恋のなやみに効くメディア

能ある鷹は爪を隠すとは?爪を隠す人の特徴とエピソード

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:能ある鷹は爪を隠すとは?その由来

まずは「能ある鷹は爪を隠す」の意味をちゃんとつかんでおきましょう。辞書で調べてみると……

能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす)

実力のある者ほど、それを表面に現さないということのたとえ

出典:デジタル大辞泉/小学館

とあります。ちなみに「脳ある鷹」と書くのは誤りで「能ある鷹」が正しい表記です。

言葉の由来としては諸説あるものの、安土桃山時代の『北条氏直時分諺』とする説が有力なようです。当時は武芸のひとつとして鷹狩り(飼いならした鷹を山野に放ってする狩猟の一種)が盛んだったことが背景にあり、よく獲物をつかまえてくる優秀な鷹は、獲物を狩る直前まで爪を隠しているという様子から生まれた言葉だといわれています。

 

2:「能ある鷹は爪を隠す」が当てはまる人の特徴5つ

(1)いつでも謙虚

実力があるのに、それを自ら隠しているのが「能ある鷹は爪を隠す」と評される人の特徴のひとつ。それをなし得るため、性格的に謙虚な人が多く、どんな偉業を成し遂げたとしても、周囲から言われるまでは、自分からその話題を持ち出さないケースが多いでしょう。

(2)決して自慢しない

決して自慢しないのも「能ある鷹は爪を隠す」と言われる人に多い特徴です。自ら「褒めて!」とばかりに、自分の実績をひけらかす人は、爪を隠していることにはなりません。自己アピールした者価勝ちな現代社会においては、非常に珍しいタイプでしょう。

(3)周囲が「優秀」だと認めている

「能ある鷹」と言われるくらいなので、そもそも周囲が認めるレベルの優秀さを備えていることも欠かせない要素です。「優秀な人」「デキる人」と認めているのも特徴でしょう。

(4)日ごろの存在感が薄め

とてつもない能力を備えていたとしても、それを自らひけらかすことのない人は、日頃の存在感が薄めであることも。パッと見ではわからないすごい能力を秘めているものの、普段はそういうオーラを隠しているような一面もあるようです。

(5)いざというときに頼りになる

普段は能力を出すことがなくとも、ここぞと言うときに周囲が「頼りになる!」と感じるのも「能ある鷹は爪を隠す」と言われる人に多い特徴です。

 

3:仕事で!能ある鷹は爪を隠す人になる方法3つ

仕事のシーンで「能ある鷹は爪を隠す」と言われることは、いいことですよね。ここからは、そのように評価されるためにやるべきことを見ていきましょう。

(1)腰を低くする

前述したように「能ある鷹は爪を隠す」と言われる人ほど、謙虚だったり自らの偉業を自慢しなかったりするのも特徴。自分の実績に多大なる自信があったとしても、誰かと接するときには、腰を低くすることを意識するといいでしょう。

(2)存在感を消す

いつもは存在感が薄めなのに、成し遂げた事柄が大きい……そんなギャップがある人ほど、「能ある鷹は爪を隠す」という印象がつきやすいでしょう。だからこそ、普段から無駄に目立たないようにしておくことも効果的。ここぞ、というとき以外はおとなしくしておきましょう。

(3)得意分野で出し惜しみしない

得意分野に臨むとき、持っている知識や経験を出し惜しみしてしまうと、能力のすべてを発揮するのは難しくなります。大きな実績を出し、周囲から「能ある鷹」と思ってもらうためには、知識や経験などを出し惜しみしない心がけも大切でしょう。

 

4:かっこいい!能ある鷹が爪を隠していたエピソード3つ

(1)サッカー大会で大活躍

「職場にいる地味な男子が、有志で開催した社内のサッカー大会で大活躍をしているのを見たときには、思わず“能ある鷹は爪を隠す”って思いました。

運動神経がなさそうな見た目なのに、バシバシとシュートを決めていて、かっこよかった! しかもみんなに褒められても、はにかむだけで、自慢しないところもすごいなぁって思いました」(33歳女性/IT)

(2)災害対策で頼りになる男

「日ごろはあまり仕事ができないと感じさせる同僚が、大型台風がくるときの防災対策で、誰よりもテキパキと動いていたのを見て、すっかり見直しました。

何をどう対策すべきかが完璧で、まわりの人が思いつかないようなところまで気が回っていて……。聞けば、普段から積極的に災害ボランティア活動をしているそうです。そういうタイプに見えなかったので、能ある鷹は爪を隠すだなぁって思いました」(30歳女性/サービス)

(3)数か国語話せる

「飲み仲間の地味め男子がいるんですけど、この前、フィリピンから遊びに来ていた友達を飲み会に連れて行ったら、その男子の英語がペラペラで驚きました。

しかも、5か国語も話せるそうで、その日は流暢なタガログ語も披露……。それまでは、その男子をかっこいいと思ったことがなかったんですけど、妙にかっこよく見えましたね」(38歳女性/教育)

 

5:「能ある鷹は爪を隠す」を英語や中国語で言うと?

「能ある鷹は爪を隠す」を英語で表現するならば「cats hide their claws.(猫は爪を隠す)」という、意味の近いイディオムが存在します。日本語では“鷹”ですが、英語では“猫”が爪を隠すようです。

また、中国にも同様のことわざがあり、「真人不露相、露相非真人。(能力のある人はひけらかさず、能力のない人はひけらかす)」というものがあります。

どこの国でも、同じような感覚はもっているものなのですね。

 

6:「能ある鷹は爪を隠す」は褒め言葉

「能ある鷹は爪を隠す」は、いい意味で使われる褒め言葉。実力以上のアピールがもてはやされる時代ですが、アピールすることで、実績は伴っているけれど好感度が足りずに足を引っ張られたり、十分に評価されないこともあります。

謙虚なのに優秀な人物が身近にいると、一緒にいる人も居心地の良さを感じるのではないでしょうか。