恋のなやみに効くメディア

遠距離だと彼女が心配?彼女と遠距離恋愛中の男の本音5選

東城 ゆず。Y.Tojo

©gettyimages

目次

隠す

1:本命彼女と遠距離恋愛中の男性心理とは?

遠距離恋愛が長く続くと、「このままずっと遠距離なのかな、それでずっと本命でいられるのかな、私との結婚のこと、どう思ってるのかな……」など、彼女としてはいろいろ考えてしまうというのはよく聞く話。

もちろん、男女で考えていることが同じの場合もありますが、距離が離れているため、そこにズレが生じて、いつしか気持ちがすれ違うということも……。

そこで今回は、男性が遠距離恋愛について、どう考えているのかに焦点を当てていきます。実際に、遠距離恋愛経験者たちにリサーチしてみました。

2:彼女が浮気しないかが心配になる…?遠距離恋愛中の男の本音5つ

(1)お互いのペースで生活できていい

「僕は自分の時間も楽しみたい人なので、お互いの干渉が減る遠距離恋愛は最高です。もし彼女がすぐ近くに住んでいたら、デートをもちかけられたとき“その日は友達と飲みに行くから無理”なんていえば、きっと不満だと思いますが、遠距離ならそういうことがないですよね。

それに生活圏が一緒だと、共通の友人が多くなることもある。僕は身の回りすべてに恋人が関わってくるのがイヤなんですよ。物理的な距離があるからこそ、彼女ともいい距離感でいられると思うんです」(Mさん・21歳男性/大学生)

(2)「寂しい」と素直に言えずにつらい

「彼女が転勤になってしまい、今は遠距離恋愛です。彼女が仕事熱心なのを知っているからこそ、応援しました。僕が彼女に“寂しい”と言えば、彼女も“仕事を優先した自分が悪い”なんて思ってしまうでしょう。だから、寂しいけれど、それを彼女に伝えることはありません。

でも、正直にいえば、やり場のない気持ちを持て余して、別れようかなと考えることもあります」(Iさん・32歳男性/IT関連)

(3)浮気しないか心配

「浮気がいちばん心配ですね。過去に一度だけ、彼女に浮気されたことがあるんです。でも、LINEのペースもいつもと同じだったし、全然気づきませんでした。発覚したのは、彼女が自分で暴露したからです。“寂しかったから”って言っていました。“でも隠してるのがつらくて”って言われて……。正直、知りたくなかったです。

ビデオ通話では気づけない、会うことでわかる違和感ってあると思うんですが、遠距離恋愛はそれができないですよね……」(Wさん・34歳男性/医療)

(4)性欲の処理に困る

「自分で処理することもできるけど、寒くなってきたりすると、急激にに人肌恋しくなります。風俗に行くのも彼女になんか悪い気がするし、やっぱり悶々としちゃいますね。

行き場のないムラムラに堪えられなくなって、一度彼女に“エッチな写真を送ってほしい”と伝えたら、“は? バカなの?”って鼻で笑われたこともあって……。すごい切なかったです」(Uさん・26歳男性/福祉)

(5)信頼しているから平気

「もともと彼女とは幼なじみで、すごく信頼しているので、遠距離恋愛でもなんとも思いません。長い人生で見たら、それほどの期間ではないですからね。すでに彼女とは“結婚しよう”と話していて、それまでの辛抱という安心感もあるかもしれない。ありのままのふたりの状況を、その都度受け止めるだけです」(Sさん・29歳男性/自営)

3:彼女が泣くと彼だってつらい!連距離恋愛中の彼女のNG行動3つ

(1)遠距離恋愛に悲観的

「僕が出張で1年ほど海外に行くことになったとき、それまで長いこと付き合っていた彼女が“近くにいない生活なんて考えられない”って、泣きながら電話してきたんです。仕事だし、しょうがないことなのに、グチグチ言ってくる彼女が急に重たく感じて、結局別れちゃいました」(Mさん・42歳男性/営業)

いきなり遠距離恋愛になってしまうには、必ず事情があります。不安なのはわかりますが、その事情を共に受け入れるのも愛情というもの。遠距離恋愛に悲観しすぎると、彼のほうも交際に自信がもてなくなってしまいます。

