恋のなやみに効くメディア

前髪を立ち上げさせる方法は?かきあげ前髪で“大人っぽ”いい女になる方法

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:前髪立ち上げって?

「前髪を立ち上げる」とは、前髪を根元から立たせるスタイリングのことを指します。

前髪を立ち上げると、額と前髪に空間ができて、軽やかな印象になります。また立ち上げた前髪を左右のどちらかに流せば、顔の縦の長さが強調されて、面長っぽい、いい女風のニュアンスが出せるでしょう。

 

2:前髪立ち上げに必要な物5つ

前髪立ち上げは、特別なアイテムやテクニックがなくても、簡単にできます。まずは必要なアイテムから見ていきましょう。

(1)ドライヤー

 

前髪を立ち上げるには、ドライヤーの温風で髪のクセ付けをし、そのあと冷風をあててしっかりセットするのが基本です。ピンポイントに温風を当てられるタイプが理想的でしょう。

(2)ヘアアイロンorコテ

きっちりと前髪の生え際を立たせるようにクセづけをするならば、ヘアアイロンやコテがあると便利です。細かい作業がしやすい細いヘアアイロンも多くでています。

(3)ロールブラシ

立ち上げたあと、降ろし前髪にするときには、ロールブラシがあると便利です。ロールが大きいほうが、おでこと前髪に空間が作りやすいです。

(4)マジックカーラー

いまどき感のあるふんわりやわらかな印象の立ち上げ前髪をつくるなら、太めロットのマジックカーラーがあると便利。つけたまま両手が空くので、別のことをしたり、寝っ転がったりできるのも嬉しいですよね。

(5)スタイリング剤

スタイリング前に使うスタイリングウォーターやカールウォーター、仕上げに使うヘアワックスやヘアスプレーなど、前髪の立ち上げてしっかりキープするには、スタイリング剤も欠かせません。

 

3:前髪立ち上げのやり方5つ

(1)ドライヤーのみで立ち上げる

もっとも簡単なのが、ドライヤーのみで前髪を立ち上げる方法。熱風を前髪の根元に当て、手ぐして流したい方向にとかしていきます。

(2)ドライヤーとロールブラシで立ち上げる

おろした前髪の根元に立ち上げをつくるなら、ドライヤーとロールブラシを使いましょう。おでこと髪の間にロールブラシを入れ、前髪の根元をロールブラシに絡めるようにしてドライヤーの熱風を当てます。そのまままっすぐ、毛先まで回転させながら熱を当てていくと、立ち上がりのある、くるんとした前髪になります。

(3)ヘアアイロンやコテで立ち上げる

ヘアアイロンやコテを使って前髪を立ち上げる場合には、立ち上げたい角度によって、外巻きにするか、内巻きにするかのいずれかを選びましょう。より高く、垂直めに立ち上げたいときには外巻きに、軽くて生え際のみを立ち上げたいときには内巻きがベターです。

いずれの場合も、生え際ギリギリからプレートを当てるようにするのがポイント。やけどには注意が必要です。

(4)カーラーを使って立ち上げる

カーラーを使って前髪を立ち上げる際には、ホットカーラーが早いです。毛先からクルクルとカーラーに髪を巻きつけ、根元ギリギリまでしっかりと巻き込んでいきましょう。一定の時間を置いたのち、カーラーを外して、手ぐしでほぐしながら整えて完成です。普通のカーラーの場合には、巻いた後にドライヤーで熱を当てると、早くクセづけできます。

(5)手ぐしで立ち上げる

手元に道具が何もない場合、手ぐしオンリーでもできなくはありません。前髪の生え際部分を後頭部の方向へ倒すようにして、手のひらの熱を与えながら、前髪をクセづけをしていきましょう。

 

4:かきあげ前髪が似合わない?理由3つ

(1)おでこが広い

もともとおでこが広いと、かきあげ前髪によって、広いおでこが強調されてしまいます。この場合には、おでこに落ちてくる前髪の量を多めにしたスタイリングがベストです。

(2)面長が目立つ

前髪を立ち上げた角度によって面長が強調されてしまい、これが「似合わない」を招いている可能性もあります。面長さんが前髪を立ち上げる際には、サイドにふんわりとしたボリュームを出すなど、横のラインを強調するようなスタイリングにするといいでしょう。

(3)髪が硬い

髪が硬い場合、ふわっとした立ち上がりにならず、直線的になってしまい、いまどき感のある前髪にならないケースもあります。この場合、パーマをかけたり、髪をふわっとスタイリングできる整髪料を使うなどして、エアリー感を出してみましょう。

 

5:前髪を立ち上げるのは簡単!

前髪を立ち上げるスタイリングは、慣れてしまえば簡単! 正面からだけでなく、横顔でも美人ニュアンスを作ってくれる立ち上げ前髪は、モテを狙いたいときにも使えます。ぜひチャレンジしてみてください。