恋のなやみに効くメディア

退職理由は“うそ”でも良い?退職理由のランキングと使える嘘

三浦 希枝K.Miura

目次

隠す

1:退職理由の嘘がバレるとヤバイの?

退職理由で嘘をつけば、勤めていた会社から何かしらの対処をされてしまうのでは……なんて不安になってしまうこともあると思います。しかし調べてみると、法律上は「会社に退職理由を説明する義務はない」のだそう。

なので、当たり障りなく退職したいと考えているのであれば「一身上の都合」で十分ということです。

そもそも期間の定めがない場合、会社に退職したいという申し出をした日から2週間が経てば、雇用契約を終了することができるのです。これは民法第627条「期間の定めがない雇用契約の解約について」で定められています。

”第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。”

(引用元:民法第627条1項より一部抜粋)

期間の定めがない正規雇用の場合、退職理由を無理に会社に伝える義務はないので、あからさまの虚偽だとバレるような内容でなければ法律的には問題ないですし、自分から退職の理由を口にしなくてもいいのです。

 

2:退職理由ランキング5つ

では実際に退職したいと思ったときの理由には、どんなものがあるでしょうか。ここでは「会社を辞めたい」と思った理由を周囲のリサーチをもとに、ランキング形式でご紹介していきたいと思います。

(1)第5位:社長が独裁的だった

仕事をしていく上で会社のトップに立つ人が部下の状況を把握できていない、または把握していても「仕事は頑張るのが当たり前」と自分の意見を押し付けてくるような態度に疲れ切って辞めようと決意する人が多いよう。

「よく言うワンマン社長って言葉どおり、自分の気分や思ったとおりにしか会社の経営を考えずに働いている社長でしんどかった」(Aさん・20代女性/会社員)

新垣結衣さん主演のドラマ「獣になれない私たち」に登場した九十九社長的のようなイメージです。

(2)第4位:同僚とそりが合わなかった

「職場の同僚って、友達とは違った距離感だし、でも一緒に仕事を成功させるために信頼関係や協力すること。それが苦痛になってしまいました」(Bさん・30代男性/自営業)

一緒に仕事をする仲間の存在って、仕事をしていく上で必要不可欠なものですよね。そうした仕事仲間との人間関係に悩んで、「仕事は楽しいんだけど……」なんて同僚との折り合いが上手くいかずに辞めたいと感じてしまう人もいるのが現実。

(3)第3位:上司が傲慢すぎる

「傷つく言葉を言われたし、理不尽な説教を受けた」(Cさん・30代女性/主婦)

「自分で考えろという割に文句だけは言う上司でイヤになった」(Dさん・20代女性/求職中)

上司の気分次第で仕事の状況が変わるのが耐えられないという声も聞かれます。一緒に仕事をする上司の態度がキツイと感じて退職を決意する人も少なくないようです。このように上司が部下に傲慢な態度を取ってしまうことで、会社に行くのがつらくなり退職というサイクルができあがってしまうこともあるみたい。

(4)第2位:働く環境に不満がある

就業条件に不満を感じていたり、自分がチャレンジしたいと思っている仕事をさせてもらえなかったり……。仕事の割り振りは、その人のスキルの差もあるかもしれません。

しかし働く前に提示されていた条件が、入ってみたら掌を返したように違っているなんて状況も……。そうなると退職を考える大きなキッカケになります。

(5)第1位:給与が低い

「自分が進めたい仕事プラス雑用的な押し付けられ仕事が、自分のキャパシティーを越えてしまいました。こんなに大変なら、もっと給与をもらうのは当然だと思うと思い始めたらモチベが上がらず、退職へと気持ちが傾いてしまいました」(Eさん・30代男性/会社員)

労働に対しての対価が低いことが退職理由としてもっとも多く聞かれました。仕事量が多いのに貰える給与が少ないために、不満・不条理さを感じてモチベーションが下がってしまうという悪循環があるのですね。

 

