恋のなやみに効くメディア

彼氏に全然ドキドキしないならもう終わり?原因と結婚向きと言われる理由

東城 ゆずY.Tojo

目次

隠す

1:彼氏にドキドキしないのはヘンですか?

彼氏に対してドキドキしなくなってくると、「異性として見れなくなっているのかも」と不安になることもあるでしょう。それは、交際年月の慣れからくるのかもしれません。また、「付き合いたてのときからドキドキしなかった……」なんていうことも。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の女性369名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「付き合った当初から、彼氏に対してドキドキしないと悩んだ経験はありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・139人(38%)

ない・・・230人(62%)

6割以上の人は、交際前や付き合いたてのときのドキドキを感じていることがわかりましたが、そうでない人も4割弱と、かなりの数がいることがわかりました。

ではどんな「ドキドキしない」ことは、マイナスに働いてしまうのでしょうか。

2:婚活中だとなおさら悩む…好きな相手にぜんぜんドキドキしない原因と対策5つ

自分が「恋したい」と思っても、ドキドキやワクワクがないと焦りますよね。そんなドキドキしない原因と対策について紹介しましょう。

(1)相手のことを好きじゃない

もしも交際相手や、その候補の人に「ドキドキしない」という悩みを抱えているのであれば、本当に恋愛対象として好きなのかをもう一度考えてみましょう。

これまでの思い出に引っ張られていたり、周りの評価などから「この人と恋愛しなきゃ」と言い聞かせている自分に気づけるかも。それは恋ではないので、相手に対してドキドキしないのです。

(2)居心地がいいから落ち着いちゃう

恋愛とは必ずしもドキドキするとは限りません。何年も一緒にいれば、相手の性格や怒るポイントが理解できるでしょう。

展開が読めるので、ふたりのトラブルを防ぐことだってできるのです。互いが互いを理解しあう関係であるからこそ、多くを語る必要もなく居心地が良くなります。ドキドキはしないけれど、一緒にいて落ち着く関係として安定している恋愛なのではないでしょうか。

(3)自分の恋愛スイッチが入ってないから

恋愛以外にも生きていれば、たくさんの問題がありますよね。仕事が忙しかったり、彼氏以外の対人関係で悩んだり。「彼氏のことを嫌いになったわけじゃない」と自分が感じるのなら、別に気になることがあるのかも。

集中したいことが他にあると、「彼氏に感情を振り回されたくない」と思うのではないでしょうか。自分の感情に無意識のうちにブレーキをかけている可能性もあります。

(4)事件がないからドキドキできない

ドラマや漫画の世界だと、次々とカップルをおそうアクシデントがつきものですよね。ふたりの歩み寄りで困難に立ち向っていったり、惚れ直したりするものです。

安定した関係に物足りなさがあると、強い刺激を恋愛に求めがちです。自分の求めるキュンポイントがないと「つまらない」と感じることもあるでしょう。ケンカをしたり、相手の心移りが心配だったりといってスパイスがあってこそ、何気ない彼の発言が嬉しかったり、彼の強引なリードにときめいたりするものなのです。

(5)ありのままの自分を受け入れる

ドキドキしないことに、罪悪感を感じる必要はありません。ふたりで過ごす時間が当たり前になったからかもしれないし、単純に心に余裕が生まれているだけだからかも。

ドキドキしっぱなしの恋愛も、それはそれで落ち着かないもの。あまりに相手のことを好きすぎると四六時中、恋愛に時間を割いてしまうのではないでしょうか。

3:緊張しない相手との恋愛ってアリ?ドキドキしない彼氏と付き合うメリット3つ

(1)重荷にならない

彼氏のことが大好きでドキドキするときは、彼氏にも「自分と同じくらい好きになってほしい」と感じてしまうもの。相手からすると、その熱い思いに応えなければいけない気がしてしまうでしょう。

彼氏のことが大好きすぎて、ついつい尽くしてしまう彼女は、彼から「重い」と思われてしまうこともあるのです。それに比べて、自分らしく気ままに交際を続けられるのは双方メリットですよね。期待をしなければ、落胆もないので起伏が安定します。

(2)冷静に話し合いができるカップルになれる

ドキドキしないことの理由のひとつに、「自分がどう思われているかが不安」ということがあるでしょう。だからこそ、彼氏が「好きだよ」と言ってくれたら、自分が認められたようで嬉しいですし、さらにドキドキしてくるのです。

彼氏が自分のことを好きでいてくれていることに自信がつけば、必要以上に気を使う必要がありません。自分の曲げられない意志を対等に彼に話すこともできるでしょう。

(3)疲れないデートができる

ドキドキする理由は、「嫌われたくない」と緊張している可能性も。そうすると、デートでも頑張りすぎちゃって、ふとデートの帰り道に「疲れた」と感じることもあります。

一方、一緒にいてもドキドキしない彼氏なら、自分の感情を振り回されずに、リラックスしてデートを楽しむことができます。

4:ドキドキしない彼氏が結婚向きと言われる理由4つ

ドキドキしない彼氏で、結婚の決め手がなくても「結婚していいの?」と不安になってしまう人もいるでしょう。そこで、ドキドキしない彼氏ならではのメリットを見てみましょう。

(1)浮気の心配がいらない

今までの交際期間で浮気されたりしていないからこそ、彼に愛されている自信があります。アクシデントがないからこそ、相手の発言や行動に振り回されないのです。ふたりの関係は安定しているので、結婚生活後にアクシデントが発生することも少ないでしょう。

(2)幻滅ポイントがない

取り繕った性格のまま結婚してしまうと、「こんなはずじゃなかった……」ということになりやすいもの。しかし、お互いが何でも話せるような気楽な関係でいれば、結婚したあとに生じるギャップに悩みにくくなるでしょう。ただでさえ、いろいろと乗り越えるべきことの多い、新婚生活のストレスが減らせます。

(3)女性に対して期待が少ない

ドキドキしないときは、ふたりの関係が安定しているからこそ。彼氏だって、ドキドキすることから遠ざかっているのかもしれません。刺激をなくしても、なお一緒にいるのは、愛着や信頼関係があるからです。ありのままの自分を受け入れてくれる男性との結婚生活は居心地が良く、安心して暮らすことができるでしょう。

5:ドキドキしないのは安心感の表れ

長いこと彼氏と付き合っていると、次第に相手に対し、一緒にいてくれて当たり前な感覚になります。そんな感覚の中で、恋愛らしいドキドキ感がないと、つい「私って本当に彼のこと好きなの?」と不安になりますよね。

ドキドキの有無だけで、彼氏との決別を決めてしまうのは後悔のもと。実は彼氏との信頼関係が向上してきている証なのかもしれません。