恋のなやみに効くメディア

恋愛映画のおすすめランキング!新しい作品から普及の名作まで…泣ける大人の映画25選

月野 はるH.Tsukino

©gettyimages

目次

隠す

1:邦画も洋画も!泣ける恋愛映画が知りたい

泣ける恋愛映画を見て、思いっきり共感したり、心を動かされたりしたい……! 大人になれば、そんな日もありますよね。

そこで今回は、思わず号泣しちゃうものから、胸がキュンキュンと鳴り止まないものまで、大人の女性に聞いたおすすめ恋愛映画を洋画、邦画に分けてランキング形式でご紹介します!

 

2:アラサー女子に聞いた!大人の恋愛映画のおすすめランキングベスト10【洋画編】

今回『Menjoy!』では、25~34歳のアラサーの女性167名を対象に、独自のアンケート調査を実施。おすすめの大人の恋愛映画教えてもらいました! 結果のトップ10をご紹介します。

第10位(同率):P.S.アイラヴユー・・・4人(2.4%)

最愛の夫であるジェリーを亡くした主人公、ホリー。悲しみにくれる彼女の30歳の誕生日に、生前のジェリーからギフトが届きます。その次の日から届く彼からの手紙に生きる希望を見つけ、成長していくという物語。

大切な人をくした女性が立ち直っていく姿には、勇気がもらえます。

第10位(同率):キューティ・ブロンド・・・4人(2.4%)

この投稿をInstagramで見る

 

Reese Witherspoon(@reesewitherspoon)がシェアした投稿

ちょっぴりおバカな主人公のエルは、上院議員を目指す彼氏に「ブロンド女は議員の妻にふさわしくない」とフラれてしまいます。それでも彼を諦められない彼女は猛勉強し、彼と同じハーバード大学のロー・スクール入学。最初は派手なファッションや突飛な言動で笑いものになってしまうエルですが、頭のカタい人たちにはない発想で周囲を圧倒。彼氏もどんどんエルに惹かれていって……。

コメディタッチでありながら、グッとくるところもちゃんとある名作。彼氏にフラれたり、恋愛がうまくいかなかったりして悩んでいるときにはぴったりの作品です。

第8位(同率):プリティ・ウーマン・・・5人(3.0%)

たまたま出会った実業家とコールガールが、身分の違いを乗り越えて、次第に本気の恋に落ちていくというシンデレラ・ラブストーリー。自分の信念をもつ女性のカッコよさや、お互いの立場を考えながらも惹かれていってしまうという恋愛の様子……。恋をしたときあるあるがステキに描かれていて、何度みてもうっとりしてしまいます。

第7位(同率):ラ・ラ・ランド・・・5人(3.0%)

アカデミー賞13部門ノミネートという評価が物語るように、映像、音楽、ダンス……すべてが魅力的な、ロマンチック・ミュージカル映画です。

夢や仕事、恋愛……たくさんのものに悩みながらも精一杯進んでいく主人公に共感する女性も多く、特にラストは、思い出すだけで涙が止まらない名シーン。ネタバレになってしまうので語れませんが、恋した人ならば誰でも一度は経験した感情が、胸をギュッと締め付けます。

第6位:50回目のファースト・キス・・・6人(3.6%)

記憶障害により新しい記憶を1日で失ってしまうルーシーと、そんな彼女に恋をしたヘンリーの、ハワイを舞台にしたロマンチックラブストーリー。毎日、初対面から恋をはじめ、愛の告白をして、ファーストキスをします。

「誰かを愛したい、そして愛されたい」と強く思い、自分の恋も頑張ろうという勇気をもらえる映画です。2018年には山田孝之さんと長澤まさみさんの主演でリメイクされた映画が日本で公開されました。

第5位:セックス・アンド・ザ・シティ・・・ 9人(5.4%)

この投稿をInstagramで見る

 

Sex And The City. New York.(@sexandthecity_newyork)がシェアした投稿


オシャレと恋愛の街・NYに暮らす、4人の独身女性の恋愛や事件をスタイリッシュに描いた作品。ドラマが世界的な人気を博し、映画化。映画では、くっついたり別れたりを繰り返していた主人公のキャリーが、ビッグとついに結婚……というストーリー。

結婚式が近づくにつれてどんどんすれ違っていくふたり……。傷つくキャリーに共感して、涙があふれてくるとともに、女友達のありがたさを痛感します。

第4位:ブリジット・ジョーンズの日記・・・10人(6.0%)

