恋のなやみに効くメディア

男色とは?日本に昔からあったボーイズラブ的世界

槻谷岳大T.Tsukitani

目次

隠す

1:男色とは?

「男色」とは、男性同士の性愛(同性愛)を指す言葉です。

日本においてはかなり古い時代から、寺院や武家社会、歌舞伎の世界など「男社会」で独自に発展されてきたと言われます。

日本の男色文化は、特に戦場で女性のいない環境だった武家社会において発達しました。

 

2:昔からある男色の歴史

(1)日本に男色文化を持ち込んだのは空海なの?

唐に留学し、真言宗の開祖として名高い空海ですが、実は日本に本格的に男色文化を持ち込んだのは空海だと言われています。当時の中国(唐王朝)も、男色が盛んでした。

空海のいた仏教の僧の世界は、日常において女性との恋愛をはじめ、色欲から断絶された世界であったため、男色が受け入れられやすい土壌もありました。最先端文化をもつ唐において存在していたことから、当時の日本でも。すんなりと受け入れられたという事情もあったのかもしれません。

しかしその一方で、日本では遣唐使以前(古事記に表される飛鳥時代)から、男色文化は既にあったと指摘する声もあります。

(2)急速に発達したのは平安末期~武家政権時代

日本において「男色」が急速に広まったのは、鎌倉時代以降の武家政権下でした。武士の間の同性愛は、当時は「衆道(しゅどう)」と言われました。

こちらに関しては、『Menjoy』の過去記事「衆道とは?その歴史とおすすめの小説」に詳しくまとめてありますが、ざっと説明すると、女人禁制の場所で生活することが多かった僧侶や公家の間で、性欲処理を目的として発展したようです。

特に日本は、たとえば十戒で「姦淫(かんいん)」が厳罰とされていたユダヤ教や初期キリスト教が信奉されいた欧米などに比べれば、性に対して寛容な文化でもあったことが関係しているのかもしれません。

 

3:BL好きもドキドキ!歴史の中の男色カップル

近年、一部女性たちの間でも「男色もの」が流行っています。つまりそれは、BL的なもの。その背景には、学校で習うような有名歴史的人物にも「その気」があったことや、漫画の影響もあるようです。

(1)足利義満と世阿弥

室町幕府第3代将軍として、金閣寺を建立するなどの権勢を誇った足利義満は、実は男色であったと伝えられています。そのお相手は、同じく同時期に日本文化の伝統である「能」の発展時期でその中心人物であった、世阿弥。

芸術的感覚に優れた人が男色に走るというケースは多々あったそう。あの金閣寺の荘厳な美しさも、そのような背景を知ったうえで見ると、また違ったように見えてくるかもしれません。

(2)織田信長と森蘭丸・前田利家

言わずと知れた戦国武将、織田信長が男色であったというエピソードは、多くの人が知るところでしょう。本能寺で運命を共にした森蘭丸や、重臣として仕えた前田利家も、実は信長とラブな関係であったと言い伝えられています。

(3)徳川家康と井伊直正

織田信長だけでなく、戦国武将の中では多くのビッグネームが男色として伝えらえています。徳川家康も、その重臣であった井伊直正と、いい仲であったという説があります。このあたりはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも少し描かれていましたね。

(4)新選組

大島渚監督の遺作映画である『御法度』で描かれていたとおり、幕末の浪士隊、新選組の内部でも、男色が広まっていたといいます。実際、映画の中でも、新人美剣士:松田龍平演じる加納惣三郎が入隊し、隊員たちとデキてしまったりすることから物語が展開していきました。

幕末まで男色は非常に盛んでしたが、明治に入ってからは刑法の適用になるなど罰せられたこともあり、男色は急速に減少していきます。

(5)歴史ではないけど…漫画キャラクターも

日本でBLという文化が発達した背景として、80年代から90年代にかけて、少年漫画において女性からも人気のある美男子キャラが活躍したことがあったそうです。例えば「キャプテン翼」や「聖闘士聖矢」(アンドロメダ瞬など)。これらは「やおい本(BL本)」も多数出るなどの人気ぶりでした。

 

4:まとめ

こうして歴史を見てみると、日本というのは、古来より男色文化が盛んな風土がありました。また近年では、欧米を中心にLGBTや同性愛など、価値観が多様化している時代でもあります。

多様な視点から、この分野を改めて考えてみるのも興味深いかもしれません。