恋のなやみに効くメディア

ワックスの種類が多すぎ…自分に合ったおすすめワックスの選び方

並木まきM.Namiki

目次

隠す

1:ワックスの種類が多くて違いがわからない…

ヘアワックスというのは、手軽なヘアスタイリングのアイテムではありますが、その種類は豊富で、複雑化していますよね。

目指す仕上がりや自分の髪質によっても、選ぶべきワックスが異なります。ずっと同じタイプを使っているという人は、実は今のスタイリングや変化する髪質にあっていない可能性も……。とはいえ、どんなワックスにすればいいかは、いまいちわかりにくいという側面もあるでしょう。

そこで今回は、上手なヘアワックスの選び方をご紹介します。

 

2:ナカノのワックス以外にも名品はある!市販のレディースヘアワックスのおすすめ5選

高品質でプロにも愛用者が多いのがナカノのヘアワックス。「ヘアワックスといえばナカノ」とまで言われている老舗メーカーです。サロンなどで進められて以来、「ずっとナカノのワックスを使っている」という人も多いかもしれませんが、ナカノ以外にも名品はあります。

そこで今回は、数々のヘアワックスをお試ししている「一般社団法人 時短美容協会」代表理事の筆者が、髪質を問わずに使いやすい市販のワックスを5つご紹介します。

(1)ミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム

この投稿をInstagramで見る

 

株式会社 MILBON(ミルボン)(@milbon.corporate)がシェアした投稿


キュートなピンクのボトルがかわいい「ミルボン ジェミールフラン メルティバターバーム」。うねりや広がりを抑えるワックスとしての機能だけでなく、洗い流さないトリートメントとしても使えます。さらにはハンドクリームとしても使えるので、スタイリング後、手に残ったワックスもムダになりません。

(2)エニー ヘアクリームパテ

この投稿をInstagramで見る

 

Any[エニー]公式アカウント(@any_styling)がシェアした投稿


ウッディゼラニウムの香りが、大人のモテを演出してくれるアイテム。アホ毛の浮きをナチュラルに抑えられるクリームタイプ。柔らかい質感が特徴的で、ふわっとしたスタイリングづくりに役立ちます。

(3)無印良品 ヘアワックス・ソフト

ファイバータイプのワックス。毛先につけて、動きを出すのに使えます。名前は「ソフト」ですが、ホールド力が強いのが特徴。ユニセックスなシトラス調の香りなので、カップルで一緒に使うワックスとしてもオススメです。

(4)ザ・プロダクト ヘアワックス

100%自然由来原料のオーガニックワックス。髪の毛だけでなく、肌や爪、リップまでケアできる便利アイテムです。髪にツヤ感が出るので、乾燥が特に気になる時期のスタイリングにも重宝するでしょう。

(5)THREE ヘアケア&スタイリング クリーム

スタイリングしている間にもヘアケアができるクリームタイプ。のびがよく、べたつきにくいのが特長です。毛先など、部分的な動きを出したいときにぴったりです。

 

3:軟毛におすすめなのは?ワックスの種類と特徴5つ

(1)ボタニスト ボタニカルヘアバーム

この投稿をInstagramで見る

 

BOTANIST(ボタニスト)(@botanist_official)がシェアした投稿


べたっとさせずにまとまり感のあるスタイルに仕上がるワックス。軟毛さんでも空気感のあるスタイリングが叶います。

(2)コーセー スティーブンノルNY ディファイニング バーム

少量でよく伸び、軽やかなスタイリングが狙いやすい一品。軟毛の猫っ毛でも、程よく根元を立ち上げてくれます。

(3)マンダム ルシードエル ボリュームエアリーワックス

プチプラながら使い勝手のいいワックス。ベタつきを感じさせずにふわっとした自然なボリューム出しができます。

(4)コーセーコスメポート サロンスタイル ハードワックスミニ

ペタッとしがちな軟毛もしっかりホールドできるハードタイプ。自在なクセづけがしやすく、すぐに髪が寝てしまう猫っ毛女子のヘアスタイルを強力にサポートしてくれるでしょう。

(5)アリミノ スパイスチューブ W-ハード

ツヤを出しながら強力にホールドしてくれるワックス。まとめ髪など、アホ毛や後れ毛を出したくないときにも便利です。

 

4:ショートや前髪のポイントづけも!ワックスの付け方のポイント3つ

(1)少量ずつ使う

ヘアワックスを塗るときには、少量ずつ指先にとり、少しずつ付けていくと失敗がありません。塗ってからしばらくするとワックスが髪に馴染むので、その後「足りないかな」と思ったら付け足すくらいがベターです。

(2)全体にべったり塗らない

ボリュームダウンさせたい、うねりが気になる!というときに、髪全体にべったりとヘアワックスを塗ってしまうと、ベタつきやテカリの原因になりがちです。少し物足りないな……というくらい量がちょうどよく、清潔感のある仕上がりを約束してくれます。

(3)毛先はマスト!

毛先のパサつきを抑えるのもヘアワックスの役割。ツヤを出し、動きをつけるためにも、毛先には必ずヘアワックスをなじませましょう。

 

5:ヘアワックスで美人髪に!

自分の髪質に合うヘアワックスに出合えると、日々のスタイリングは格段に楽になります。みなさんもぜひ、お気に入りのヘアワックスを見つけて、さらなる美人髪を目指してくださいね。