恋のなやみに効くメディア

日本の結婚率低下が止まらない!結婚率の低下の理由や未婚率の上昇の原因5つ

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:結婚率の推移を年齢別で見ると?

日本人の未婚率が年々上昇しているというのは、よく聞く話です。ですが、実際はどのくらい上がっているのでしょうか?

内閣府が発表している『未婚率の進行』によると、1985年には25~29歳男性のうち60.6%が、30~34歳男性では28.2%、35~39歳男性では14.2%が未婚でした。

それが、2015年では25~29歳男性の72.7%、30~34歳男性の47.1%、35~39歳男性の35.0%が未婚に。

つまり、20代では約12ポイント、30代前半と後半では約20ポイントづつ増えたということです。

一方、女性の場合はどうでしょうか。

1985年には25~29歳女性で30.6%、30~34歳女性が10.4%、35~30歳女性が6.6%が未婚でした。それが2015年になると、25~29歳女性では61.3%、30~34歳女性では34.6%、35~39歳女性では23.9%が未婚です。

1985年の時点では、29歳までに約70%が、また34歳までには約90%が結婚していたのに、2015年になると、30歳までで結婚していない人が6割を超え、30代前半になっても約65%の人が結婚しておらず、40歳手前まででようやく既婚が80%を超えるという結果になっています。

 

2:未婚率が上昇している原因5つ

結婚率が低下し、未婚率が上昇している原因はなんなのでしょうか? 一般的に言われていることを見ていきましょう。

(1)女性の仕事への意識の変化

まず思いつくのは、女性の社会進出が進んでいることでしょう。少し前は女性は結婚したら仕事を辞め、専業主婦になって子供を育てるというパターンが一般的と言われていました。ですが、今では当然のように女性も社会で活躍していますし、仕事を生きがいと感じている女性も増えています。

昔に比べて、結婚や出産でキャリアが失われることを望まないという女性が増加しているため、結婚を選ばない人が増えていると言えるでしょう。

(2)結婚への意識の変化

生涯未婚率が高くなるということは、自分の周囲でも未婚の男女が増えるということです。そのため、「して当たり前」と言われていた結婚に対する考え方も、変化してきています。

「結婚をしなければいけない」という考え方はだんだんと減ってきており、ひとりで好きな時間を存分に楽しもうというライフスタイルを選ぶ男女も、社会で認められるようになりました。

(3)結婚することのメリットの減少

高度成長期には、寿退社や家事手伝いという肩書きがお嬢さまの証だったりもして、「結婚=幸せ」であり、「玉の輿に乗ること」がいちばんの上がりという考えもありました。

ですが、今は経済状態も悪化し、世の中に白馬の王子さまも玉の輿といえるほどの好物件もほぼ存在しません。「結婚なんてしたら、負担が多くなるだけ」「結婚すると自由な時間がなくなる」「夫に威張られながら、しかも自分も外で働かなきゃいけないなんて、結婚するだけ損」と考える人も多く、メリットを感じないということもあるでしょう。

加えて、事実婚など、正式な婚姻手続きをしない形の夫婦も増加していて、これも未婚率の上昇の理由のひとつにもなっているでしょう。

(4)経済的な問題

経済状況によって結婚することが難しいと感じる人もいます。そもそも恋愛をするのにはお金がかかりますし、結婚や出産となると、さらにお金が必要となります。「自分のお小遣を稼ぐだけで精一杯で、実家から出るなんて無理」という人も少なくありません。

長らく経済が低迷している現代では、こうした経済的な問題によって結婚できないという人もいるのが現実です。

(5)プレッシャーの減少

結婚を決意する理由のひとつとして、親や周囲からのプレッシャーがあります。ですが、未婚率が増加している中、結婚に対するプレッシャーを受けにくくなっているのも事実でしょう。

 

3:結婚率の低下、未婚率の上昇についてどう思う?男女の意見4つ

結婚率の低下や未婚率の上昇について、実際に男女はどう思っているのかリサーチしてみました。

(1)するもしないも個人の自由

「結婚するのもしないのも、究極的には個人の自由だと思います。私の周りでも、結婚をしても離婚をする人が多いし……。それですごく傷ついている子もいる。それだったら最初から結婚しないって決めても良いんじゃないかなって」(Iさん・29歳女性)

(2)少子化は問題

「結婚をしないと、子供を産む可能性は低いので、結婚自体というよりも、結婚率の低下によって引き起こされる少子化は問題な気がしますね。とはいえ、結婚しても子どもは作らないって夫婦もいるだろうから、完全な相関関係ではないんでしょうけど。でも少子化が進む日本の未来は心配です」(Kさん・34歳男性)

(3)経験として知っておくと良い

「私自身、結婚してみてやっと経済や社会に目を向けることができたし、教育問題なども自分ごととして考えられるようになりました。だから経験として、しておいて損はないんじゃないかって思います。

もちろん結婚できたことも幸せですし、安心できる居場所があることを幸福に感じています。ダメだったら離婚してもいいから結婚すべき、とまでは言わないですが、結婚をしないと見えない世界もあると思います」(Mさん・36歳女性)

(4)仕方がない

「正直、結婚して、もし子どもができても、金銭的に不自由させない自信がないです。それって無責任だし、かわいそうじゃないですか? 結婚には夢があるし、できたら幸せだろうけど、それでも結婚率が低下していくのは、社会の仕組みとか、経済状況を受けると、仕方がないって感じてます」(Hさん・33歳男性)

 

4:国勢調査でわかる生涯未婚率…2030年にはどうなる?

内閣府が発表している『平成30年版 少子化社会対策白書』によると、50歳時の未婚割合は、2015年は男性23.4%、女14.1%です。

また同調査によると、2030年における50歳時未婚率の推計は、男性が28.0%、女性が18.5%となっています。

さらに2040年の推計は、男性が29.5%、女性が18.7%で、男女ともに増加傾向にあります。

 

5:結婚は自由?

事実婚が増えたり、結婚しても子供を作らず働き続ける「DINKS」という選択をする夫婦が増えたりと、結婚に対する向き合い方は多様化しています。

結婚すれば幸せかといえば、3組に1組は離婚すると言われている現状を考えると、必ずしもそうとも言い切れません。

結局は自分がどうしたいのか、結婚したい相手がいるかなどを考えて、自分で決めるしかないのかもしれませんね。

 

【参考】

『未婚化の進行(年齢(5歳階級)別未婚率の推移)』 - 内閣府

『平成30年版 少子化社会対策白書(第1-1-10)』 - 内閣府