3:退職理由で使える嘘5つ

退職理由に嘘を織り交ぜることは悪いことではありません、しかし、相手にバレてしまうとまずい嘘は避けなければいけません。ではここでは退職理由として、相手も納得できる理由について見ていきましょう。

(1)他にチャレンジしたい仕事を見つけたため

この会社ではできない、新しい仕事への興味・関心があるので退職したいという理由であれば、上司からの印象も悪くなることはなく、むしろ応援してくれるなんてケースもあります。

そもそもジャンルが違うなど、今の会社ではできない仕事だということを強調すると、会社側も引き留めにくくなるでしょう。

(2)資格取得をしてそれを生かす仕事をしたい

今の仕事では使わない資格を勉強しておいて、それを役立てる仕事をしたいと前々から考えていたという理由も、会社にとってはぐうの音も出ず、背中を押してあげたいと思う退職理由になるでしょう。

給与面での不満や人間関係に疲れているなんて人は、このような理由を建前として利用してみるといいのではないでしょうか。実際、資格を取るわけですから、真っ赤な嘘にもなりませんよね。

(3)働き方を変えたいと伝える

今の就業形態とは違った働き方ができる環境に新しく身を置きたい、と伝えるのも手。これは遠回しに残業がなく、休日は休日できっちり休める場所で働きたいという意思表示にもなります。

(4)体調不良を理由にする

何かしらの体調不良によって今の仕事を続けることが難しくなった、ということも、退職理由としては十分です。この場合、深く突っ込ませないことがポイント。それこそ嘘だとバレてしまうと厄介なので、そこはうまくやってください。

(5)結婚を理由にする

パートナーがいる人は結婚が決まったので……という理由で退職を申し出ても大丈夫だと思います。令和の時代になった今でも、女性の場合は、寿退社に異を唱える上司はまだまだ少ないもの。

また男性でも、相手の仕事の都合に合わせるケースはゼロではないですよね。それに「結婚するので、今の仕事の働き方、給与だとちょっとムリ」というのはまっとうな理由です。

 

4:退職理由のサンプル

具体的に退職理由を会社に伝える場合に使える退職理由のサンプル文書を作成してみました。

「お忙しいところ時間を作って頂きありがとうございます。

今まで大変お世話になったのですが、月いっぱいで退職させて頂きます。

以前から興味があり、特に気になっている○○の分野の仕事をしたいと常々考えておりまして、これから探そうと思っております。

スキルアップをして自分の力を試したいと考えていますので、どうぞ宜しくお願い致します」

ポイントは、「退職させていただきます」というように、決定事項として話すこと。「退職したいんですけど……」では、引き留められてしまうかもしれません。

また、次の勤め先については、具体的には伝えず、はぐらかしたほうがベターと一般的にされている。そうすると、「そんなに簡単に転職できるほど世の中甘くない!」などと言われてしまうかもしれません。確かにそういう風潮はありますよね。なので転職のために退職する場合には、転職先を決めておいたほうが万が一、罵倒されても心が折れずにすむでしょう。

とはいえ、退職届の次の職場については「未定」で提出するのがマナーです。

もちろん転職せずに、トレーダーになるとか、世界を旅するとか、就職ではない予定の場合もあるでしょう。その際にも、自分のスキルアップや興味のある分野に目を向けたいといった言い方がベターです。上司の気持ちを逆撫ですることなく、退職への道筋をスムーズに描くことができるはずです。

また、退職の意志を伝えるのは繁忙期を避けるのが望ましいですね。忙しいときに退職の話をされても、上司も後回しにしてしまいがちなので注意しましょうね。

 

5:退職理由は本音と建て前をうまく活用して!

あからさまに嘘だとわかってしまうような理由だったり、返答に困ってしまうような嘘だったりするのは問題ですが、本音と建前をうまく活用することも大切です。

勤めていた会社を辞めるって、けっこう精神的にしんどいもの。なるべく自分が気持ちよく退職できる術をマスターしてくださいね。

 

【参考】

民法 – 第627条1項