恋のなやみに効くメディア

お誘いメールはどう送る?上司へのお誘いメール例文やお誘いへ返信する例文

山根ゆずかY.Yamane

©gettyimages

目次

隠す

1:お誘いメールはどう送る?相手によっても文章や内容に違いが…

誰かをお誘いする際は、自分と相手との関係性を考えたうえで文章を作ることがとても重要です。特に会社の上司やクライアントを誘う場合は、相手の都合をお伺いするという形で尋ねるのが理想です。

また、友人を誘う場合であっても、相手が楽しみになるような誘いのフレーズを考えることで、快諾してもらえる可能性が高まるでしょう。

 

2:食事に誘う時は何をどう書く…?食事や飲み会のお誘いメール例文3つ

(1)クライアントへのお誘いメール

株式会社○○

営業部□□様

いつも大変お世話になっております。

株式会社▲▲の■■と申します。

日頃のお引き立てに感謝し、また更に親睦を深めさせていただくために

御社の営業部様との食事会を企画できればと考えております。

日程に関しましては、忘年会も兼ねて12月の2週目あたりを検討しておりますが、
ご都合はいかがでしょうか。

また、お店の手配はこちらでさせて頂ければと思っております。

ご連絡をお待ちしております。

 

(最後にビジネスメールの署名)

クライアントを会食に誘うメールでは、要件をわかりやすく、簡潔にまとめることが大切です。日程はいくつかの候補から選べるようにしましょう。また、お店の選定は自ら行う旨を伝えておくとスムーズです。

(2)同僚へのお誘いメール

○○さん

お疲れ様です。

マーケティング部の△△です。

12月に営業部とマーケティング部の合同忘年会を企画しています。

仕事でご一緒することも多く、これを機に更に親睦を深められればと考えております。

お忙しいところ恐縮ですが、12月の営業部の方々のご都合をまとめてお教えいただくことは可能でしょうか。

お店の手配はこちらでさせていただければと思います。

それでは何卒宜しくお願いいたします。

(最後にビジネスメールの署名)

社内の同僚を会食に誘う場合は、クライアントの場合より少しカジュアルでも構いません。ただ、他部署の場合や、役職の高い人を誘う場合は、やはりていねいな文面でお誘いするほうが無難です。

こちらも、お誘いする側がお店の選定を行うようにすると、相手も気軽に参加することができるでしょう。

(3)会社の後輩へのお誘いメール

○○さん

お疲れ様です。

ご活躍、私の耳まで届いていますよ。入社時のメンターとして労いの意味を込めて、年末に何かご馳走できればと思っているのですが、12月の予定はどうですか?

先輩の誘いだからといって無理せず、忙しかったらまた次回にしましょう。

お店はこちらで予約しますので、時間がある時に連絡ください。

(最後にビジネスメールの署名)

会社の後輩を誘う場合は、忙しければ断ってもOKという前提で誘うことが大切です。年末の忙しい時期に先輩との食事まで強制されたら、後輩としてはたまりませんからね。

 

3:上司を飲み会にお誘いする時は?上司へのお誘いメール例文2つ

(1)仲の良い上司の場合

○○さん

お疲れ様です。

日頃の感謝を込めて、チーム全員で○○さんをおもてなしする計画を立てています。お店は、○○さんの大好きな日本酒が飲めるところを予約するつもりです。

日程としては、12月の一週目か二週目の金曜日を考えているのですが、ご都合はいかがでしょうか?

チーム全員で楽しい時間を過ごせればと思っています。

お忙しいところ恐れ入りますが、お返事をお待ちしております。

(最後にビジネスメールの署名)

親交の深い上司を誘う場合は、親しみを込めた気軽さを出すとよいでしょう。後輩から誘われてイヤな気がする上司は少ないはず。上司が好きなお店を選んであげると、さらに喜ばれるでしょう。

(2)他部署の上司の場合

○○さん

お疲れ様です。△△部の□□です。

12月後半に営業部の忘年会を企画しているのですが、○○さんにも是非ご参加いただきたいと考えています。

仕事上ではご迷惑をおかけしてばかりの営業部ですが、○○さんには一同大変感謝しております。

○○さんが参加いただけるとなれば、忘年会がさらに盛り上がること間違いなしです。お忙しいところ恐れ入りますが、12月後半のご予定をお教えいただけますと幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。

(最後にビジネスメールの署名)

他部署の上司を誘う際は、日ごろの感謝を伝えたい旨を強調すると良いでしょう。また、上司が気を遣ってしまわないよう、みんなが上司の参加を希望していると伝えることで、他部署であっても気軽に参加しやすくなります。

 

4:お誘いメールをもらった場合の断り方は?お誘いへの返信メール例文3つ

(1)取引先への返信

株式会社▲▲

■■様

いつもお世話になっております。

食事会のお誘い誠にありがとうございました。

営業部一同大変ありがたく感じ、是非ご一緒できればと考えております。

ところが、12月2週目はあいにく部長の●●が出張で不在となる予定です。可能であれば●●の帰国後にこちらからあらためてご連絡をさせて頂きたいと思うのですがよろしいでしょうか。

せっかくお誘い頂いたのに誠に申し訳ありません。

何卒宜しくお願い致します。

(最後にビジネスメールの署名)

取引先との関係はビジネスにおいて非常に大切です。とはいえ、取引先から提示された会食の候補日が、どれも予定に合わないという場合もあるでしょう。そんなときは、別の日程を自ら提示するか、改めて連絡する時期を伝えることで、「行きたいけど日程がどうしても合わない」という気持ちを伝えることができます。

(2)同僚への返信

○○部

△△さん

お疲れ様です。

忘年会のお誘いありがとうございました。

是非参加したいのですが、あいにくその時期はクライアントとの忘年会が重なっています。連日飲み続きの日々が今から恐ろしい……!

代わりにと言っては何ですが、新年会をするのはいかがですか?
年初はクライアントが忙しいので、こちらは時間に余裕があります。

今の時点で分かっている範囲で構いませんので、1月の予定をお教えいただけると嬉しいです。

宜しくお願いします。

(最後にビジネスメールの署名)

同僚から誘われた会食に行けないという場合は、理由をしっかりと伝えることが大切です。社内ということで、お互いの事情もわかっているでしょう。仕事が原因である場合は相手にも失礼にあたりません。

(3)後輩から先輩への返信

○○さん

お疲れ様です。

食事のお誘いありがとうございました。とても嬉しく思います!

12月なのですが、お客様に年末のご挨拶におうかがいするため、ほとんど地方に出張している予定です。申し訳ありません。

○○さんにもっと褒めていただけるよう、来年も頑張りたいと思います。

引き続きご指導よろしくお願いします。

(最後にビジネスメールの署名)

先輩からのお誘いを断るのはなかなか勇気がいるものです。しかし無理なものは仕方がありません。特に男性の先輩が後輩の女性を誘う場合は、下心がないかも十分注意する必要があります。

相手が誰であっても、自分の仕事やプライベートが優先なのは変わりありません。

 

5:年末年始はお誘いメールが飛び交う

忘年会や新年会で食事や飲みの機会が増える年末年始。社内からクライアント、友達まで、人に会う機会が盛りだくさんです。

こんなときこそ、決まりきった誘い文句に自分らしさをプラスして、相手の印象に残るお誘い文句を考えて送りたいものですね。