恋のなやみに効くメディア

ダイエットが辛い…そんなときの対処法!ダイエットが続かない理由と食事

並木まきM.Namiki

©gettyimages

目次

隠す

1:ダイエットが辛くて続かない!

ダイエットをしても、「辛くて続かない……!」と感じる場合も少なくないですよね。

「お腹が空いてつらい」「お菓子が食べられなくてつらい」など、つらさを感じるポイントは人それぞれですが、ろくに「食べたいものを食べられない」ことによるストレスで、ダイエットに挫折する人もめずらしくありません。

 

2:ダイエットが辛い…辛さを乗り越える対処法5つ

(1)運動をして食欲から気を紛らわす

「お腹が空いたのに食べられない」「食べたいものを食べられない」など、食べ物のことを考えてしまうと、ダイエット中のつらさが増します。

そんなときは運動をして気を紛らわすのがおすすめです。軽くジョギングしたり、筋トレしたり……食べ物に意識を向けないようにすることで、つらさを乗り越えましょう。

(2)ダイエット中であることを過剰に意識しない

「今はダイエット中!」と、常に自分に言い聞かせてしまうと、無用なストレスを生んでしまいがち。「ダメと言われると余計に食べたくなる……」という状態になってしまいます。

ダイエット中であることを過剰に意識しすぎないことも、ストレスを減らすのに有効です。

(3)入眠時に空腹にしすぎない

周囲をリサーチしてみると、寝る前に空腹感が強いと、なかなか寝つけずに余計にダイエットの辛さを痛感するとの意見が多数!

寝る直前の食事はダイエットの大敵ですが、入眠時に空腹になりすぎないよう、食事のタイミングを配慮すると、つらさを軽減できます。

(4)無理のない継続できるダイエット計画を立てる

激しい運動をしているのに、ふらふらになってしまうほどに低カロリーな食事を続けていれば、それは不健康なダイエットになってしまいますし、続きません。

無理なく、継続できるようなダイエット計画を立てることも、辛くないダイエットには不可欠です。

(5)飲み会など外食のお誘いを断る

友達と食事に行ったり、飲みに行ったり……。外食や飲み会には、お酒やカロリーの高い料理など、ダイエット中に避けたい要素がたくさん。

「参加はするけれど、飲食はしない!」と意を決して出席しても、目の前にある料理やお酒を我慢するのは辛いもの。いっそのことダイエット中は飲み会の席はなるべく断ることも大切です。

 

3:食事制限が辛い…ダイエットが辛くて続かないのはなぜ?その理由3つ

(1)無理な計画を立てているから

「何がなんでも5日間、断食する」というような無謀な計画を立ててしまうと、ダイエットは過酷なものになりがち。またこういった無理なダイエットは健康を害する可能性があるうえに、リバウンドしやすく、いいことはひとつもありません。

自分の体調やライフスタイルと相談し、無理のない範囲で計画を立てることが、ダイエットを続ける最大のコツです。

(2)自分に合っていないストレスフルなダイエット法を実践している

世の中にはさまざまなダイエット法があふれていますが、やはり大事なのは継続すること。そして、継続させるには自分に合った方法を実践することが大切です。そこまで運動が得意でない人が、運動をメインとするダイエットを始めたり、食べることが大好きな人が食事制限ダイエットをしたりすると、ストレスを多く抱えることになりがちです。

自分の性格や環境に応じた、行いやすいダイエット法を模索しましょう。

(3)始めるタイミングも重要!

体調がすぐれない時期や、仕事の会食や出張が続いているシーズンなど、ダイエットに適さないタイミングで開始してしまうと、どうしても続けにくくなってしまいます。

長期休暇中など、比較的「ダイエットがつらい!」と感じにくい時期を選ぶことも、続けやすさの秘訣でしょう。

 

4:短時間でできる!ダイエット中のおすすめの食事メニュー3選

(1)蕎麦を使った料理

低GI値の食品として知られている蕎麦は、脂肪を体に蓄積させにくい食材として知られています。

しかも歯ごたえがあって、食べ応えもあるので、満足度は高め。ダイエット中にも最適の食材です。

(2)根菜類を使った味噌汁

腸内環境の改善にアプローチできる食物繊維が豊富に摂れる根菜類は、太りにくく食べ応えがあるために、ダイエット中に積極的に摂りたい食材です。

根菜を味噌汁に入れれば、栄養不足に陥りがちなダイエット中でも、発酵食品である味噌を摂れるうえに、必要な食物繊維も手軽に摂取できます。

(3)お粥

ダイエット中に「どうしても白米が食べたい!」と思ったら、お粥を食べて満足度を上げるのも方法です。

お粥は水分が多いため、同じ量を食べても一般的な白米に比べてカロリーが低く、当然ながら、水分を多めにするほどお茶碗1杯あたりのカロリーを抑えられます。

少量でも満足度が高い食事ができるので、白いご飯が食べられないことによるストレスを感じたときにおすすめです。

 

5:辛いものでダイエットできるって本当?

「辛いものを食べると痩せる」と言われるのは、辛み成分であるカプサイシンなどが、代謝をアップさせる働きをもっているから。

しかし「ダイエットできる」「痩せる」とまで言い切れるかは微妙なところ。

それに、辛いものは胃腸への刺激が強いので、食べすぎると体調を崩す原因にもなりかねません。ほどほどにしておくのがいいでしょう。

 

6:ストレスのないダイエット計画で無理なく痩せよう!

ダイエットを続けるのが「きつい」「つらい」と感じる人は、自分に合った無理のない計画を立てるところから始めてみましょう。

ダイエットを開始すると、つい早く結果を出したくなりますが、短期決戦ではなく、中期的・長期的なダイエットを計画することが大切です。