恋のなやみに効くメディア

男性が好きな顔の特徴とは?モテ顔に近づく方法と美人すぎてもモテない理由

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

©gettyimages

目次

隠す

1:男性が好きな顔ってどんな顔?

「モテる顔になりたい」と考えた経験がある人は少なくないはず。では男性が好きな顔になるには、どんな点を意識すべきなのでしょうか。筆者が思うに、モテる女性の顔に共通するのは「かわいい」の要素が感じられること。

例えば、ものすごい容姿端麗な美女の場合。「美人」と言われても、「かわいい」と言われることが少ない人は、モテないわけではありませんが、すごくモテるという人は少ない傾向があります。

逆に、決して美人ではない顔立ちでも、なんとなく「かわいい」と思わせる顔の女性が、大勢の男性からモテるケースも少なくありません。

つまりモテる顔になるためには、「かわいい」を意識して自分をみがいていく必要があると思います。

2:男性が好きな顔の特徴5つ

男性が好む女性の顔とはどんなものなのでしょうか。ここでは「かわいい」につながる、5つの特徴をご紹介したいと思います。

(1)印象的な目

二重のパッチリした目、切れ長でシャープな目、猫のように少しつり上がった目、優しく見えるタレ目など、かたちはさまざまでも、モテる女性は素敵な目を持っている人が多い印象。

顔のほかのパーツとのバランスも大切なので、どれがいちばんとは言い切れませんが、魅力的な目で見つめられると、ドキドキしてしまう男性は多いものです。

(2)笑顔が素敵

笑うと魅力的に見える顔も、男性の好きな顔といえるでしょう。笑顔が素敵だと、その人の本来持っている顔立ちをさらに魅力的に見せるもの。逆に、笑顔の中に卑屈さや人を見下したようなものが含まれると、魅力が目減りしてしまいます。

素敵な笑顔は、練習をすれば誰にでも手に入れられるので押さえておきたいポイントです。

(3)色白できれいな肌

きれいな肌をしている女性も男性から人気を集めます。小麦色に日焼けした女性も健康的で魅力的ですが、多くの男性が透明感のある女性を好む傾向があることを考えると、モテを意識するときには肌の透明感を意識したほうが有利かもしれません。

きめ細かくてなめらかな肌は、まるで高級な陶器のような美しさと上品さを感じさせます。「その顔に触れてみたい」そんな気持ちになる男性もいるはずです。

(4)ぷっくりした唇

唇はキスをする場所ということもあるからなのか、女性の唇に色気やセクシーさを感じる男性は多くいます。なかでも、プルプルで適度な厚みがある唇は男性人気が高いでしょう。

会話をするときに相手の口元を見ながら話す人も多く、セクシーな唇に見とれてしまう男性もいます。リップやグロスでわりと簡単に盛れるので、チャレンジしてみましょう。

(5)全体的に丸みがある

日本の男性はどちらかというと、童顔の女性を好む人が多いと思います。そのため、顔全体がシャープで大人っぽい印象よりも、輪郭に丸みがあって、少し幼いイメージがあるほうが男性ウケはいいといえるでしょう。

健康管理のためのダイエットはもちろんいいことですが、男性ウケを意識するなら、過剰にダイエットするよりは、少しふっくらした顔のほうがおすすめです。

3:男性が好きな顔の女性芸能人3選

具体的に男性が好きな女性はどんな顔なのか、3人の女性芸能人を例にご紹介したいと思います。

(1)新垣結衣

男性が好む顔の代表といってもいいのが女優の新垣結衣さんではないでしょうか。筆者はいままでの人生で、彼女のルックスを悪くいう男性に出会ったことがありません。

新垣結衣さんの顔はどちらかというと、可愛らしい童顔タイプで輪郭や各パーツが丸みをおびているアクティブキュートタイプ。全体的に整った顔立ちですが、特にやや猫っぽい目が印象的です。

(2)本田翼

女優の本田翼さんのルックスが好みという男性も、とても多いと思います。本田翼さんはやや童顔よりで、顔のパーツは直線と丸みがミックスした顔立ちのフレッシュタイプ。

美人とも、かわいいとも表現できる顔立ちですが、本田翼さんは親しみやすい笑顔が魅力的で、そのイメージからかわいいと感じている男性が多いと思います。

(3)大原優乃

女優や、グラビアアイドルとして活躍する大原優乃さんの顔も男性がかわいいと思う要素を備えているといえるでしょう。顔の輪郭やパーツに丸みがあって、大きいタレ目を持っている童顔の女性をたぬき顔といいます。

たぬき顔は愛嬌や、癒やしを感じさせるかわいらしいイメージで男性人気は抜群。大原優乃さんの顔立ちはたぬき顔の特徴にぴったり当てはまります。

4:男性が好きな顔に近づく方法5つ

ここでは男性の好きな顔になるために、できることをご紹介していきたいと思います。

(1)ナチュラルメイク

「男性は女性のすっぴん顔が好き」とよく言われるように、ガッツリと濃いメイクをしている顔にあまり魅力を感じない傾向があるもの。では本当にすっぴんが好きなのかというと、正確には「すっぴんっぽい顔が好き」といえます。

