恋のなやみに効くメディア

既読スルーする男性心理とは?無視したくなるLINEと対処法

月島もんもんM.Tsukishima

©gettyimages

目次

隠す

1:付き合う前でも彼氏でも!既読スルーする男性心理5つ

既読スルーされるととても悲しいですよね。どうして既読スルーするのか、その心理について解説します。占い師であり、恋愛コラムニストの草薙つむぐさんにお話を伺いました。

(1)忙しい

草薙:男性が好きな人であれ、恋人であれ既読スルーしてしまう理由のひとつが忙しさです。多忙なときは、送られてきたLINEだけをとりあえず確認して、「この内容なら後で返信しよう」といった感じで、緊急性の高いメッセージかどうかを確認しているわけです。

落ち着いたら返信しようと思っていても、LINEがきていたことを忘れてしまうこともあるので、既読スルーとなってしまうわけです。

(2)返信するのが難しい

草薙:すっと返せないような内容のために、既読スルーしてしまうこともあります。例えば、女性から長文でメッセージが送られてきたとしたら、それを読むのがまずひと苦労なわけです。しかも、そのメッセージにあった分量と内容を心がけようと思うと、すぐには返信できません。ある程度、自分の中で答えを出してから返信しないと行けないこともあります。

「なんて返したらいいんだろう」と思って、コーヒーを飲みながらスマホで「LINE 返信」なんて検索していたら、気づけばYouTubeを見てしまってLINEの返信を忘れていた……なんていうことも。

(3)反応を期待されていないと思った

草薙:女性とLINEをしているときに、「今何してる?」とか「明日ひま?」といった感じで疑問形で投げられているメッセージなら返信しやすいですが、「おはよう」だけだったり、「この動画、面白いから見てみて」といった内容だと、返信は期待していないと思って既読スルーしてしまうケースもあります。

また、スタンプだけのメッセージだとそういうことになりがち。もし返信をしてもらいたいなら、疑問形で終わるように意識してみてください。

(4)どこかでストップしたい

草薙:LINEのやりとりが続いていたときにありがちなのが、どこかでストップをかけられるパターン。

ある程度のやり取りをしていたのに、LINEがこなくなったという場合、男性がめんどくさくなったか、「このやり取りをもう終わりにしたい」と思ったのかもしれません。

多くの場合「おやすみ」と送ってLINEのキャッチボールを終わらせたり、「じゃあ、またね」と言って終わらせることもありますが、それでもメッセージを送ると既読スルーされてしまうこともあります。

(5)彼女ができた

草薙:まだ付き合っていないパターンで、突然LINEのやり取りがストップして既読スルーをされるようになったときは、相手に恋人や、気になる人ができたときかもしれません。特に、新しくできた彼女が束縛気質だったり、その男性が一途で女性を大切にするタイプの場合、他の女性とのLINEを完全に既読スルー状態にすることもあります。

もしやと思ったときは、「彼女でもできたの?」と聞いてみるといいかもしれません。

2:男性が既読スルーしてしまうLINEとは?5つ

今度は男性が既読スルーしてしまうLINEをご紹介します。

(1)スタンプばかり

草薙:スタンプばかりのLINEを送っていると、やり取りをするのが面倒になり既読スルーされてしまうこともあります。例えば、男性が「明日空いてる?」とか、「何時がいい?」などのLINEにすべてスタンプで答えていると、「やり取りする気がないんだな」と思われて既読スルー……なんていうことに。

相手が送ってきたLINEの分量を見て、同じくらいの分量を送るようにすると、すれ違いを減らすことができます。

(2)断ってもグイグイ

草薙:断ってもなおデートや食事の誘いがグイグイくる場合はもう既読スルーするしかなくなります。好きな人からのLINEであれば、「その日はダメだけど、再来週ならあいてるよ!」という感じで別日を指定してくるはず。

