恋のなやみに効くメディア

ファッションホモとは?腐女子を狙う“自称・腐男子”たちの実態5つ

桃倉ももM.Momokura

目次

隠す

1:ファッションホモとは?

最近では、少しずつではありますが、同性愛者であることをカミングアウトできる環境も広がっていますし、わざわざ告白しなくても、仲良しの友達なら、自然とそれを受け止めているというケースも少なくありません。

しかし、恋愛対象が女性であるにも関わらず、女性に興味がないフリや、同性愛者を演じる男性も同時に増えているのです。そして、そのような男性を「ファッションホモ」と呼んでいます。

「ファッション」、つまりそれは彼らにとって本質ではなく、あくまで「フリ」なのです。その理由はさまざまで、中には仕事に繋がっているなどという理由から、それっぽく見せているだけという人もいますが、女子を騙して襲うために演じている男も……。

特に、BLの世界に興味が強い腐女子たちが狙われがち。男性に過激なスキンシップを取って、それっぽく振舞うも、それは男子の生態に免疫の少ない女子を手に入れるためのフリにすぎません。

 

2:腐女子は要注意!ファッションホモの特徴・手口5つ

では、いったいどのようにして女性に近づくのでしょうか。

(1)SNSナンパ

 

「昔、Twitter上でゲイだという人と知り合い、しばらくメールでのやりとりをしていました。メールでは本当に女の子のように可愛いもの好きで、すぐに気を許してしまいました。

そして実際に会うことになったんですが、私の家に来たいと言われて。さすがにどうだろと思ったんですが、大丈夫かなって思っていたら、襲われてしまいました……。警戒心のなかった私も悪いですが、酷い話ですよね」(Aさん・24歳女性)

SNS上で同性愛者を演じるのは現実よりも簡単。極端に言えば、プロフィールにひと言書いておけばいいだけのこと。そうして「この人は大丈夫」と女性を油断させて近づき、実際に会おうというのが彼らの魂胆なのです。

(2)過激なアピール

 

「知り合いの男性なんですが、女の子が大好きなくせに、同性ともイチャイチャするんです。なんでそんなことをするのか聞いたら、女性がキャーキャーいって、近寄ってくるからだと言っていました。そのアピールは単なるパフォーマンスなんですよね」(Nさん・26歳女性)

ファッションホモは、男性とのイチャつきをSNSに載せたり、人前で普通に男性とキスをしたりと過激にアピールをします。でも、本当に恋愛対象が同性の場合、気易く人前でキスをすることができるでしょうか。もっと慎重に、本気で恋するに決まっています。

男性同士のイチャイチャは腐女子を釣るための餌でしかないのです。

(3)二丁目に誘ってくる

「昔、バーで飲んでいたら、女装家をしているという男の人と仲良くなって、新宿二丁目を案内してもらったんです。

服装もバッチリ女性で、髪も綺麗に伸ばしていてきれいな男性でしたが、帰り際になって、“実は女もいけるんだよね~、久しぶりにやりたい♡”と言われてゾッとしました」(Mさん・24歳女性)

ファッションホモはすぐに「二丁目案内するよ~」と言って、飲みに誘ってきます。さまざまなマイノリティを受け止めてくれる街だからと安心させているつもりなのでしょうが、まったくそんなことはなく、実際はノンケも多いのです。

(4)ボディタッチが激しい

「自称ゲイな会社の先輩は、ことあるごとに私の体を触ってくるんです。例えば、昼休み終わりに、今日はお腹出てないね~、とかいって……。

かなり堂々と触ってくるし、まぁ、ゲイだからいっかと思って流してたんです。でも、他の女の子がその人に襲われそうになったという話を聞いて、ホントにぞっとしました」(Oさん・27歳女性)

ファッションホモは自分のことを「ゲイだから」「女の子に興味ないから」と言っては、やたらと女子を触ってくることも。

(5)相談に乗るふりをして…

「ゲイだと言っていた男友達がいたんです。私が失恋したときに、いろいろと相談にのってもらって、気持ちも理解してくれたし、すごい優しくて。流れで一緒の部屋に泊まることになって、添い寝することになったんです。

そしたら夜中、気づいたら体中を触られていて……。そのとき、実は好きだったって告られたんです。失恋直後だったし、友達だと思っていた人に裏切らた気持ちにもなったし、メンタルがズタズタでした」(Tさん・26歳)

ファッションホモは、女心が分かるという触れ込みで、相談に乗るふりをして近づいて来ます。しかしそれを信じ込み、弱みに付け込んでくるのが彼らの手口なのです。

 

3:まとめ

ゲイだと偽って女性に近づいてくるファッションホモのやり口は、どこかフェイクな要素を抱えているため、悪質なものだともいえます。また、そういった性的なマインドについて、ウソをついたり、目的があってグレーにしているのというのは、失礼な話。

女性のみなさんは、ファッションホモにはくれぐれも気を付けてくださいね。