恋のなやみに効くメディア

褒められたときの返事は「ありがとう」が適切?褒められ上手になる方法

青木 エイミーA.Aoki

目次

隠す

1:褒められるとつい否定しちゃう…

褒められるとついつい照れてしまう人は多いですよね。恥ずかしさのあまり「そんなことない!」と強く否定してしまったりする人もいるのではないでしょうか。

ですが、あまりに過剰反応をしてしまうと、モテからは離れてしまいます。また、場合によっては面倒臭い人だと思われてしまうことも。こういうとき、かわいい返し方ができるといいですよね。

 

2:褒められたときの返事はありがとうでいいの?褒められ上手な返し方5つ

褒められたとき、その返しは「ありがとう」でいいのでしょうか。なんか、調子に乗っているような感じがして気が引ける、という人もいるでしょう。そこで、人から好感を得られやすい返しを紹介します。

(1)「えへへ…ありがとう」

「女の子を褒めるのって、慣れていない限り男にとって、かなり勇気のいることなんですよね。だから、当たり前のように受け取られたくないし、かといって、めちゃくちゃ否定されるのも嫌。

ちょっと照れた顔が見たいので、“えへへ”なんて照れつつ、“ありがとう”って素直に受け取ってくれたら嬉しいですね」(Mさん・23歳男性)

(2)「嬉しい!」

「褒めるときは、その人の喜ぶ顔を思い浮かべます。“この褒め方であっていたかな”なんていう不安もちょっとはあります。

だから、“嬉しい!”って気持ちを表現してくれると、こっちとしては安心するし、言った甲斐があるなと思います」(Sさん・28歳男性)

(3)「これからも頑張ります!」

「洋服などを褒めたときに、“これからもいろいろおしゃれしてみるね”って言われたら、私が言ったことがプラスのきっかけになるかもって思えて、嬉しくなりますね。

仕事でも褒められたときには、“これからも、もっと頑張ります”って言えば、“こいつは褒めて伸ばすぞ”と思ってもらえるのではないでしょうか」(Aさん・24歳女性)

(4)調子に乗りすぎず謙虚に受け止める

「謙虚すぎるのもダメですが、調子に乗られるのもウザいですよね。

お礼を言いつつ、あくまでも謙虚に控えめに喜ぶのがちょうどいいと思います。特に目上が相手なら、私はこれからも精進するというつもりで、謙虚に受け止めたいですね」(Oさん・28歳女性)

(5)相手のことを褒め返す

「褒める人って少なからず、こっちもなんか褒めてくれないかな〜って期待していると思うんですよね。目上の人が相手ならアウトだけれど、対等な関係なら、褒め返しっていうのも大事なことだと思います。

“ありがとうございます”ってあっさり受け取りつつ、“〇〇さんもこういうところ、とってもすてきですよね”ってサラッと返せたら、仲が深まると思います」(Kさん・25歳男性)

 

3:褒められる人は褒め上手!喜ばれる褒め言葉5つ

褒められる人は褒め上手だと言われています。褒められたらお返しをしなきゃ……と思うもの。そこで、上手な褒め返しをご紹介します。

(1)具体的に褒める

漠然と褒めらると、「無理やり褒めるところを探したの?」と思われてしまうこともありますよね。

褒めるのであれば、やはり具体的に褒められたほうが嬉しいものです。また、外見だけでなく、内面を褒められると、喜ぶ人は多いでしょう!

(2)あまり人が褒めていなそうなところをチョイス

とびきりの美人に「きれいですね」と言ったとしても、さらっと流されてしまいがち。その人の心にはあまり残りません。

それよりも、普段あまり人に褒められなそうな部分を褒めると、「自分ってこんないい面もあったんだ」「こんなところまで見てくれてたんだ」と思うことが多いです。人からあまり褒められていなさそうなところを褒めてみましょう。

(3)「羨ましい」はキラー褒めワード

「こういうところがすてきですよね」という褒め方をする人が多いと思われますが、あえて「こういうことができて羨ましい」と言ってみましょう。

相手に素直な印象を与えることができますし、だからこそ思ったままのことをストレートに褒めてくれたと感じさせることができます。

(4)質問形式で褒める

「どうしてそんなに○○なんですか?」というように、質問形式で褒めるのもひとつの方法です。これまで努力してきた過程などを話してくれたら、話の話題にもなりますよね。

もしかしたら、コツや努力の方法を教えてくれるかもしれません。そうしたら、自分も見習って磨くことができて、良いですよね!

(5)相手のいないところで褒める方法も…

褒めようと思っても、とっさに褒める言葉が思いつかない場合もあるでしょう。タイミングを逃してしまった場合には、相手のいないところで褒めてみてはいかがですか? 本人のいないところで褒めると好感度が上がりやすくなりますよ!

 

4:褒められるを英語で言うと?類語や「誉める」との違い

「褒められる」は英語で「be praised」と表現することができます。これは「褒める」を表す「praise」の受動態です。

そのほか「褒め言葉」という意味の「compliment」を使われます。例えば、「My boss gave me compliments!」で「上司に褒められちゃった!」となります。

ちなみに、「褒める」に似た日本語に「讃美」「賞揚」「礼讚」などがありますが、同音異義語の「誉める」は「褒める」とニュアンスが異なります。

「褒める」というのは行いなどに対して個人から個人に贈る言葉ですが、「誉め」るは、勝利や受賞といった偉業をみんなで讃えることで、周囲から個人に対して贈る言葉という点で違いがあります。

 

5:まとめ

上手に褒められつつ、褒め返すことができるようになるといいですよね。

ただし、目上の人を褒めるのは評価することにつながるため、良くないとされることが多いので要注意! 褒めテクニックは、タイミングやシチュエーションを考えて使うようにしましょう。