それもなく単純に断るだけのLINEが数回続いたなら、興味がないということかもしれません。

(3)長文

草薙:短文で冗談交じりの簡単なLINEをポンポン送るようなキャラの人に、いきなり自分の黒歴史を語るような長文を送ったり、「こういう態度は改めてほしい」という内容のLINEを送ってしまったりすると、見るだけでも面倒に感じで既読スルーされてしまうことがあります。

相手が読んでも疲れないような内容と文章量を心がけるといいでしょう。

(4)メッセージの連投

草薙:コミュニケーションはやり取りをするのが基本。しかし、返信が来ないうちから何度もLINEを送ってしまうと、男性から既読スルーされてしまうことがあります。

例えば、忙しい仕事がひと段落してスマホをチェックしてみたら、たくさんメッセージがきていたといった場合や、寝て起きたら未読のLINEがたくさんきていたといったパターンが当てはまります。送る頻度は相手のペースに合わせてあげるといいでしょう。

(5)報告系LINE

草薙:報告系LINEも男性からの反応はイマイチ。報告LINEとは、旅行先から「ランチ食べたよ」と写真を送ったり、「現在はここにいます」と風景写真を送ったりするような内容のもの。

興味のあるものならいいのですが、まったく興味のわかないものだと、受け取ったほうは反応に困ってしまって、既読スルーにつながります。「恋人でもないのに、そんなメッセージを送られても……」と困ってしまうこともあるので注意しましょう。

3:好きな人に既読無視されたら諦めるしかない?対処法5つ

今度は既読スルーされたときの対処法についてご紹介します。

(1)可愛い系スタンプ

草薙:既読スルーされて困ったときは、ごまかすような感じのかわいいスタンプを送ってみるといいかもしれません。一度の既読スルーならこれで返ってくることがあります。思わず「どうしたの?」と送ってしまいたくなるキャラクターを選んでください。

「さみしいから構って~」といった雰囲気で送ってみるといいでしょう。

(2)「お~い」

草薙:予定を立てているときに既読スルーされた……。そんなときに有効なのが、「お~い」的なメッセージです。相手が返信するのを忘れているなと思ったら、適度な時間を開けて「お~い」と送ってみましょう。

ちょっとふざけて「あなたからの返信を待っているのだ」というメッセージと一緒に、目がキラキラと光って懇願しているようなスタンプを送ってみてもいいかもしれません。

(3)期限を決めて返信を待つ

草薙:返信し忘れているだけではないようなら、期限を決めて待ってみるのもひとつの方法です。例えば、「3日だけ待ってみる」と決めたり、「土日まで待つか」と決めてみたり、相手の性格パターンを知っていれば、それに合わせて期限を決めてみるといいでしょう。

それでも返信がこないようなら、「お仕事忙しい感じですか?」とちょっと探りのLINEを入れてみたり、「何かあったの?」と心配している内容を送ってもいいかもしれません。予定などを忘れたフリをして聞いてみてもいいかも。

(4)おもしろ画像

草薙:なんとかして相手からの返信がほしい場合は、おもしろ画像などを送ってみるのも手。相手が思わず笑って吹き出したならこっちのものです。相手のガードの硬さが少しゆるくなり、「いきなりなんだよ」とか、「笑ったわ!」といった返信がくることもあります。

ただし、チョイスを間違えると大惨事になりかねないので、どんなものを選ぶかはセンスが問われます。相手との関係性を考えて送りましょう。

(5)諦める

草薙:最終手段は「諦める」ことなのですが、その前にダメ元で色々とやってみましょう。「今、〇〇にいた?」と突然送って、「え、いないよ?」という返信が返ってくるのを待ってみたり、送り間違えたフリをして「明日、5時待ち合わせでいいんだよね?」と送ってみてもいいかもしれません。

そこからLINEが復活するようならもうけものです。

4:まとめ

既読スルーをされる場合、何かしら原因があることがほとんど。それが相手にあるのか、それとも自分にあるのかは、LINEの内容や相手の仕事の忙しさなどから原因を探ってみてください。

LINEというのは、人によってそのプライオリティやペースはバラバラ。自分では既読スルーかと思っていたら、相手からすると至極平常な返信までの間だった、ということもよくあることです。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。