(2)同じ土地に引っ越す

「以前、遠距離になったときに、僕がいないことに耐えられなかったらしく、彼女が仕事を辞めて、僕の家に転がり込んできたんです。近い将来に結婚しようと思っていたんですが、目先の感情に左右される彼女が子どもっぽく感じられて、それが原因で別れちゃいました」(Iさん・32歳男性/IT関連)

彼のことを優先しすぎるのも考えものです。自立しておらず、依存体質で、恋愛以外に夢中になれるものがないように見えてしまう場合も……。アポイントなしに彼を訪ねたり、泊まりに行く行為も、かわいいと思われるかウザいと思われるかは紙一重です。

(3)連絡が多すぎる

「元カノは遠距離中、俺の行動が常に気になったらしく、スマホのGPSで確認したり、電話に出ないとLINEにスタンプを連投したりしていました。そんな彼女が怖くなってしまい、逃げたくなって、浮気しちゃいました」(Iさん・28歳男性/福祉)

追いかけられると逃げたくなるのも人間の心理です。連絡が多すぎるのは、相手にとって負担になるかもしれません。遠距離恋愛だからこそ、信じることも大事なこと。彼のことをすべて把握するのは遠距離恋愛ではなくても不可能です。しつこくしないようにしましょう。

4:期間や距離は?遠距離恋愛が成就したエピソード3つ

(1)離れて1年付き合って結婚へ

「飛行機でいかないといけないくらいの遠距離でしたが、それぞれの家に変わりばんこに行って、月イチのデートを続けました。仕事もあるので長くても2泊3日という短い時間になってしまいますが、そのぶん、中身の詰まったデートを楽しむことができました。

クリスマスに彼の家に行ったとき“こっちに来て一緒に暮らさないか?”ってプロポーズされました。何度も通っていたので、彼の住んでいる街も好きになっていたし、すごく嬉しかったです」(Wさん・32歳女性/アパレル)

(2)7年間の友人期間を経て交際に

「彼女はもともと幼なじみでしたが、地方の大学に進学し、距離ができました。そのままその土地で就職もしたのですが、幼なじみということもあって、会うのは盆や正月くらい。そんな付き合いで6年が過ぎたころ、すぐに会えない寂しさを自覚するようになったんです。

彼女が地方に行って7年たった春に“僕と結婚を前提に付き合ってほしい”と告白をしました。彼女も“その言葉、ずっと待ってた”と笑顔で応えてくれましたよ」(Aさん・36歳男性/医療)

(3)海外に住む彼と3年の期間を経て結婚

「以前、彼が仕事でフランスに3年間赴任することになったんです。その話と一緒にプロポーズをされたのですが、当時は私も仕事が忙しくて、お断りしたんです。彼は当時のことを“すごくショックだった”と話していました(笑)。

でも、だから別れるということにはならず、それからも自分たちらしい交際を続け、私の仕事も落ち着いた3年後、今度は私から彼にプロポーズして、結婚しました。離れた場所でも待ち続けてくれた彼に“何があっても大丈夫”と思えたのも、結婚した理由のひとつです」(Hさん・39歳女性/法律関係)

5:サプライズプレゼントも効果あり!遠距離恋愛を楽しむ秘訣

遠距離恋愛では、寂しさを感じたり、心細い思いをしたりすることも多いでしょう。遠距離恋愛を楽しむコツとしては、「会ったときが楽しみ」と思えるようなイベントを用意することです。

パートナーが喜んでくれるプチプレゼントをお互いが用意したり、早めからスケジュールを調整できるように先の約束を取り付けるというのもおすすめ。それが安心感にも繋がります。

6:遠距離恋愛は彼氏だって寂しいのかも

遠距離恋愛というのは、つらいのが自分だけだと思ってしまうと、すれ違いのもとに。相手にだって、葛藤や不安があるものです。自分の気持ちを優先しすぎると、彼の気持ちも冷めてしまうかもしれません。

遠距離恋愛だからこそ、離れた場所でも相手を思い、尊重できる恋人でありたいですね。