恋のなやみに効くメディア

混浴や温泉でのエッチな体験談!閲覧注意のドキドキエピソード5つ

大船くじらK.Ofuna

©gettyimages

目次

隠す

1:恋人と混浴…できる?

男女が同じ浴場で入浴することを「混浴」といいます。では、恋人と一緒に混浴する人はどれくらいいるのでしょうか。そこで今回『MENJOY』では、20~30代の恋人がいる男女129名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「恋人と一緒にお風呂に入りますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

入る・・・81人(63%)

入らない・・・48人(37%)

6割を超える人が恋人との混浴を楽しんでいる模様。お風呂はひとりでゆっくり入りたいという人も多いと思っていたので、「意外に多いな」と筆者は思いました。

2:混浴や温泉でのエッチな体験談5つ

混浴や温泉であったエッチな体験談を集めてみました。しかし中には迷惑行為に値するものもあるので、安易にマネしないように気を付けてくださいね!

(1)露天風呂つき客室にて

「今付き合っている彼女と旅行したときの思い出です。初めての旅行ということもあって、奮発して部屋に露天風呂がある宿を予約しました。付き合いたての彼女とふたりで入れる露天風呂があれば、当然一緒に入りますよね。

チェックインして、明るいうちから、さっそく一緒に入りました。太陽に照らされた彼女の体はとってもキレイで……。大興奮した僕は欲望を抑えきれずに、浴槽のヘリに座って彼女としてしまいました。夜は星空の下で……存分に楽しみましたよ」(Hさん・27歳男性/サービス)

(2)妻を見る男性の視線

「先日、妻と一緒に地方の混浴温泉に入りに行ったときの話です。妻は“混浴なんて恥ずかしい”って渋っていたんですが、“混浴温泉はブームだから”って説得して連れて行きました。

いざ入ってみるとタイミングが悪かったのか、男性ばかりで、若い女性は妻だけという状況。みんな無言になっちゃって、妻を意識しているのが丸わかりでした。さりげなく妻を見る男性たちの視線と、恥ずかしがる妻を見て、妙な興奮をしましたね。忘れかけていた妻の魅力を再確認して、その日の夜は燃えました」(Kさん・30歳男性/自営業)

(3)ラブホのお風呂で混浴

「彼氏の家も、私の家もお風呂が小さくて、とても一緒に入るって感じじゃありません。なので、ラブホに行ったときだけ一緒に入浴するんです。

浴槽の中でイチャイチャしてたら、大体いつも、その気になって、そのままエッチしちゃいます。先日はマットやローションが完備されているラブホだったので、風俗店のまね事をして楽しみました。別人になったような気がして楽しかったです。彼氏が妙に風俗店事情に詳しかったのが、ひっかかりますが……」(Sさん・22歳女性/フリーター)

(4)疲れているときに混浴でイチャイチャ

「僕と彼女はお互い仕事が忙しくて、デートしてもエッチをする気になれないことがあります。そんなときはふたりでゆっくり、お風呂に入ることにしています。

浴槽の中で、彼女をうしろから抱えるようにしたり、お互い向かい合って抱き合うようにしたりしながらイチャイチャして、エッチの代わりにしています。お互いの気持ちいいところを触り合うとエッチに近い満足感を得られるんです。その気になればそのままエッチすることもあります。レス気味のカップルにおすすめしたいですね」(Mさん・35歳男性/金融関係)

(5)誰もいない混浴温泉で

「このあいだ、交際1年を記念して、彼女と温泉宿に行きました。そこは知る人ぞ知る穴場の宿で、混浴露天風呂がウリなんです。あまり人が多い時間はお互い恥ずかしいってことで、夜遅い時間に入湯してみました。

そうしたら、ほかのお客さんはいなくて、貸し切り状態。広いお風呂を占有している興奮と露天という解放感から、お湯に浸かりながらキスしたり、お互いの体に触れ合ったりしちゃいました。段々気持ちが盛り上がりすぎて、そのまま……。調子にのりすぎたと反省しています」(Tさん・26歳男性/技術職)

3:男性が妄想する混浴でのエッチなこと5つ

混浴という言葉は男心をくすぐり、よからぬ妄想をかきたてるもの。ここでは、男性が考えがちな混浴にまつわるエッチな妄想をご紹介します。

(1)お風呂でエッチ

混浴からそのままエッチに突入ーーという妄想は定番でしょう。湯舟の中でお互いを愛撫しながら、だんだんと気持ちが高まっていき、エッチをしてしまう。

浮力があるので普段はできない体位も自由自在。彼女と付き合いたてで、まだ一緒にお風呂に入ったことがないという男性も「いつかしてみたい」とそのタイミングを虎視眈々と狙っていたりします。

(2)気づかれないようにするスリル

彼女と一緒に入る混浴露天風呂。そこには家族連れ、地元の常連客、自分たちと同じカップルたちが温泉を楽しんでいる。そんな中、自分たちはこっそり岩陰に……。「誰かが来ちゃうかも」、そんなスリルを味わいながら、お互いの体をまさぐりあう。そしてガマンできなくなり……。

混浴と聞くとついそんな妄想も起こりがち。しかし、これは迷惑行為というだけでなく、通報されても文句が言えない状況となるので、実際にやっては絶対にいけません。

(3)彼女を見る男たち

自慢の彼女と混浴温泉へ。彼女は控えめな性格に似合わない、モデルのような顔立ちとスタイルの持ち主。そんな彼女が温泉に入ると、ほかの男性たちがざわめきだして、不穏な空気が漂う。興味ないふりをしながらも、さり気なく見る若者。無遠慮な視線を向ける中年。恥ずかしくてうつむく彼女……。

ガマンできなくなった男たちが彼女に群がるのではーー? 寝取られ願望のある男性が抱きがちな妄想です。

(4)混浴でワンナイト

男性が混浴温泉で抱きがちな妄想のひとつが、「男のカラダに飢えた女性と出会うこと」でしょう。「あえて混浴温泉を選ぶなんてエッチな女性に違いない」という都合のいい考え方をする人も。

ひとりで誰もいない露天風呂を楽しんでいたら、入ってくる女性。「こんばんは」とあいさつをして、自分の隣へ。女性が耳元で「いけないことしたいな」とささやく。そしてそのままエッチへ……。そんなあり得ない妄想もしてしまいます。

(5)女性のグループが……

「ひとりで混浴温泉を楽しんでいたら、女性のグループが入ってくる」。こんなシチュエーションも鉄板の妄想ネタといえます。温泉内で、女性たちが自分を挑発するように、一糸まとわぬ姿をかくす素振りもなく歩き回る。

緊張する男性を見て、周囲を取り囲む女性たち。「いたずらしちゃおうかな」と男性の体に手を伸ばす……。そんな嬉しいハプニングを夢見る男性もいるはず。

4:混浴温泉でのエッチは妄想にとどめておく

混浴は男のロマンなんていわれたりします。エッチな妄想に思いをはせてしまうのは仕方がないことです。しかし、混浴温泉はあくまでも公共の場。周囲に迷惑をかけたりほかの利用者に不快な思いをさせかねない身勝手な行動はいけません。あくまで妄想にとどめておいてくださいね。