろえてカットしたストレートヘアのこと。自然な分け目で前髪を分けると、分量の多いほうの前髪が顔にさりげなくかかり、丸顔でも小顔に見せてくれる効果があります。ボブもロングもありますが、ボブでいうと、水原希子さんのヘアスタイルがまさにそれです。

全体的に重めなので、ゆる巻きにしてもスカスカにならず、いい感じのボリュームが出せるのもポイント。

(5)ゆるウェーブのミディアムボブ

ゆるいウェーブを髪全体につけると、やわらかい雰囲気になり、色気のある可愛さがつくれます。ウェーブが顔の輪郭をカモフラージュしてくれて、小顔効果も期待できちゃいますよ。

 

3:長め前髪のヘアアレンジ5選

(1)ねじり前髪

長い前髪をねじってピンで留めるだけで可愛いアレンジに。センター分けにした前髪を左右それぞれでねじって留めたり、前髪全部を一方向にねじって留めてもOK。髪を留めるときはアメピンではなく、色付きのピンや飾りのついたピンで留めると、よりおしゃれさが増します。

(2)編み込んでサイドで留める

前髪の編み込みは鏡を見ながらできるので、後ろを編み込むよりも簡単。前髪を束ねて、左右どちらか片方に流すようにしながらサイドの髪の毛と一緒に編み込んでいきます。耳の後ろくらいまで編んだら、アメピンなどで留めて後ろの髪となじませましょう。

(3)ポンパドール

目より下くらいの長さがあれば、ポンパドールができます。ポンパのポイントは、ふわっと立ち上げること。おでこをスッキリ出しているのに可愛いという魔法のヘアアレンジです。

前髪をまとめたら真ん中あたりから緩くねじり、根元がつぶれないようにピンで留めます。きっちりさせすぎないのが今どきです。

(4)ラフなかきあげスタイル

かきあげ前髪は、カッコいいヘアの象徴。女らしさもありますが、きつめの美人といった印象も与えがちなので、可愛くしたければ、ラフに仕上げて決めすぎないのがポイントです。

基本のやり方としては、前髪がペタンとしないよう、ロールブラシや太めのカーラーなどを使ってカールをつけてから、前髪をかきあげながら根元にスプレーをかけて立ち上がりをキープさせましょう。仕上げてにヘアオイルやワックスを手に伸ばし、髪全体をくしゃくしゃっとさせるといい感じに。

(5)後れ毛ありのオールバック

長い前髪なら、オールバックのポニーテールも楽しめます。全部の前髪を後ろにぴっちり持っていってしまうと、スッキリ感はあるけど地味すぎたり、キツめの印象になってしまうことも。前髪やサイドの髪を少し落として、毛先をゆるくカールさせて、後れ毛をつくりましょう。髪を束ねるときにも、手ぐしでざっくりまとめるようにすると、ラフ感が出て今っぽくなります。

 

4:長めの前髪を流す方法3つ

(1)ヘアゴムを使う

まずは前髪を9:1の割合で分けます。次に、それぞれの前髪を眉尻の位置でゴムでまとめます。ゴムは細いナイロンゴムなど、目立たないものを使ってください。

前髪が丸みのあるラインになるように緩めて、耳の後ろでヘアピンで留めたら完成。ヘアピンで留めるだけよりも崩れにくいのが嬉しいところ。9:1がもっとも可愛いバランスですが、しっくりこないときは、8:2や7:3などでも試してみて。

(2)コテを使って流れをつける

前髪がゴムで結べない長さの人は、コテを使って流れを作りましょう。

まずは、前髪を流したい方向と逆方向にドライヤーを当てながら根元に立ち上がりをつけます。そして、流したい方向に手ぐしで髪を流し、毛先をコテで内巻きにしながら、流したい方向に引っ張ります。最後にワックスを揉みこんで完成!

(3)長い前髪はふんわり流す

前髪が長い人は、ふんわりサイドに流すのが可愛いでしょう。

まずは前髪を分けたいところで2分割します。片方の毛束を流したい方向と逆に持っていき、外巻きになるように毛先をコテで挟み、流したい方向に滑らせるようにしながら抜きます。もう片方も同じようにします。

 

5:まとめ

長めの前髪はセクシーで女っぽいということに加え、アレンジがしやすいのも魅力のひとつ。ヘアアレンジが苦手な人でも前髪だけならいじりやすいですよね。イメチェンを考えているなら、まずは前髪を伸ばしてみるのもおすすめですよ。