恋のなやみに効くメディア

彼氏・夫がたたない原因は?男性・女性側の理由と対策

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

目次

隠す

1:たたなくて悩んだことある?

「(エッチで)たたない」状態に悩んだ、という経験がある男性はどれくらいいるのでしょうか。今回『MENJOY』では、20~40代の男性390名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「エッチのときに勃起しなくて、悩んだ経験はありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・161人(41%)

ない・・・229人(59%)

およそ4割の男性がYESと回答。これは決して少なくない割合だと思います。多くの男性が直面する悩みといえるのではないでしょうか。

2:男性側のたたない原因5つ

まずは、男性側の原因でたたなくなる理由を紹介します。

(1)ストレス

男性のアソコは、メンタル面の影響をとても受けやすいもの。日常的に仕事や人間関係がうまくいっていないなど、ストレスや悩みが原因となって、たたないということは珍しくありません。

また、継続的なストレスではなくても、その日にイヤなことがあったら、「昨日は大丈夫だったのに、今晩はたたない」となってしまうケースもあるものです。

(2)お酒の飲みすぎ

適量であれば、飲酒は気持ちをリラックスさせてくれるので、それがエッチにプラスになる場合もあります。しかし、過度に飲みすぎてしまうと「たたない」状態に。

男性のアソコは、脳からの指令によって大きくなります。飲みすぎた状態は、脳の「たちなさい」という指令をアソコに伝わりにくくさせてしまうのです。

(3)不規則な生活

寝不足、偏った食生活、運動不足などが、たたない原因になる場合もあります。健康でないために身体はいうことをきかなくなり、気持ち的にも「その気にならない」……両面から、たたなくなるんです。

また、メタボリックシンドロームの男性は、正常の男性よりEDが多い傾向があるといわれています。その点でも、肥満につながりやすい不規則な生活は、たたない原因になりやすいといえるでしょう。

(4)薬の副作用

薬の種類によっては、それがたたない原因になる場合もあるようです。脳内の神経に作用する、抗うつ剤や、精神安定剤、睡眠薬などは、薬剤性EDにつながる可能性があるといわれています。

降圧剤、胃潰瘍の薬、高脂血症の薬などのなかには、薬剤性EDにつながる薬があるようです。とはいえ、個人の判断で服用をやめたりはせず、必ず医師の指示を受けるようにしましょう。

(5)生活習慣病

男性のアソコは血液が貯まることで、大きくなる仕組みです。生活習慣病は、その働きを阻害するケースがあるとされています。例えば、高血圧は動脈硬化を引き起こしやすくなるといわれていて、アソコの動脈にも影響する場合があります。そうなるとうまく血液が貯まらず、たたなくなるようです。

糖尿病などで血糖値が高い状態が続くと、神経や血管に障害が起きやすくなり、性的な刺激がアソコに伝わりにくくなるようです。

3:彼女が原因でたたない…理由3つ

女性側が原因で男性がたたない場合は、精神面で何かしらの影響を与えられたケースがほとんど。ここでは考えられる理由を紹介します。

(1)プレッシャーを与えている

エッチに関して、過度にプレッシャーを与えるようなことがあると、それがアソコに影響してしまうもの。夫婦間であれば、「絶対に子どもがほしい」などのプレッシャーをかけると、それが重荷になって、たたなくなることも。

恋人同士であれば、男性が疲れているときにも、あまり気遣いなく求められすぎると、エッチを楽しむよりも義務感のような気持ちになって、たたなくケースもあるでしょう。

(2)魅力を感じさせていない

彼女に対して、女性としての魅力を感じられなくなると、「エッチする気になれない」となってしまいます。出会ったころと、体型がまるで変ってしまったり、おしゃれをしなくなったり、品のない面をさらけ出したりすると、そのような状態になりがち。

魅力を感じられない相手に求められるのは、苦痛でしかありません。気持ちが乗らないので、たたなくなってしまうのです。

(3)トラウマを与えた

彼氏にエッチに関するトラウマを与えた場合に、たたなくなることも。エッチが早く終わった、途中で中折れした、エッチの技量が未熟で下手だった、そんな男性側の不手際を責めたり、不機嫌な態度をとったりすると、男性はそれを引きずることもあります。

「失敗して機嫌を損ねたくない」「もう情けない思いをしたくない」このような気持ちが肉体に影響を与えるものです。

4:たたない彼を責めちゃダメ!対処法5つ

たたないときに厳禁な行動は責めること。欲求が満たされなくてイラ立つ気持ちは理解できますが、逆効果になるケースが多いでしょう。ここではおすすめの対処法を紹介します。

(1)ゆっくり休ませる

激務などで疲れていれば「エッチどころじゃない」と、心も体もエッチに対して前向きになれません。「疲れているからゆっくりしたい」といい出せない男性もいるので、気づいてあげられたらベストです。

(2)マンネリエッチをやめる

いつも同じ流れのエッチでマンネリしている場合や、パートナーに魅力を感じられなくなっている場合も、たたなくなるケースがあります。

この場合には、エッチをするシチュエーションや、プレイ内容を変えて、新鮮な気持ちをもたせてみたり、初めてのデートのときのようにバッチリおしゃれをして誘惑してみたりすると、「やる気が出てきた」となるかもしれません。

(3)リラックスしてエッチにのぞませる

エッチに対する緊張やプレッシャーが原因でたたないのなら、できるだけリラックスできる状態でエッチと向かい合えるようにしましょう。パートナーのエッチに不満がある場合も、「こうしてくれたら嬉しいな」など優しく伝えるのがおすすめ。

飲みすぎず、適量の飲酒であれば、リラックス効果が期待できるので、ほろ酔いでのぞんでみてもいいでしょう。

(4)規則正しい生活を心がける

不規則な生活は、生活習慣病の原因となり、EDにつながりやすいです。日頃の生活環境を見直せば、パートナーのたたない原因の改善が期待できます。

暴飲暴食や偏った食生活をやめて、栄養バランスを考えて食事をとる、定期的に運動をする習慣をもつ、十分な睡眠時間を確保する、など規則正しい生活を意識するようにパートナーをうながしましょう。

(5)病院に行く

たたない状態がずっと続くようであれば、専門の医療機関を受診することをおすすめします。素人判断で、「いま飲んでいる薬をやめてみよう」と勝手にやめてしまったり、よくわからないサプリを飲んだりするよりは、医療機関で処方される薬を服用するほうが安全でしょう。

体のトラブルは素人ではわからないことが多いもの。医師の診断を受けたほうが確実ですよ。

5:たたないときは医療機関の受診も検討しましょう

男性がたたない状態になる原因はいくつか考えられますが、精神的な理由の場合は、プレッシャーをかけないことが大切。悩むほど悪循環にハマりやすいものです。あまり長い間、たたない状態が続くなら、素人判断であれこれ試すよりも、専門の医療機関で診てもらうほうが安心ですよ。