恋のなやみに効くメディア

2回目のデート必勝法!誘う男性心理とおすすめの場所、失敗まで

林舞花

目次

隠す

1:付き合う前の2回目のデートが重要な理由は?

1回目のデートよりも重要といわれることもある、2回目のデート。初デートというのは総じて、緊張で打ち解けられなかったり、素の自分を出せなかったりなど、男女ともにまだ判断するには早すぎる状態です。

それが2回目のデートになれば、徐々に相手の素が見えてきたり、一緒にいる居心地などを感じられたりと、「その後」を見据えた判断がつきやすいもの。特に付き合う前デートのときは、今後、進展させるべきか、それとも引き返すべきかを判断する、重要な時間だといえるでしょう。

2:2回目のデートに誘ってくる男性心理3つ

そもそも2回もデートをしているということは、脈アリの可能性が高いということ。では具体的に、一般的に2回目のデートに誘う、その男性心理をおさえておきましょう。

(1)最初のデートで好印象だったから

最初のデートで好印象だったことから、2回目のデートに誘ってくる男性は多いもの。ただし、この時点ではまだはっきりと「好き」には至っていない可能性もあるでしょう。「2回目のデートがうまくいったら、付き合ってもいいかも」くらいに思って誘っているかもしれません。

(2)好きになれる要素があるか確認したい

1回目ではわからなかった内面的な部分をもっと知って、今後好きになれる要素があるか確認したいという心理が働いている可能性もあります。気配りができるか、人に対して優しさがあるか、性格が合うか……など決め手になる部分は人それぞれですが、好きになれる要素やきっかけを探しているのです。

(3)好きになったから距離を縮めたい

1回目のデートで、すでに好きだと思っている場合は、「もっと距離を縮めたい」と考えるのが普通ですよね。ルックスがタイプだったり、すでに恋に落ちていたりすると、もっともっと相手と近づきたいと思って、2回目のデートに誘ってきます。

3:2回目のデートにおすすめの場所3つ

上述したように、とても大事な意味を持つ2回目のデート。では、どんな場所に行くのがいいのでしょうか。筆者のおすすめを紹介します。

(1)カフェやスイーツ専門店

おしゃれなカフェやスイーツ専門店へぶらりと出かけて、会話を楽しむのはいかがでしょうか。下調べしたとっておきのお店で、好きなことや自分のことを話したり、相手の話を聞いたり。まったりとしたひとときを過ごすのがおすすめです。

1回目のデートでは掘り下げにくいような、少し突っ込んだ恋愛観を話すのも、2回目のデートならアリ。そして、そんなふうにゆっくり話をするにも、カフェやスイーツ専門店はぴったりといえるでしょう。食の好みも含めて、ふたりの距離を縮めやすくなりそうです。

(2)水族館や動物園

1回目のデートが食事のみだった場合、2回目のデートは、水族館や動物園で長い時間一緒に過ごして、仲を深めるのもおすすめ。食事だけでは緊張して打ち解けられなかった、またはあまり盛り上がらなかった……そう思っていた人でも、動物や魚を見れば、リラックスできるのはないでしょうか。

目の前の魚や動物について話してもいいですし、動物園や水族館は子ども連れの家族もたくさん。そんな流れで、お互いの子どものころの話をするのもいいかもしれませんね。

(3)バルや個室居酒屋

少し雰囲気のあるバルや個室居酒屋など、落ち着いて話ができるような場所も最適。お酒の力を少し借りながら、本音を聞き出すのもいいと思います。

「付き合ったらどうなる?」「前の彼女はどうだった?」「なぜ別れたの?」といった恋愛話をするのには、バルや個室がある居酒屋、バーなどがぴったり。相手がチョイスするお店をチェックするのもいいでしょう。

4:2回目のデートの服装3つ

2回目のデートに最適な服装はあるのでしょうか。

(1)1回目のデートとのギャップを感じさせるコーデ

1回目のデートでは、多くの女性が王道のモテコーデであるワンピースやスカートで行くことが多いのではないでしょうか。

もしそうであれば、2回目のデートでは、「前回とは雰囲気が違う」ファッションでギャップを感じさせると、男性の興味をひくことができます。とはいえデートであることは違いないので、ラフすぎないカジュアルなコーデをチョイスしてみて。