原作の小説も人気が高いですが、映画のほうが100倍面白いと評判の作品。冴えない生活を送る32歳のブリジット・ジョーンズを、レネー・ゼルウィガーが好演。不器用ながらも、恋に仕事にと頑張る姿は、まさにアラサー世代の等身大。ちょっぴり切なくて、でも見終わった後はグッと元気になれます! 恋愛エネルギーを失いかけたときにも効きますよ。

第3位:きみに読む物語・・・12人(7.2%)

愛し合っているのに決して結ばれてはいけない身分違いのふたり……。「予告編だけでも泣ける!」と話題になった、珠玉のラブストーリーです。身分違いの純愛というのは、女子の大好物のひとつ。「こんなにも愛されてみたい」「ピュアな愛がしてみたい」という夢を叶えてくれる作品ともいえます。

第2位:タイタニック・・・29人(17.4%)

この投稿をInstagramで見る

 

Titanic(@titanicmovie)がシェアした投稿


こちらも貧しい青年と上流階級の娘との身分違いの愛を描いた作品。『アバター』に抜かれるまで、映画史上最高の世界興行収入を記録した大作で、壮大なセットと当時最先端だったCG映像の技術、さらには群像劇要素あり、パニック映画の要素ありで、いろいろなところに気持ちを持っていかれがちですが、改めて恋愛目線でみると、「めちゃくちゃいい映画だ~」と思えること間違いなしです。

第1位:美女と野獣・・・48人(28.7%)

この投稿をInstagramで見る

 

Beauty and The Beast(@beautyandthebeast)がシェアした投稿


ディズニーアニメーションの実写映画化で話題となった『美女と野獣』が1位に輝きました! 賢く美しい少女・ベルを演じたエマ・ワトソンほか、お城の家来たちもイメージ通りと、評判になりました。また野獣がほどよく優しく、かつ敵となるガストンはとことんクズに演出されていて、ラストまで少しもモヤモヤせずに、気持ちよく観られることもポイントでしょう。

 

3:アラサー女子に聞いた!大人の恋愛映画のおすすめランキングベスト10【邦画編】

次に邦画の恋愛映画ベスト10を紹介します。こちらも、アラサー女性167名を対象に、『Menjoy!』が実施した独自アンケートの結果をお届けします。

第10位:兄に愛されすぎて困ってます・・・5人(3.0%)

たくさんのイケメンに言い寄られて困っちゃう~!という、女性なら誰もが憧れてしまう王道のラブストーリー。最近ときめいていない……というアラサー大人女子が「こんなお兄ちゃんが欲しい!」「こんなキュンキュンする青春を送りたかった!」と大絶賛した作品です。

第9位:ヒロイン失格・・・7人(4.2%)

桐谷美玲さんが高校生の主人公を演じて話題になった、人気漫画を原作にした作品。自分が彼女になるに決まっていると根拠のない自信をもっていた幼馴染に彼氏ができてショックを受ける主人公が、「ありえないでしょ!」というくらい、猪突猛進しては失敗するラブコメディです。

何度でもドストレートにぶつかっていく主人公を見ていると、頑張る勇気が出てくるでしょう。

第8位:ただ、君を愛してる・・・10人(6.0%)

「生涯ただ一度のキス、ただ一度の恋」というコピーが象徴的な、ファンタジー性の強い、切ない恋の物語。このときのメガネボブの宮崎あおいさんが最高にかわいく、最高に切ない……。何も始まらない恋に疲れてしまったときには、自分を投影できる美しい映像の映画で昇華させるに限ります。

第8位:ハチミツとクローバー・・・10人(6.0%)

美術大学を舞台にした、男女5人の青春の物語。誰かが誰かに恋しているけど、全員が片思いで……。甘酸っぱい青春をたっぷり味わえる作品で、純粋な気持ちや若かったときの思い出などが蘇ること間違いなしです。

第8位:8年越しの花嫁 奇跡の実話・・・10人(6.0%)

結婚を目前に控えたある日、昏睡状態に陥った女性と、その後、何年も意識がない間も見守り続け、目覚めたあとも自分のことを忘れていた彼女を愛した男性との、切なくも感動的な作品。実話がベースになっているという点でも、驚きと感動がひとしお。

第5位:モテキ・・・13人(7.8%)