男性に好まれる顔になるなら、ナチュラルメイクがおすすめ。派手カラーのアイシャドウやリップを使用せず、素肌のように感じさせるメイクをしましょう。

(2)へスタイルはボブ

奇抜なヘアスタイルやヘアカラーに拒否感を覚える男性は一定数いるので、避けたほうがいいでしょう。しかし、それさえ意識すれば、基本的にヘアスタイルは自分の顔に合わせて、最適なスタイルを選べばいいと思います。

それでも迷ったときは、ボブがおすすめ。ボブは誰でも似合いやすく、おしゃれの幅を広げやすいうえ、男性にもファンが多いヘアスタイルです。

(3)ダイエットしすぎない

男性ウケする丸みのある輪郭になるためには、過度なダイエットは避けたほうが賢明でしょう。やせてシャープな顔になると、カッコいい顔立ちになるかもしれませんが、多数の男性から支持される顔から外れてしまうともいえます。

男性がのぞむ、かわいい雰囲気を出すためには少しふっくらしているくらいが理想的なんです。ダイエットは否定しませんがほどほどに。

(4)いい笑顔の練習をする

魅力的な笑顔を手に入れるのも、男性の心をつかむには大切です。素敵な笑顔を作るポイントは、口角をあげて、少し大げさなくらいに口を開いて歯が見えるように笑います。目が笑ってないと怖い印象を与えてしまうので、三日月が横になったような月目になるように意識して。

この2点をおさえるだけでも、笑顔の印象は変わっていくので練習してみましょう。

(5)スキンケアを念入りに

きれいな肌は女性の顔立ちを引き立ててくれます。日頃から清潔にしておくのはもちろんのこと、化粧水、美容液、クリームなどを使用して、保湿してあげましょう。

紫外線から肌を守るために、日焼け止めなど使用してUVケアをするのもおすすめ。不規則な生活も肌トラブルの原因になるので、栄養バランスのいい食生活、十分な睡眠などを意識するのも大切です。

5:男性ウケしない場合も?美人なのにモテない理由3つ

顔立ちだけみれば美人なのに、なぜか男性からの支持が低い女性もいます。ここでは美人でもモテない人の理由を考えてみましょう。

(1)表情がよくない

笑顔がその人の魅力を増幅させるのとは逆に、いつも不機嫌そうな顔だったり、憂鬱そうな顔をしていたりすると、たとえ美人であっても、本来の魅力を十分に発揮できません。

多くの男性は、好きな人と幸せな気持ちを共有したいと考えています。あえてネガティブな雰囲気をまき散らしている女性と恋愛をしたいとは思わないものです。

(2)近寄りがたい雰囲気

「話しかけても会話が弾まない」「つるむのは女性ばかり」そのような女性は男性からすると、近寄りがたくなります。ましてや美人だと「自分なんかは相手にされない」「一線を引かれている」と感じさせてしまいます。

男性から人気を得たいなら、ある程度の親しみやすさは必要。壁があるように思われると、その壁を乗り越えてまでアプローチする人は少なくなります。

(3)品がない

モテる女性はどことなく優雅だったり、気遣いができたり、優しかったり、どこか生き方に上品さを感じさせる人が多いものです。たとえ顔立ちが端正でも、服装やヘアスタイルに清潔感がない、行動や言葉使いがガサツ、自分勝手など、どことなく「この人は下品」と思わせる点が多い人はモテません。

モテるために、「品があるかないか」は、顔立ちと同じくらい大切な要素です。

6:結局男性は女性を顔で好きになる?それとも…

恋愛対象となる女性の容姿を重視する男性は多いので、顔立ちが整っていれば、恋愛の機会が増える可能性があるのは確かでしょう。しかし、「顔さえよければ、ほかはどうでもいい」という男性はいるにはいますが、ごく少数派。

顔だけみれば整っていても、髪型や服装に不潔感があったり、性格が最悪だったりすれば、一部のマニアはいるでしょうが、多くの男性から好かれるかというと、そうではありません。

逆に普通の容姿でも「透明感がすごくある」「性格が抜群にいい」「男心を手玉に取るのが上手い」「しぐさや表情がかわいい」などの要素でモテる女性もいます。

美人なのは大きなアドバンテージですが、それだけでは理想の男性をつかまえるのは難しいもの。内面、所作などその他の要素も磨く必要があるといえるでしょう。

7:男性が好きな顔と、素敵な内面を両立させよう

男性は「視覚で恋をする」といわれているので、モテ顔になればモテる可能性が高まります。しかし顔以外がてんでダメだと、「かわいくない」と思われて、いい男性が近づいてこないかもしれません。モテるには顔以外の面を磨くことも忘れずに。