(2)相手の雰囲気や好みに合わせたコーデ

相手の雰囲気や好みに合わせてみるのもひとつの手。男性が一回目のデートの際に大人っぽい服装をしていたら、自分も合わせてキレイめで行くなど、相手とのバランスを考えてみましょう。また、1回目のデートでの会話を思い出して、彼の好みを推測してみるのもいいかもしれません。

(3)デートする場所や目的に合わせたコーデ

2回目のデートでは、場所や目的を確認した上で、そのシーンに合ったコーディネートをしていくことも大切です。TPOをわきまえているという意味で「きちんとした子」という印象を与えることもできるでしょう。

おしゃれなバーやレストランに行くなら、大人っぽいワンピースにヒールで。スポーツデートなら、デニムにスニーカーで。水族館や動物園なら、カジュアルなトップスにスカートのガーリーコーデもおすすめです。

5:2回目のデートでの会話3つ

2回目のデートだからこそ、「知りたい!」「聞きたい!」「話したい!」という気持ちも高まるはず。デートでの会話を盛り上げる、とっておきの質問を3つ用意しました。

(1)「どんなカップルが理想?」

もしも付き合ったらどうなるのか、どんな関係でいたいのか。まずはさらっと理想のカップル像を聞いてみるのも良いと思います。

どんなに見た目がタイプでも、「浮気を許してくれる彼女がいい」と言われたら引きますよね。何も知らずに付き合って後悔するよりも、先におおまかに確認しておくことも大切です。

(2)「ひとりのとき、何している?」

誰にも見られることはないけれど、けっこう気になる相手のひとり時間。どう過ごしているのか聞くことで、彼がどんな性格かが浮き彫りになります。「筋トレをしている」「映画を見ている」「仕事している」など、回答はさまざまだと思いますが、ストイック、多趣味、真面目……など、どんな過ごし方をしているかで、彼の性格が見えるのではないでしょうか。

また、自分の過ごし方を話すことによって、彼にもあなたの素のイメージも伝わるので、内容には注意が必要です。

(3)「どんな人と付き合ってた?」

どうしても気になってしまう、相手の過去の恋愛。なかなか聞きにくいかもしれませんが、「今までどんな人と付き合ってた?」という質問は、出会って間もないころのほうがしやすいです。

1回目のデートでいきなり聞くのはちょっと気まずいし、相手への思いが深まるほど、嫉妬が生まれてしまいます。なので、2回目のデートで聞くのがベスト。お互いに過去の恋愛について話すことで、より打ち解けられる可能性も。

6:2回目のデートに女性から誘うテクニック3つ

2回目のデートに女性から誘いたい場合は、どうしたらいいのでしょうか。そのテクニックについてまとめてみました。

(1)共通点を見つけて誘う

1回目のデートで話したことや、相手が興味のありそうなことを思い出して、共通点を見つけましょう。どんな食べ物が好きか、どんな映画を見るのか、どんなところで遊ぶのか……会話の中での相手の好みを覚えていて、「この前話した〇〇に行きませんか?」と誘えば、彼も覚えていてくれたことをうれしく思うはず。

(2)会話の途中で自然な流れで誘う

彼と直接、もしくはSNS上のコメント欄などで会話することがあれば、なんとなく盛り上がったときに、「じゃあ今度そこに行こうよ」と自然な流れで誘ってみるのも効果的です。向こうからしても、あまり身構えずに返事ができるし、ノリで「行こう」と言いやすいでしょう。

(3)1回目のデートのお返しに……と誘う

1回目のデートを振り返り、「すごく楽しかったから」「たくさん用意してくれたから」「食事がおいしかったから」とリアクションを。そして「お返しに今度は私が〇〇に連れて行きたいの」「今度は私が楽しませてあげたいの」と誘う方法も。脈アリな彼であれば、喜んでくれるでしょう。

1回目のデートのあとは、女性側がどう思っているのか、また誘っていいのかを迷っている男性も多いので、相手に自分の好意を伝えることにもつながります。

7:2回目のデートで告白させる方法3つ

2回目のデートで告白させたい!と思っている人のために、成功率を上げるための方法を考えてみました。

(1)ボディタッチをする

彼に好意があることを伝えて告白させるには、ボディタッチが使えます。ボディタッチといっても、もちろん過度なものはNG。さりげなく肩に触れたり、腕をつかんだり、腰のあたりに触れたり。彼のドキドキを高めて、一気に告白まで意識させましょう。

