恋のなやみに効くメディア

すぐ泣く女性はダメ?泣き虫女性の心理や克服法、男性の本音を紹介

大船くじら

大船くじらK.Ofuna

©gettyimages

目次

隠す

1:すぐ泣く女性の割合や男性の本音は?

すぐ泣く女性について、女性と男性を対象にリサーチしたのでご紹介したいと思います。

(1)人前で泣くことがありますか?

まずは人前で泣いてしまう女性はどれくらいいるのか見てみましょう。今回『MENJOY』では、20~30 代の未婚女性175名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「人前ですぐに泣いてしまうことがありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・50人(29%)

ない・・・125人(71%)

約3割の女性が人前ですぐに泣いてしまうとの結果。意外と多いような気もします。普段は気丈にふるまっていても、恋人や家族など、完全に気を許せる人の前で泣いてしまう女性は多いのかもしれませんね。

(2)すぐ泣く女性に対してどう思いますか?

続いて男性は「すぐ泣く女性」に対してどのような感情を抱くのか確認してみましょう。今回『MENJOY』では、20~40代の男性202名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「すぐ泣く女性についてどのように思いますか?」という質問をしてみました。

TOP3の結果は以下のとおりです。

第1位:困る・・・107人

第2位:ウザい・・・64人

第3位:かわいそう・・・16人

女性に泣かれると困るという回答がもっとも多く見られました。たしかに彼女でも、女友達でも、職場の同僚でも、女性に泣かれてしまうと対処に困ってしまうもの。

あまり頻繁に泣いていると、「またかよ」という感情から、「困る」から「ウザい」に気持ちが変化していきがちなので、注意が必要です。

2:人前で泣く女性の心理5つ

ここでは人前で泣いてしまった女性がどんな心境なのか、エピソードを見てみましょう。

(1)彼氏と喧嘩した

「最近、会えない日が続いていたので、ちょっと文句を言ったら喧嘩になりました。ちょっとスネてみたかっただけなんです。でも仕事が忙しくて気が立っている彼氏はカチンときたみたいで……。

“仕事なんだからワガママ言うな”とか“定時に帰れて、休みもとれるお前にはわからない”なんて言われました。気持ちを理解してくれない悲しさと、自分の仕事が下みたいに言われた気がして、泣いちゃったんです。

“泣いてごまかすな”って言われたときは、彼氏の冷たい人間性を見た感じがしました。こっちの気持ちも冷めますね」(Uさん・24歳女性/事務)

(2)周囲のいじりが強すぎて

「私はどちらかというと、いじられキャラなんです。でも別にイヤじゃなくて、基本的に周囲の人も私のことが好きだからこそ、いじると思っているので気にはなりません。

でも、先日職場でいつものように、いじりが始まったんです。そのときはあまり親しくない人まで一緒に参加してきて、いつもよりなんか殺伐とした感じになりました。だんだんイジメられているような気がしてきて、泣いちゃったんです。

すぐに謝ってくれましたけど、その日から職場の人にいじられるのはイヤになりました」(Oさん・26歳女性/サービス)

(3)上司に怒られて

「先日、仕事で凡ミスして、大きな損失を出してしまい、上司に思いっきり叱責されてしまいました。新人でもしないような本当にくだらないミスをした自分に対して情けないやら、悔しいやらで、ガマンできずに、デスクに戻ってから、むせび泣きです。

上司に怒られて泣いている姿を同僚に見せるなんて恥ずかしかったんですが、泣いて気持ちを切り替えられた面もあります。“仕事のミスは仕事で取り返す”そう考えて、一生懸命に仕事に打ち込めるようになりましたよ」(Sさん・30歳女性/金融関係)

(4)映画を鑑賞して

「昔、男友達とデートで映画を見に行ったときの話です。泣けるって評判のヒューマンドラマだったんですが、主人公の境遇と自分を重ねてしまって、もう思いっきり大号泣。

私はサバサバした性格がウリだと思っていたので、友達の前で泣いたのなんて初めて。めっちゃ恥ずかしいって思いましたね。でも男友達は意外な私の姿に“こいつも女の子なんだな”って感じたそうです。実はそのときの男友達が今の夫です」(Kさん・33歳女性/パート)

(5)寂しいときに

「何をやってもうまくいかないときや、無性に寂しいときって、彼氏に優しくしてもらいたいじゃないですか。そんな気持ちになったら、涙を流して彼氏にアピールしちゃいますね。

