恋のなやみに効くメディア

「搦手」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

橘 とも実T.Tachibana

【問題】「搦手」って正しく読めますか?

んー、これはテクニック的やつでしょうか? ゴッドフィンガー的な? なんかエロい手の動きが想像できそうな漢字です。

「おぼれて」でしょうか? 「ねえ、たまには大人の恋におぼれてみたら……」なんていうセリフ、言ってみたい! 言われてみたい!

毎度実は不安なのですが、この記事を読んでいる人は、ちゃんとついてきてくれているんでしょうか? 「ホントに何言ってるのかワカラナイ……」って、大半の人は思っているような気もしますが、今回もピンク色の妄想は見果てません。

 

ヒント1

「搦」は、普段よく使う漢字の旧字です。送り仮名は「める」。

ヒント2

合戦の際に敵の背後から襲うことをそう呼んでいたそうです。

 

「生簀」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】

 

気になる正解は…からめて!

ちなみに、正しい意味はこうです!

からめ‐て【搦め手】

《「からめで」とも》

1 城やとりでの裏門。陣地などの後ろ側。⇔大手。

2 相手の弱点。相手が注意を払っていないところ。「搦め手から批判する」

「―の妻の冬子を攻落して」〈二葉亭・其面影〉

3 城の裏門や敵陣の後ろ側を攻める軍勢。⇔大手。

「―の大将軍は九郎御曹司義経」〈平家・九〉

4 敵や罪人を捕縛する人。とりて。

「―四方を巻きて攻むるに」〈著聞集・一二〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)

よく戦国ものの時代劇なんかのときに「殿、搦め手から火が上がっております」とか「搦め手より軍勢が! ここは拙者が食い止めますので、お逃げ下さい」なんて言いますよね。

しかし意味を見てみると、「相手の弱点」なんていう説明がありますね。うん、ゴッドフィンガーと通じるものはある。後ろから攻めるなんて、ズルイ♡

 

「漏斗」って読める?【ちょっぴりオトナな漢字クイズ】