恋のなやみに効くメディア

岐阜弁ってどんな言葉?マネしたくなる岐阜弁一覧と岐阜出身の芸能人

水野 文也F.Mizuno

目次

隠す

1:岐阜弁ってどんな言葉?関西弁との違いは

岐阜弁は、文字どおり岐阜県で話される方言のことを指しますが、県内地域でもビミョーに異なり、南部の「美濃弁」と北部の「飛騨弁」と分けられます。注目されるきっかけになったアニメ映画『君の名は。』やNHK朝ドラの『半分、青い。』では、北部の「飛騨弁」が使われました。

地理的には、内陸部でかつ東日本の方言と西日本の方言の間に位置するため、周辺の方言の要素が複雑に絡み合い、それが独特の味わいを醸し出しています。

他の地域の人には、関西弁と名古屋弁が混ざった感じに聞こえるかもしれませんね。

語尾は、何となく関西弁なのに、イントネーションは関東の言葉に近い。関西の人からすれば「なんや、あれ、エセ関西弁ちゃうか」と思われそうですし、関東の人には「こっちに合わせようとして、関西弁が抜けてないね」と言われそうです。

 

2NHK朝ドラ『半分、青い。』でも使われた!マネしたくなる岐阜弁一覧

それでは、具体的に岐阜弁を紹介してみましょう。

1)「~やし」

標準語の「~だし」にあたります。正確には、接続詞の「だから」なのですが、語尾に使うと、意思を示す表現になります。「だし~」というより、言い方がマイルドで、それを強調したいときでも、トゲトゲしさがなくていいですよね。

岐阜弁「あの人のこと大嫌いやし」

標準語「あの人のこと大嫌いだし」

2)「~やら、~やん、~やろ、~やお、~やわ、~やて」などなど

標準語で「だ」にあたるものですが、岐阜弁では「やし」もそうなのですが、「や」を語尾に挟んで使うことが多いようです。これが、岐阜弁はやわらかいとの印象を強くしているのかもしれません。

「~やろ」などの多用は関西弁に近いですが、岐阜弁はビミョーなニュアンスの違いによって使い分けられている様子。その汎用性の高さが注目できます。

岐阜弁「だもんで、言ったやら」

標準語「だから、言ったでしょ」

ちなみに、「~もんで」は標準語の接続詞「~から」に相当する、よく使われる表現です。

相手に告白するとき、東京では「好きだよ」、大阪では「好っきやで」となるところ、岐阜では「好きやお」。濁点がないところから耳ざわりも良く、そう言われると思わずキュンと来ちゃいそうですね。

3)「~しとる」

標準語で「~している」を「~しとる」と表現します。過去形では「~しとった」、否定形は「~しとらん」となります。

岐阜弁「言っとる意味がわからん」

標準語「言っている意味がわからない」

4)「ようけ」

「ようけ」は標準語の「たくさん」です。これは関西でもおなじみ。名古屋弁にもありますが、関東では使われません。「たくさん」以外でも、「よく」という頻度や度合いを表す意味でも使われます。

岐阜弁「小さいころから、ようけ知っとる」

標準語「小さいころから、よく知っている」

(5)「かう」「つる」「えらい」など

これらは、標準語とまったく意味が異なるため、勘違いしやすい表現です。

岐阜弁    標準語

「かう」 → 「閉める」

「つる」 → 「移動させる」

「えらい」→ 「疲れた」「大変」

「鍵をかう」は鍵を買うのではなく「鍵を閉める」なのです。

 

3:岐阜弁で話すのを聞いてみたい!岐阜出身の芸能人3選

1)伊藤英明

映画『海猿シリーズなどでおなじみの伊藤英明さんは、高校生までを岐阜県で過ごしたそう。背が高くて二枚目の伊藤英明さんに「好きやお」などと言われたら、シビれてしまうかもしれませんね。

2)清水ミチコ

ものまね女王として知られるお笑いタレントの清水ミチコさんは岐阜県高山市の出身。岐阜弁でいろんな人のものまねをしてもらったら、岐阜弁の市民度はもっと上がるような気がします。

3)伊藤寧々

乃木坂46のメンバーだった伊藤寧々さんは、岐阜市の出身。かつては「FC岐阜」のチアリーダーをしていたそうです。今でもFC岐阜の応援マネージャーを務めているということで、岐阜の顔と言えるかもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤寧々 Nene Itoさん(@12neneito12)がシェアした投稿

 

4:まとめ

来年2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公・明智光秀は美濃の人間、つまり岐阜人ですので、1年を通して岐阜が脚光を浴びるかもしれません。だもんで、来年は岐阜弁に関心が集まることは間違いないやら。