別に嘘泣きってわけじゃなくて、そのときのつらい気持ちを心の中でどんどんふくらませていくと、自然と泣けちゃうんです。彼女が突然泣き出したら彼氏は当然心配してくれますよね。思いっきり彼氏に慰めてもらっちゃいます。“俺がいないとダメだね”なんて言ってくれますし、仲良しでいる秘訣でもありますね」(Aさん・21歳/アルバイト)

3:すぐ泣く女性に対する男性心理5つ

続いて、すぐ泣く女性にどんな気持ちを持つのか、男性側の意見を紹介したいと思います。

(1)罪悪感でいっぱい

「女性を泣かせてしまうと、悪いことしたなって、罪悪感でいっぱいになりますね。それがどんな関係の女性でもです。女性には優しくしなくちゃいけないって教えられてきたので、なんだかとても悪いことをしてしまった感じがしちゃうんです。

先日、職場の同僚が仕事を頑張らないから注意したら泣き出しちゃって……。自分は悪くないはずなのに、どうにもバツが悪かったですね」(Yさん・30歳男性/営業)

(2)困ってしまう

「男同士だと相手が泣くシーンにあまり遭遇しないので、女性に泣かれてしまうと、僕は正直困ってしまいます。先日、彼女が“仕事がつらい”って泣き出してしまったんですが、僕はテンパってしまいました。

本当なら慰めてあげたり、励ましてあげたりするべきだったんでしょうけど、慌てた僕は“大丈夫だから泣かないで”と、よくわからないこと言ってしまいました」(Mさん・25歳男性/サービス)

(3)ズルい

「すぐ人前で泣く女子っているじゃないですか。あれって本当ズルいと思いますね。感動して泣いているならいいですけど、自分の思い通りにならないとすぐ泣く子は最悪ですよ。

泣かれちゃうと、こっちも自分の意見を押し通すわけにはいかなくなるし、周囲はまるでこっちが悪いみたいな目で見てきますし……。まさに強力な武器だと思いますね」(Aさん・28歳男性/不動産)

(4)心を開いてくれている

「泣くって自分の感情をさらけだす行為じゃないですか。それって相手に心を許していないと、なかなかできないですよね。今付き合っている彼女は僕の前でよく泣くんですけど、そのたびに“心を開いてくれているんだなぁ”って思いますね。

正直、どうしたらいいか対応に困るケースもありますけど、親密さを感じて嬉しく感じることも多いですよ」(Iさん・32歳男性/サービス)

(5)キュンとする

「こんなこというと変に思われるかもしれませんが、女性の泣いている顔って子どもみたいでかわいいですよね。大人の女性がまるで子どもみたいに顔をくしゃくしゃにしていると、たまりません。

女友達で感情がたかぶると、すぐに泣く子がいるんです。表向きは“やれやれ”って感じで対応してますが、実は泣き顔見てキュンキュンしちゃってますね」(Tさん・28歳男性/デザイン関係)

4:泣く女性に対する男性の対処法5つ

彼女と喧嘩をしたときに、男性がどのような対処法で解決しているのか、見てみましょう。

(1)謝る

「彼女と喧嘩して泣かせてしまったら、僕はとにかく謝ります。冷静に考えたら彼女のほうが悪いケースも少なくないんですけど、好きな人の泣いている姿を見るのはつらいですよ。

どんなに衝突しても、好きな人を泣かせてしまった時点で僕の負け。泣き止んで笑顔を見せてくれるなら、僕はいくらでも折れることができますね」(Nさん・27歳男性/総務)

(2)スキンシップをとる

「ぶつかりあって、彼女が泣いてしまったら、なかなか言葉で解決するのって難しいですよね。喧嘩して彼女が泣き出してしまったときはギュッとハグして頭をなでてあげます。

それで大抵は丸くおさまります。“ちょっと離して”なんていうときもありますが、それでもギュッとしていると、少しずつほだされて受け入れてくれますよ」(Hさん・29歳男性/営業)

(3)放置する

「自分は彼女が泣き出してしまうと、しばらく放置します。泣いているときに無理に解決しようとしても、感情がたかぶっていて、とりつくしまがないのが理由ですね。自分も感情的になっているから“泣いてごまかすな”とか言っちゃいそうですし……。

彼女が泣き出したら少し離れた位置に移動して、スマホでもいじって泣き止むのを待ちます。ひとしきり泣いたらスッキリするのか、それ以上に喧嘩が発展することはないですね」(Kさん・30歳/物流)

