恋のなやみに効くメディア

生セックスしたことある?ゴムなしエッチをしちゃった理由と男の心理

東城 ゆず。Y.Tojo

©gettyimages

目次

隠す

1:生セックスしたことある?

ピルを服用すれば、避妊の成功率は高まりますが、しかし、性病を防ぐことはできません。子どもが欲しい場合を除いては、何かとリスクがあって、『Menjoy!』でも警鐘を鳴らしている生セックス……。実際にしたことがある人は、どのくらいいるのでしょうか。

そこで今回『Menjoy!』では、20~30代の未婚の男女182名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「避妊具をつけずに性行為をしたことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・138 人(76%)

ない・・・44人(24%)

「ある」という人が大半という結果に。情報としては、つけるのは常識だし、つけなきゃいけないのは知っているけど、「ついうっかり」などが存在するのが実情でしょう。

 

2:リスクあるのに…生エッチしてしまった理由5つ

では、なぜリスクがあるとわかっていても、生エッチをしてしまうのでしょうか。その理由について周囲の人にリサーチしてみました。

(1)ムードを壊したくなくて

「それまでのムードが台無しになる気がしちゃうんです。盛り上がって、情熱的に求め合っているときほど、ゴムをつけてっていうと、そこで流れが止まるような気がして……。ふたりそろって、どこかで理性を働かせないといけない、あの盛り下がる感じが苦手なんです」(Mさん・28歳女性/事務)

(2)酔っていた

「以前、ワンナイトラブしたときに、つけないでしちゃったようです。普段エッチするときは、絶対につけてねって言ってるし、つけないとさせないのに。アルコールの怖いところですよね。その晩のことを何も覚えていないんです」(Hさん・32歳女性/アパレル)

(3)男性の言葉を真に受けて

「昔付き合ってた彼氏の“妊娠したら結婚する”っていう言葉を信じちゃったんですよね。私も彼のことが大好きだったし、そろそろ結婚したい気持ちがあったので“できたら産めばいいか”って、当時は軽い気持ちでしちゃってましたね。

でも結局そのあと、彼氏と別れているので、今では軽率な行動だったなって思います」(Sさん・35歳女性/看護師)

(4)感触の違いから

「ゴムの擦れる感じが、あんまり濡れにくい私には痛くてつらいんです。ゴムにローションがついたものも試してみたけれど、ひんやりとする感じがまた嫌だったんですよね」(Yさん・21歳女性/アルバイト)

(5)強く言えない性格

「気が弱くて、彼が避妊具をつけてくれないときも“つけて!”って強くは言えないんです。相手にうまく交わされて、やったあとに後悔する感じです。彼に嫌われちゃうような気がして、怖いからです」(Iさん・31歳女性/保育士)

 

3:男性に聞いた!ゴムなしエッチをしたがる心理5つ

男性の中には、女性が許してくれるなら、ゴムなしエッチをしたいと思う不届者もいます。その心理的理由はなんでしょう。

(1)ひとつになった感じがあるから

「直接、肌に触れ合う感じがあるので、ひとつになった感じがより強まると思う。彼女の濡れている感じとか、体温をより感じることができるし、僕はそれに興奮しやすいですね。彼女に受け入れてもらえた感じも嬉しい」(Uさん・27歳男性/自営業)

(2)子どもがほしいから

「何年も付き合っているのに、今は彼女は仕事に集中したいからと、結婚を受け入れてくれません。でも子どもができたら結婚してくれるかなと……」(Sさん・38歳男性/法律関係)

(3)ゴムを買うのを忘れたから

「彼女と気分が盛り上がって、エッチが始まってしまったのに“ゴムがない!”ってなって、つけずにしてしまったことは何回かありますね。一度ムラムラしたら、途中では引き返せませんから。ただ、彼女のことを考えると“軽率だった”と反省してますが……」(Wさん・25歳男性/アパレル)

(4)彼女を征服できる感じがいい

「他の男とエッチしたことはあっても、“ゴムなしなら、彼女も経験がないかな”って思っちゃうことがあります。思うだけで、実際にやったことはないですよ。でも、もし受け入れてもらえたなら、特別感は間違いなくアップするでしょうね」(Dさん・28歳男性/経理)

(5)避妊について間違った認識をしていた

「昔はいくときに外に出せば、避妊になると思ってたんですよね。本当にそう信じていたので、ゴムをつける理由がわからなかったんです。ムードは壊れるし、お金はかかるし。でも、今考えるとかなりリスクのあることをしていたなって思います。女性の体のことや妊娠について、無知だった自分を恥じました」(Kさん・31歳男性/インストラクター)

 

4:うっかり生エッチしちゃったときの対処法3つ

最後にうっかり、生でエッチしてしまったときにするべきことをまとめました。

(1)お互いに性病検査をする

ピルや避妊リングなど、男性ではなく女性が主体的に避妊することも一般的になりつつあります。しかし、男性器を覆うものがない場合、性病リスクは存在するということを意識しておきましょう。もしうっかりしてしまった場合は、とりあえず性病検査を受けることをおすすめします。

性病の中には自覚症状が出にくいものも多くあります。「自分だけは大丈夫」と思わず、自分の体に慎重になりましょう。

(2)アフターピルを処方してもらう

性病のほかに心配なのは、望まない妊娠です。生でエッチしてしまった場合、事後の避妊方法として、アフターピルを内服するという方法もあります。しかし、100%防げるというわけではないので要注意。「生エッチしても緊急避妊法があるから」と油断せず、まずは軽率な行動をしないことを心がけることも大切です。

(3)彼氏と真剣に話し合いをする

最後にお伝えしたいのは、避妊のことについて、パートナーと真剣に話すことです。パートナーのどちらかが、避妊をめんどくさがったり、軽く考えている場合、そのリスクについてしっかりと伝えて、今後について話し合いましょう。場合によっては関係性を見直すことも大切です。

妊娠をするのは女性側ですから、彼が軽く考えているようなら「大事にしてくれていない」と怒ることも必要。それに逆上するような彼の場合は、今後のお付き合いについて自分の中でも再度考え直した方が良さそうです。

 

5:生エッチは然るべきタイミングで

愛し合っているふたりであれば、「より親密になりたい」と考えるのは自然なことです。しかし、一時の感情に流されてしまうことは、大人の行動とは言えません。然るべきタイミングで行うようにしてくださいね。