恋のなやみに効くメディア

子供が欲しいいちばんの理由は?子供が欲しい人が今すぐすべきこと

番長みるくM.Bancho

©gettyimages

目次

隠す

1:子供が欲しいと思わないのは変なこと?

昔ほどではないものの、現代でもなんとなくのイメージとして、「結婚して、子供を持つのが一般的」という固定概念は存在しているもの。そういった思想に基づく、政治家の発言などが世の中を騒がせたりもしますね。

それはつまり、子供が欲しいと思う人がいる一方で、子供が欲しいとは思えないという人もいるということ。でも、子供が欲しいと思わないのは、そんなに変わったことなのでしょうか。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の未婚の男女254名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「子供が欲しいと思わないのは変なことだと思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

思う・・・10人(4%)

少しは思う・・・56人(22%)

まったく思わない・・・188人(74%)

約7割の人が「変なことだとは思わない」と答えています。ある種、当然ともいえる結果でしたが、それでも4分の1の人は、「子供が欲しくないなんて変だ」と思っているわけです。

2:男女が子供が欲しい理由5つ

では「子供が欲しい!」と思う人は、なぜそう思うのでしょうか? 男女の声をまとめました。

(1)子供が好きだから

「もともと子供が好きで、一緒に遊ぶのも大好きです。街で歩いているときに両親に挟まれて、子供がはしゃいでいる様子を見て、“私も家庭を持ちたいな”と思うようになりました」(Sさん・30歳女性)

(2)友達や兄弟に子供ができたから

「少し前に、姉に子供が生まれました。私はもともと、そんなに子供が好きじゃなかったのですが、血がつながっているからなのか、姪がかわいくて、愛おしくて、母性が湧いてきました。もし母親になったらこんな気分なのかなとも想像したりして……。

姉も母親の顔になって、幸せそうにしているところを見ると、母親になるのも悪くないなと思うようになりました」(Aさん・25歳女性)

(3)好きな人の遺伝子を残したいから

「いつか結婚したら子供が生まれるのかなと漠然とは思っていましたが、長くつき合っている彼女が“子供はふたりくらい欲しいな”と何気なくつぶやいてからは、急に子供が欲しくなりました。

もし子供が生まれたら、子供は彼女と俺のどっちに似るんだろうとか、想像力を巡らせたりして。好きな人との子供を後世に残したいと思い始めました」(Cさん・31歳男性)

(4)親になってみたいから

「私の親が28歳で私を産んだので、なんとなくその歳には子供を産みたいなと思っていました。母親ってどんな気持ちなのか体感してみたいし、親になってみたいから。親になると、子供から学ぶことも多いと聞くので楽しみです」(Hさん・28歳女性)

(5)成長を見たいから

「20代前半のころは、子供が欲しいなんて思ったことはなかったのですが、30歳を越えてから、子供が欲しくなりました。

25歳くらいのときに当時交際していた年上の彼女に“子供が欲しい”と言われたことがあったのですが、もしあのとき子供が産まれていたら、今ごろはどのくらい大きくなっていたんだろうなんて想像します。いつか子供の成長を目を細めて見つめてみたいです」(Kさん・29歳男性)

 

3:彼氏や結婚相手はいらないけど、子供が欲しい心理3つ

世の中には、彼氏や結婚相手はいらないけれど、子供が欲しいと思う女性も増えています。どんな心理なのか、まとめました。

(1)他人と同居したくない

赤の他人と一緒にいることや、相手に気を使わなければならないことが嫌で、彼氏や結婚相手はいらないと思う人もいます。彼氏や結婚相手とはたまにしか会わないような関係や、週末だけ会って楽しく過ごす生活が理想という声も。

子供は血のつながった家族だけど夫は他人だと思っていたり、子供を夫の親に会わせるのが面倒と感じていたりするのかもしれません。

(2)好きな人やパートナーが見つからない

子供は欲しいとは思っているけれど、彼氏はおろか好きな人も見つからず、このままではいつ結婚できるのかもわからない……と悩む女性も増えているとか。将来を想像できるような人と巡り合わないまま歳を重ね、独身のままで子供だけでも産むか、養子を迎えられないかと考える人もいるようです。

本音では恋愛を経て結婚をして、子供が欲しいと思っていても、それが難しそうなので、彼氏や結婚相手はいらないと言ってるのかもしれません。

(3)恋愛や結婚に良い印象が持てない

恋愛でひどい目にあった、親の影響で結婚に対していい印象を持てないといった理由で、彼氏や結婚相手はいらないから、子供だけ欲しいと考える人もいます。結婚にメリットが見出せずに、デメリットしかないと感じてしまっているのかもしれません。恋愛や結婚はしなくても、自分ひとりで子供を育てることはできるという考えがあるようです。

 

4:早く子供が欲しい人が今すぐすべきこと3つ

では、子供が早く欲しい人は、どんな行動を起こせばいいのでしょうか?

(1)彼氏や夫に意思を伝える

パートナーがいる場合には、早めに子供が欲しいことを相手に伝えましょう。相手は子供についてどう考えているのか、具体的な話し合いを始めることによって、今後のふたりの人生プランもクリアに。子供を産むタイミングやかかる費用について調べ、妊娠中や出産後、育児中の仕事などについても話し合っておくのもおすすめです。

(2)妊活を始める

子供を産むことを決意したら、少しずつでもいいので、妊活を始めましょう。生活習慣や食生活について見直すほか、歯医者で虫歯を治しておくなど、体をメンテナンスする必要があるかもしれません。妊娠しやすい時期やタイミングを知るために、基礎体温をつけるのもおすすめです。

(3)婦人科に行く

妊活を始めても、なかなか妊娠しない人も多くいるもの。不安要素がある場合には、早めに婦人科に行きましょう。お医者さんと話すことで、疑問がクリアになることもあれば、検査の結果、治療が必要だとわかる場合もあります。

 

5:子供が欲しいことは離婚理由になる?

自分は子供が欲しいのに、相手が協力してくれない……という理由で離婚できるのでしょうか?

協議離婚や調停離婚の場合は、両者が応じなければ基本的には離婚は成立しません。もし、その後離婚訴訟となっても、裁判上の離婚事由がないと離婚は認められません。

離婚の慰謝料を請求するには、相手の違法行為が必要です。例えばこちらが子供が欲しいと性交渉を求めているのに、相手が正当な理由なく拒み続けた場合、違法性が認められた例もまったくないとは言えませんが、実際には少ないようです。

離婚はそれぞれの言い分やケースもさまざまなので、詳しくは弁護士に相談してみましょう。

 

6:子供についての考えは早めに話し合おう

結婚して子供を持つのが当たり前と考える人がいる一方で、恋愛や結婚と子供は別だと考える人もいます。彼氏や結婚相手がいる場合には、早い段階で子供についてどう考えているのかを話し合っておきましょう。

すぐに子供を持つことに答えが出なくても、話し合いの中で答えが見つかるかもしれません。また、妊娠が望めなくても、養子などの方法があることも頭に入れておくといいかもしれません。