恋のなやみに効くメディア

二世タレントランキング!【男女別】成功している二世タレント

番長みるくM.Bancho

©gettyimages

目次

隠す

1:二世タレントとは?美人やイケメンばかりなの?

「二世タレント」とは、芸能人や有名人を親に持つ俳優やミュージシャン、TVタレントなどのことを指します。

そもそも「二世」とはどういう意味なのでしょうか。「二世」の正しい意味を辞書で調べてみました。

に‐せい【二世】

1 同じ名をもって国王・皇帝・教皇などの地位を継いだ2代目。

2 芸能・芸術などで、その名跡を継いだ2代目であること。また広く、親の職業などを受け継いだ人。

3 親の跡を継ぐ男子。息子。

4 移民の子で、外国で生まれ、その国の市民権をもつ人。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

厳密にいうと、その名前も職業も継いではいない場合が多いですが、「2」の「芸能や芸術で、その名跡を継いだ」という意味に近いでしょう。親が芸能活動をしているのを見て、華やかな世界に憧れる子どもも多いのかもしれません。しかし、だからといって、成功するかどうかはまた別の話。

二世タレントとして成功している人といえば、具体的にはどのような人が挙げられるのでしょうか?

 

2:成功している男性二世タレントランキングTop5

『Menjoy!』が20〜30代の男女409名を対象に行った独自アンケートの結果をご紹介します。「成功している男性二世タレントといえば誰だと思いますか?」(複数回答可)と聞いてみました。その結果のトップ5をご紹介します。

5位:松田翔太・・・79人(19.3%)

この投稿をInstagramで見る

 

Shota Matsuda(@shota_matsuda)がシェアした投稿

松田翔太さんの父親は、俳優の松田優作さん、母親は女優で写真家の松田美由紀さん、兄は俳優の松田龍平さんです。さらに妹はモデルやアーティストとして活動している松田ゆう姫さん。

松田翔太さんが出演した作品といえば「花より男子」や「LIAR GAME」シリーズなどのテレビドラマが有名です。また映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」では、ただの「二世イケメン」に留まらない、印象的な役を演じています。

4位:石原良純・・・100人(24.4%)

この投稿をInstagramで見る

 

Ishihara Yoshizumi(@yoyoshizumi)がシェアした投稿

気象予報士の資格をもち、コメンテーターをはじめ、俳優や司会者として活躍する石原良純さん。その父親は、元東京都知事、元議員で、作家でもある石原慎太郎さんです。叔父は俳優の石原裕次郎さん、兄は衆議院議員で大臣も勤めた石原伸晃さん、弟は衆議院議員の石原宏高さん。まさに「華麗なる一族」といった感じで、親族には有名人の名前が並んでいます。

3位:森山直太朗・・・111人(27.1%)


歌手や作詞家、作曲家として活躍する森山直太朗さん。大ヒットした名曲「さくら(独唱)」でも有名です。父親は元グループ・サウンズミュージシャンのジェームス滝さん、母親は歌手でタレントの森山良子さんです。また義兄に「おぎやはぎ」の小木博明さんがいます。

2位:長嶋一茂・・・122人(29.8%)

この投稿をInstagramで見る

 

長嶋 一茂(@kazushige_nagashima)がシェアした投稿

元プロ野球選手でタレント、スポーツキャスター、俳優の長嶋一茂さん。その父親は、元プロ野球選手、元監督の長嶋茂雄さんです。一茂さんは実は4人兄弟の長男で、妹の長島三奈さんも『熱闘甲子園』キャスターなどでも有名ですね。末弟には元レーシングドライバーの長島正興さんもいます。こちらも華やかな芸能一家といえます。

1位:Taka(ONE OK ROCK)・・・124人(30.3%)

この投稿をInstagramで見る

 

Taka(@10969taka)がシェアした投稿


世界的人気のロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルとして活躍しているTakaさん。その父親は歌手の森進一さん、母親も歌手の森昌子さんです。また弟のHiroさんは、ロックバンド「My first STORY」のボーカルとして活躍しています。

かつてジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「NEWS」の初期メンバーだったこともありましたが、事務所退所後、高校を自主退学して、現在の「ONE OK ROCK」に加入しています。

 

3:成功している女性二世タレントランキングTop5

では、成功している女性二世タレントには、どんな人がいるのでしょうか。同じく『Menjoy!』が20〜30代の男女409名を対象に独自に行ったアンケートの結果をご紹介します。

5位:神田沙也加・・・88人(21.5%)

この投稿をInstagramで見る

 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿

歌手で女優、声優、タレントとして活躍している神田沙也加さん。父親は俳優の神田正輝さん、母親は歌手の松田聖子さんです。

2014年公開のディズニーアニメ映画『アナと雪の女王』の日本語吹替え版アナ役を熱演。歌唱力や演技力がさまざまな面から高く評価され、さらに大きく注目を浴びることになりました。