(4)たしなめる

「僕の彼女は喧嘩になるとすぐに泣くんですが、そこには“泣けば許される”って計算を感じてしまうんですよ。それに、相手が恋人とはいえ、大の大人が人前で簡単に泣くのも、彼女のためにならないと感じています。

なので彼女が泣くたびに“泣いていないでちゃんと話し合おう”とたしなめます。彼女に嫌われるかもしれませんが、泣いてごまかす癖は直したいなと思っています」(Kさん・34歳/エンジニア)

(5)彼女の好きにさせる

「くだらない理由の喧嘩って終わるタイミングを見つけるのが難しいじゃないですか。なので、彼女が泣いてしまったら、僕はそこで喧嘩をストップさせるようにしますね。

“これで喧嘩終わり”って言って、飲み物でも用意して彼女を落ち着かせます。少しして、お互いが落ち着いたら、気持ちを切り替えるために一緒に食事にでも行って仲直りですね」(Oさん・28歳/サービス)

5:すぐ泣く癖を克服する方法5つ

「人前でやたら泣くのを直したい」そんな気持ちの人もいるはず。ここでは人前で泣かなくなる克服法をご紹介します。

(1)とにかく人前では絶対に泣かないと決意する

泣くのは決して悪いことではありません。泣いて気持ちが晴れて、気分転換できる面もあります。しかし、人前で頻繁に泣いてしまうのは、大人の態度としてスマートではないですよね。人によっては、すぐ泣く人に対して、「泣いてごまかしている」「子どもっぽい」と露骨に嫌悪感を持つ人もいます。

まずは絶対に人前では泣かないと決意するのがおすすめ。泣きそうになってもグッとこらえて、それでもガマンできないときは、ひとりになった時間に思い切り泣いてみましょう。

(2)泣いても問題は解決しないと強く意識する

彼氏と喧嘩をしたとき、仕事で上司に注意をされたとき、生きているとさまざまな問題に直面することがあります。そんなときに、悔しい気持ち、悲しい気持ちなどに負けてしまって、泣いても問題は解決しません。

泣けば、その場ではうやむやにできるかもしれませんが、根本的な問題は残ったまま。また同じようなトラブルに直面してしまう可能性もあります。すぐ泣いてしまう人は「泣いても何も解決しない」という点を強く意識して日々をすごしてみましょう。

(3)泣きそうになったら楽しいことを思い浮かべる

つらいことや、悲しいことがあったとき、そればかり考えていると、気持ちはどんどんネガティブな方向へと向かってしまうもの。すぐに泣いてしまう傾向がある人は、気持ちをネガティブにシフトしやすい人が多いような気がします。

なにかあって、泣きそうになったときは、悲しみの対象にとらわれすぎずに、楽しいことを思い浮かべるのもおすすめ。「今日のランチはおいしいものを食べよう」とか「帰って猫と遊ぼう」など悲しみから目をそらしてみましょう。

(4)人前で泣きそうになったら一旦その場を離れる

人前で泣いてしまう習慣がついていると、簡単に泣かない女性になるのは難しいはず。職場や友達の前などで「もう泣きたい」という瞬間が訪れるでしょう。グッとこらえようとしても、気持ちが決壊してしまいそうなら、その場にとどまらないで、一旦その場を離れてみるのがおすすめです。

泣くこと自体は決して悪くはありません。しかし、人前で泣くのは周囲にも自分にもあまりメリットはありません。誰もいない場所に行ってから、涙を流すようにしましょう。

(5)自分の感情を整理するために日記をつける 

人前ですぐに泣く人は、そのときの気持ちに流されやすく、感情のコントロールが苦手な人だといっていいでしょう。感情を上手にコントロールする方法のひとつが日記を書いてみることです。

毎日、気持ちを揺さぶられたことを日記に記録して、それに対してどんな気持ちになったか書いてみましょう。書いていて、気持ちがたかぶれば思い切り泣いてもかまいません。日記をつけることと泣くことで、気持ちを揺さぶられた原因を冷静に分析できるようになり、感情を整理しやすくなりますよ。

6:すぐ泣く女は卒業しよう

気持ちがたかぶると、人前でもすぐに泣いてしまう人もいるでしょう。泣くことは仕方がないですが、人前で泣くのは、周囲に迷惑になりますし、自分にもデメリットになりがち。自分の気持ちをコントロールして、泣く女を卒業するのがおすすめです。