恋のなやみに効くメディア

ネックレスを彼女にプレゼントするなら?社会人女性に人気のブランドと選び方

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:彼女にネックレスを贈る心理って?

恋人に贈るネックレスには、「ずっと一緒にいたい」「永遠に離さない」「自分のもとにいてほしい」というメッセージが込められているといういわれています。さらに、「独占したい」というメッセージの場合も。

これは、大切な相手を自分のもとに繋ぎとめておくための「首輪」のような意味合いをもっているという理由から。首輪というと、なんだか物騒なようにも感じますが、相手への深い愛情表現として捉えると、ネックレスはすてきな贈り物ですよね。

2:誕生日やクリスマスプレゼントに!彼女へのネックレスの選び方のポイント5つ

誕生日やクリスマスにプレゼントを贈る人は多いでしょう。せっかく贈るならたくさん身につけてほしいですよね。ここでは、女性から見て嬉しいネックレスの選び方のポイントを、5つ挙げていきます。

(1)普段使いできるデザイン

まず、最初から最後まで軸になる、もっとも大切なポイントがデザインです。せっかく身につけられるものを贈るのだから、たくさん使ってもらえたほうが嬉しいですよね。

彼女の美しさを際立たせる役割を担う以上は、仕事でもプライベートでも使える、繊細でエレガントなデザインのものがおすすめです。華奢なデザインなら重ねづけもできて、より使いやすいでしょう。

(2)誕生石や記念日にまつわるモチーフ

彼女に贈るアクセサリーはダイヤモンドと考えがちですが、ダイヤモンド以外にも、美しい宝石はたくさんあります。シンプルなデザインの誕生石をあしらったネックレスは、彼女のために選んだことが伝わりやすく、さらに、石の持つ意味などを添えると、お守りのような存在になるでしょう。

また、クリスマスやバレンタインには、限定デザインのアクセサリーがさまざまなブランドから発表されます。季節感のあるデザインを贈るのもすてきですね。

(3)彼女のファッションにマッチするかどうか

普段使えるデザインを、といっても、ファッションのテイストによって合うデザインは違ってきます。普段の服装や読んでいるファッション誌などを参考に、彼女の好みのテイストをつかむことで、デザインを絞り込みやすくなります。

カジュアル派にはすっきりとシンプルに、フェミニン派には花びらやしずく、エレガント派にはパールやダイヤなど、それぞれのテイストを際立たせるようなデザインがおすすめです。

(4)地金の色や素材

彼女の肌をより美しく見せる地金の色を選ぶのもポイント。最近はメディアでも「イエローベース(イエベ)」「ブルーベース(ブルべ)」とよく目にするようになりました。一般的には、イエベの人はゴールドやピンクゴールドなど温かみのある色、ブルべの人はホワイトゴールドやプラチナなどクールな色が美しさを引き立てるとされています。

また、普段アクセサリーをしていない彼女には、金属アレルギーの有無を確認するのが良いでしょう。

(5)上質で品のあるもの

大切な彼女の美しさを引き出すものは、上質で上品であることが、贈る側としても望ましいですよね。確かな品質で洗練されたデザインのものを、と考えると、ある程度の予算をかけてブランドのものを選ぶのが、間違いないといえるでしょう。

ブランドごとに特徴はありますが、地金のデザインが美しいもの、宝石のカットが美しいもの、彼女の良さを引き立たせる雰囲気など、総合的に判断しましょう。

3:社会人彼女が絶対喜ぶネックレスのブランド10選

選び方のポイントがおさえられたら、具体的に選んでいきましょう。社会人の彼女を確実に喜ばせられるジュエリーブランドを、10社ご紹介します。

(1)4℃

この投稿をInstagramで見る

 

4℃ / ヨンドシー(@4c_jewelry)がシェアした投稿

1972年に創業した日本のジュエリーブランド、「4℃」。オフィスやビジネスシーンでも使えるデザインで、20~30代の働く女性に人気のあるブランドです。ストーンがあしらわれたしずく型のネックレスなどは、華やかさはほしいけど、「あまり派手なデザインだと普段使いは難しい」という人にもぴったりでしょう。

(2)Tiffany & Co.(ティファニー)

1837年にアメリカで生まれ、現在世界20ヶ国で展開する世界的なブランド。人気の「オープンハートモチーフ」をはじめ、華やかなデザインと深みのあるシルバーカラーが魅力です。またブランド創立160周年を記念して発売された「インターロッキングサークル」のシリーズは、シンプルながら洗練された雰囲気で、上質で華のあるアクセサリーを持っておきたい大人の女性にぴったりです。