(2)見つめる

男性は女性に見つめられるのに弱いので、ふとしたときに上目遣いで見つめてみましょう。ベタだと思いがちですが、これがけっこう効果があるんです。

会話の途中、彼が何かをしているとき、食事をしているときなど、見つめる時間を増やすと、彼もあなたの気持ちに確信を持つことができます。相手が告白しやすい状況をつくってあげることも大切。

(3)笑顔でいる

彼に告白させるには、何よりも一緒にいる時間を楽しそうに、笑顔で過ごすこと。好きな人といれば自然と笑顔が増えると思いますが、恥ずかしがらずに存分に彼に笑顔を見せていきましょう。

「女性の笑顔が好き」「笑顔で好きになった」という男性は多いので、効果アリです。

8:2回目のデートでよくある失敗と挽回方法3つ

(1)話が弾まなかった

デートで緊張してしまい話が弾まなかった、意識しすぎてうまく話せなかった……。そんな失敗もありますよね。

後悔して悩むより、「緊張してうまく話せなくてごめんね」「もっと話したかったのにうまく返せなくて」と正直に彼に伝えることで挽回できるはず。

(2)「なんでもいいよ」ばかりで困らせてしまった

女性がやりがちなのが、遠慮したり、控えめにしすぎたりして「なんでもいいよ」ばかり言ってしまうこと。「楽しくないのかな?」「興味ないのかな」と彼は思ったかもしれません。

そんな失敗を挽回するには、「今日は全部おまかせしちゃった。ありがとう」「次は私に任せて」と、彼に気持ちがあることや挽回したいという態度を示しましょう。

(3)思うようにアピールができなかった

本当はもっとこんなアピールがしたかった、好きな気持ちを知って欲しかったと、思うようにアピールができずに、もどかしくなるときも。挽回しなきゃ! と焦ってしまうかもしれませんが、まだ2回目のデート。焦らず慎重に彼との関係を深めていくことが大切です。

9:2回目のデート後のLINE3つ

(1)「デートしてくれてありがとう」

大切なのは、感謝の気持ちを伝えること。時間をつくっていろいろ計画して用意してくれた彼に、「ありがとう」の気持ちを必ず伝えましょう。さらに「デート」というワードをいれれば、ただ遊んだだけでないというアピールにもなるので、彼にも意識してもらいやすくなります。

(2)「すごく楽しかった、また行きたいね」

デートのあとの男性は、女性が楽しんでくれたかを心配していることが多いので、「すごく楽しかった」と伝えましょう。「あのお店の食事おいしかった、また行きたいな」「映画良かったね。また観に行こうね」と、具体的に何が楽しかったかを言うと、どんなことが好きなのか彼にも伝わるし、楽しんでくれたことがわかれば、次のデートにも誘いやすくなるはずです。

(3)「明日からお仕事がんばってね」

気遣いの言葉をかけられる女性は、男性にとって魅力的だと思います。「今日は遅くまでありがとう、明日からお仕事頑張ってね」「今日のデートで1週間がんばれそう! ○○も頑張ってね」など、次のデートまでの間、彼が仕事をがんばれちゃうような、気遣いのひと言を伝えられるといいですね。

10:付き合う前の2回目のデートはどこまで?

多くの男女が「手をつなぐ」、あるいは「キス」までと思っているのではないでしょうか。日中のデートなら、手をつなぐところまで行けるかもしれません。夜のデートなら、帰り際にキスするなんて、大胆な男性も。

筆者個人の考えとしては、キスはお付き合いしてからのほうがいいと思いますが、みなさんはいかがでしょうか。しかし、これは当然のごとくお互いの「好き」の気持ちのバロメーターがどのくらいかによります。

片方だけ突っ走ってしまえば、相手が引いてしまい、台無しになってしまうことも。それを考えると、「恋は焦らず」がいちばんですね。

11:まとめ

お互い気を張っていた1回目のデートから、打ち解けて、距離を縮められるチャンスがあるのが2回目のデート。

失敗しても挽回して、焦らずに彼にアピールしていきましょう。デート中の表情や、デート後のLINEなど工夫できることはたくさんありますよ。