4位:IMALU・・・98人(24.0%)

この投稿をInstagramで見る

 

IMALU / LULU X(@imalu_0919)がシェアした投稿

モデル、タレント、歌手として活躍しているIMALUさん。父親は大御所お笑いタレントの明石家さんまさん、母親は女優の大竹しのぶさんです。両親が芸能界の重鎮ということもあり、親の力ではなく自分の力で戦うために、23歳で母親の事務所から独立したそうです。

3位:松たか子・・・114人(27.9%)

この投稿をInstagramで見る

 

映画『ラストレター』公式(@lastletter0117)がシェアした投稿

女優や歌手として活躍している松たか子さん。父親は歌舞伎役者の二代目松本白鸚さん、兄は歌舞伎役者の十代目松本幸四郎さん。また姉の松本紀保さんも、女優として2013年度讀賣演劇大賞を受賞しています。

松さんも、2014年のディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版で主人公エルサ役の声と劇中歌「レット・イット・ゴー」を担当し、その多彩ぶりを広く知らしめましたね。

2位:宇多田ヒカル・・・130人(31.8%)

この投稿をInstagramで見る

 

Hikaru Utada(@kuma_power)がシェアした投稿

現在はイギリスに居住して活動を続ける歌手の宇多田ヒカルさん。その父親は音楽プロデューサーの宇多田照實さん、母親は歌手の藤圭子さんです。

デビュー曲「Automatic」から注目され、ファースト1stアルバム「First Love」は累積売上765万枚という、記録爆発的な売り上げ枚数を記録。「オリコン平成30年ランキング」のアルバム部門ランキングでは、輝かしい1位を獲得しています。

1位:高橋真麻・・・134人(32.8%)

この投稿をInstagramで見る

 

藤舎貴生(@kisho_tosha)がシェアした投稿


元フジテレビアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの高橋真麻さん。その父は、俳優の高橋英樹さん、母である小林亜紀子さんも、70年代には女優として活動していました。アナウンサーとしてフジテレビに入社する前から、親子で旅番組やグルメ番組に何度か出演しています。

 

4:知って驚く!実は二世タレントな有名人3選

続いては、あまり知られていないけれど、実は二世タレントだった!という有名人をまとめました。

(1)黒柳徹子

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿

女優やタレント、ユニセフ親善大使、エッセイストとして活動している黒柳徹子さんは、「徹子の部屋」や 「ザ・ベストテン」などのテレビ番組の司会者としても有名ですよね。また著書の『窓ぎわのトットちゃん』は800万部というベストセラーの日本記録を達成。そのほか、ちひろ美術館(東京・安曇野)の館長もしています。

そんな黒柳徹子さんの父親は音楽家で、「NHK交響楽団」の前身である「新交響楽団」のコンサートマスターも務めた、ヴァイオリニストの黒柳守綱さん、のちに、東京交響楽団のコンサートマスターも務めています。母親は声楽家でエッセイストの黒柳朝さんです。

(2)さかなクン

この投稿をInstagramで見る

 

さかなクンと秘密のラボ【公式】(@sakanakun_lab)がシェアした投稿

魚類学者、タレント、イラストレーターとして活躍しているさかなクン。魚についての生態や料理法について、豊富な知識をもつことで知られていますよね。
そんな彼の父親は、囲碁棋士の宮沢吾朗九段。タレントではないものの、有名人を親にもつ二世といえるでしょう。

高校3年生のときにテレビ「TVチャンピオン 第3回全国魚通選手権」で優勝してから「全国魚通選手権」で5連覇を達成し、殿堂入りを果たします。「さかなクン」という芸名は、その番組の司会をしていた中村有志さんが命名したものなのです。

(3)泉ピン子

女優として活躍している泉ピン子さんは、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などの代表作が数多くあります。父は浪曲作家である江口鉱三朗さん。その影響から芸能界を目指したともいわれています。

浪曲とは、三味線で伴奏しながら独特の節と語りで物語をすすめる語り芸のこと。実の母親は泉ピン子さんが2歳のときに亡くなられたそうですが、継母は浪曲師の三門お染さんです。

 

5:二世タレントは親とは違う才能を発揮している

二世タレントとして芸能界で活躍している人は多いですよね。幼いころから芸能界の英才教育を受けていると考えれば当然のことなのかもしれませんが、「親の七光り」などという言葉もありますし、親の名前があるからこそ、人知れず苦労したことも多かったのではないかとも考えられます。

二世タレント同士が結婚することも珍しくないので、今後は3世や4世もさらに出てくるかもしれませんね。