冴えない男性に突然訪れた「モテキ」が終わった1年後、再び新たな女性たちと接近し……。

森山未來さん、長澤まさみさん、麻生久美子さんなど、現代日本を代表する豪華キャストが集結。とにかく麻生久美子さんがイタく、長澤まさみはかわいすぎて、女子でも思わず悶絶。恋愛から遠ざかっている人も、もしかしたら明日突然モテキがくるかも……なんていう恋愛センサーを取り戻すきっかけになるかもしれません。

第4位:電車男・・・14人(8.4%)

大型ネット掲示板「2ちゃんねる」を舞台にした実話が基になった、オタク男子の初恋純愛ストーリー。電車で酔っ払いから助けた美人に恋してしまったオタク男子が、ネット掲示板で同志に恋愛相談をし、意見を聞きながらおそるおそる相手の女性との愛を育んでいくという物語。冴えないオタク男子を、山田孝之さんが好演しました。

第3位:君に届け・・・18人(10.8%)

多部未華子さんが主演の大ヒットコミックの映画化作品。「貞子」と呼ばれる地味で暗い女性が、恋の落ちるたのをきっかけに、どんどんかわいくなって、クラスメートともだんだん打ち解けていくという青春ストーリー。三浦春馬さん演じる風早くんが爽やかでカッコよくて……キュンが止まりません!

第2位:昼顔・・・21人(12.6%)

社会現象にもなったドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で引き裂かれたふたりのその後を描いた物語。上戸彩さんと斎藤工さんに、「最後は結ばれてほしい……」と願った人たちの度肝を抜いた、衝撃のラストは圧巻。不倫とは、愛とは、いったい何なのか……と思わず考えてしまいます。

第1位:世界の中心で、愛をさけぶ・・・26人(15.6%)

「セカチュー」という愛称が日本中に浸透したベストセラー小説の映画化。多感な10代に最愛の初恋の女性を亡くし、喪失感を抱いたまま生きている主人公を大沢たかおさん、その彼を静かに見守るように支ええる恋人を柴咲コウさん、そして、少年時代の主人公を森山未來さんが演じています。心に傷をもった恋人とどう接したらいいのか……そんなことも考えさせられる作品です。

 

4:いつまでたっても色あせない!恋愛映画の不朽の名作3選

時が流れても人の心に残り、いつまでも色あせない恋愛映画の名作を3つ、ピックアップしました。以前見たものも、大人になってから見ると感想が変わってくるかもしれませんよ。

(1)ローマの休日

窮屈な暮らしに辟易してローマの街へ繰り出した王女アンが、ひょんなことから出会った新聞記者と初めての観光を楽しみます。彼女が王女だと気づき、スクープを取ろうと目論んでいた彼も、ピュアなその姿に次第に惹かれていって……。

男性がキュンとなって恋に落ちてしまう女性の仕草も勉強になります。

(2)小さな恋のメロディ

思春期のふたりが織りなす、夢のような初恋の物語……。その恋の結末には、酸いも甘いも嚙み分けた大人であっても、心洗われる気分になります。日本でも大ブームになった作品です。

(3)ノッティングヒルの恋人

ハリウッド女優と冴えない書店店主の男性との恋愛が描かれた作品。運命的な出会い、甘い時間、別れ、そして愛の告白……。身分に関係なく、人を愛する姿など、見習いたい部分も多い作品です。1999年制作と、不朽の名作というにはちょっぴり新しいですが、ジュリア・ロバーツの圧巻の大女優感は圧巻ですし、頼りない男を演じさせると天下一品の、ラブコメの帝王とも名高いュー・グラントの魅力も炸裂。必見です!

 

5:邦画がいいの?高校生がデートで見るべき恋愛映画といえば…

高校生のデートといえば、おでかけついでの映画というのも鉄板ですよね。最近では、高校生の恋愛を描いた、漫画原作の胸キュン作品が多いすが、相手役の俳優さんがカッコよすぎると、デートが気まずくなってしまう可能性も。そういった恋愛モノの日本映画は、女子同志で見るほうが賢明でしょう。

一方、洋画の恋愛映画は重たかったり、ちょっとセクシー度が高いかも……。とくに単館系はその傾向が強いです。

明るく健全な高校生デートをしたいなら、ハリウッド系などのアクション映画などに散りばめられている恋愛要素くらいがちょうどいいのかもしれません。

 

6:まとめ

邦画・洋画のどちらにも、名作の恋愛映画というのはたくさんあります。大人だからこそ良さがわかる作品もあり、たとえ以前みたことがあっても、改めてみると、最初にみたときとは異なる感想を得られたり、自分の成長に気づけることもあるでしょう。