恋のなやみに効くメディア

追いかけられる女は魔性の女?特徴的なLINEや言動などを分析

新井 よつばY.Arai

目次

隠す

1:追いかける女と追いかけられる女…どっちが幸せ?

恋をしてしまうと、ついつい相手を追いかけてしまうという人と、相手が来てくれるまで待つタイプの人に分かれますよね。でも実際は、どっちのほうが幸せなのでしょうか?

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の女性348名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「追いかける女と追いかけられる女、どちらが幸せだと思いますか?」という質問をしてみました。

 

結果は以下のとおりです。

追いかける女が幸せ・・・82人(24%)

追いかけられる女が幸せ・・・266人(76%)

7割以上の人が、追いかけられる女のほうが幸せだと思っていることがわかりました。追いかけている間が楽しいという声も聞きますが、相手が自分のことを好きになってもらえないのはつらいもの。たとえ付き合うことになっても、フラれるんじゃないかといった不安が付きまといます。一方、追いかけられているほうが心理的には余裕ができますし、傷つくことも少ないでしょう。

 

2:追いかけられる女は自分から連絡しない?LINEや言動の特徴7つ

では、追いかける女になるにはどうしたらいいのでしょうか。LINEや言動の特徴を探ってみました。

(1)既読してからの返事が遅い

すぐに返信をされると「俺のこと好きなんでしょ」というように、自信を持ってしまうという男性は多いもの。逆に、既読はすぐつくのに返事が遅いとなると、「今、何してるのかな?」と気になって、男性のほうから追いかけたくなるなるのだとか。

(2)自分からはLINEを送らない

特別な用事がない限り、自分からは連絡を取らないというのも、追いかけられる女の特徴。でも送ったときはちゃんと返信をしてくれるので、男性たちもついつい前のめりになってしまうようです。

(3)既読される前に送信取り消し

比較的新しい機能である、メッセージの送信取り消し機能。好きな相手でなくとも、取り消しをされると、何を送ってきたのか気になってしまいますよね。気になる女性に取り消しをされて、「なんだったんだろう」とソワソワする男性も多数。「何送ったの?」と聞かれても「なんでもないよ」と言われると、なおさらグッとくるようです。

(4)LINEを終わらせるときはあっさりしている

LINEを続けるためにスタンプを送り合ったり、他愛もないことを送り合う人も多いですが、追いかけられる女はとにかくあっさりしています。「スパッと切ることで、次の日もLINEしてみようかなと思わせる」という戦略的な女性もいました。

(5)送ってくる写メはいつもひとり

他の男性の影をちらつかされると、男性側に相手のことをもっと知りたいという気持ちが強まるもの。例えば、「〇〇へ行ってきたよ」などど言って写真を送ってくれるのはいいけど、いつも写メは自分ひとりという人っていますよね。そういうLINEを受け取ると、「この写真は誰が撮ってるんだろう?」「誰と行ってるのかな?」と、もやもやが募り、それが恋心へと発展していくのです。

(6)思わせぶりだけど好きとは言わない

「〇〇くんみたいな人が彼氏だったらいいのに」「〇〇くんと付き合ったら幸せだろうな」というように、思わせぶりの発言はするけど、はっきり「好き」とは言わないのも特徴。こうした思わせぶりな言動が、男心を惑わるのです。

(7)お願いするときは甘え上手

普段はそっけないけど、頼みごとがあるときはとっても甘え上手なのも特徴。このギャップがたまらなくなる男性は多いのだとか。

 

3:男が放っておかない!芸能界にいる魔性の女ベスト5

ここからは芸能界を代表する魔性の女をご紹介します。

(1)大竹しのぶ

この投稿をInstagramで見る

 

大竹しのぶ(@shinobu717_official)がシェアした投稿

昭和の魔性の女といえば、大竹しのぶさんを追い浮かべる人も多いのではないでしょうか。還暦を超えてこのかわいらしさ。ぽわんとした雰囲気があり、しゃべり方もゆったりとして甘ったるい。雑誌の対談で、過去に関係があった男性の人数を、「30人より、もうちょっといる」とさらっと言ってしまうあたりも、いい感じの隙があると男性に思わせちゃうんでしょうね~。

(2)高岡早紀

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】リカ(オトナの土ドラ)(@dodra_tokaitv)がシェアした投稿


大人な色気を感じさせる一方で、どこか隙があって自由奔放なイメージの高岡早紀さん。昔から数々の有名芸能人との熱愛を噂されていますね。巨乳で色白というのも魅惑です。

(3)石原さとみ

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】高嶺の花/日テレ7月期水ドラ(@takanehana_ntv)がシェアした投稿

ぷっくりした唇とほんのり垂れ目が特徴の、顔つきからして圧倒的に色っぽい石原さとみさん。なんとドラマの顔合わせの段階で共演者の俳優を虜にしてしまうんだとか……。共演者キラーと呼ばれています。

(4)蒼井優

この投稿をInstagramで見る

 

フィガロジャポン(@madamefigarojapon)がシェアした投稿

「南海キャンディーズ」の山ちゃんこと山里亮太さんとの結婚会見でも、貴社の口から飛び出すほど”魔性”のイメージが強い蒼井優さん。ナチュラルなイメージからはあまり想像がつかないですが、数々の熱愛報道があったとことから、「男が途切れることがない」という印象になり、それがイメージとのギャップで、そう呼ばれたのでしょうね。

(5)斉藤由貴

この投稿をInstagramで見る

 

映画『最初の晩餐』公式(@bansanmovie)がシェアした投稿

高岡早紀さんと同じく、「美熟女」といえる存在である斉藤由貴さん。昔から魔性と呼ばれてきました。特に不倫報道が多いのが原因ではないでしょうか。

 

4:まとめ

「追いかけられる女性って羨ましい」「追いかけられる人生って幸せだろうなぁ」と思いがちですが、必ずしもそうではないのかもしれません。

でも、女性なら一度は追いかけられる恋愛をしたいですよね。そういうときには、追いかけられる女の特徴や芸能人を参考にしてみるのもいいかもしれませんよ。