(3)Cartier(カルティエ)

1847年にフランスで創業された「カルティエ」は、時計や革製品なども扱う世界的なハイジュエラー。豪奢でアーティスティックなデザインが特徴で、シャツとデニムといったカジュアルなコーディネートでも、ぐっと華やかにしてくれます。

また、彼女がすでにオーソドックスなダイヤのネックレスを持っているのなら、カルティエならではの美しいデザインを贈ると喜ばれるでしょう。

(4)BVLGARI(ブルガリ)

この投稿をInstagramで見る

 

BVLGARI(@bulgari)がシェアした投稿

1884年にイタリアで創業した「ブルガリ」は、ジュエリーブランドとしても有名です。伝統の技術力とトレンド感を融合させたハイセンスなアクセサリーが多く、こだわりのある女性に最適なブランドです。

ブルガリのロゴがあしらわれた「ビー・ゼロワン」などは、螺旋が印象的なデザインで、尊厳・普遍性・力強さを表します。そんな凛とした気持ちを贈るのもすてきですね。

(5)STAR JEWELRY(スタージュエリー)

1946年に日本で生まれた老舗ジュエリーブランドであるスタージュエリー。自社工房を持ち、職人さんが熟練の技術で丁寧に作り上げています。そんな品質の高さも人気の要因です。

馬蹄や星、など、個性的なデザインのものが多いですが、絶妙なサイズ感で主張しすぎないため、プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも違和感なくつけてもらえる、スタイリッシュさもあります。

(6)AHKAH(アーカー)

この投稿をInstagramで見る

 

AHKAH(@ahkah_official)がシェアした投稿

1997年に創業された「アーカー」は、宝石鑑定士のオーナーが、ハンドメイドにこだわったジュエリーブランドとして立ち上げました。日常に馴染む、華奢でシンプルなデザインのジュエリーを多く扱っています。

シンプルにひとつでつけても、ボリューム感のあるものと重ねつけしてもおしゃれなので、幅広く活躍してくれるでしょう。また、ハートやお花などのデザインも洗練されていて、大人の女性のかわいらしさを引き出せるアイテムです。

(7)agete(アガット)

1990年に東京・青山で第一号店をオープンさせたアガット。以来、バリエーション豊かに展開し、人気ジュエリーブランドの仲間入りを果たしました。

カラーストーンをあしらったベーシックなデザインから、アンティークなデザインなどを扱っているので、普段のファッションをさりげなく彩り、個性的な雰囲気を演出したい女性は喜んでくれること間違いなし。上品なデザインで、フォーマルシーンまで対応できるでしょう。

(8)ete(エテ)

シンプルでかわいらしいデザインがそろっているのは「ジュエリーをもっと自由に楽しんでいただきたい」というコンセプトのもと。ブライトコレクションという「エテ」のベーシックジュエリーは、都会的でシーンを問わずつけられます。価格帯も購入しやすく、日常的にカジュアルに、ジュエリーを楽しみたいと考える女性向けです。

(9)ヴァンドーム青山

この投稿をInstagramで見る

 

ヴァンドーム青山(@vendomeaoyama_official)がシェアした投稿

1973年に創業して以来、愛され続けている「ヴァンドーム青山」。トレンドをうまく取り入れ、スタイリッシュでクールなデザインが特徴のジュエリーブランドです。ブライダルリングのイメージが強いかもしれませんね。

ネックレスは、長さが調節できて、重ねづけもしやすく、普段使いできるものが多く展開されています。その日の気分でファッションを楽しみたい女性におすすめです。

(10)Figaro(フィガロ)

徳島県を拠点として、明治30年の創業したフィガロ。創業以来、120年にもわたり上質なジュエリーを提供し続けています。ハイクラスなジュエリーだけでなく、5,000円台~と購入しやすい価格帯の取り扱いもあります。

全体的にシンプルなデザインが多く、さらにニッケルフリーで、金属アレルギーを引き起こしにくくなっています。すでにアレルギーのある人は確認が必要ですが、毎日安心して着けたい女性には嬉しいですね。

4:まとめ

プレゼントは、大切な彼女への愛情表現のひとつ。彼女のことをよく見つめ、より深く知るチャンスでもあります。彼女の好みやスタイルを知り、理解することで、大切な人に「いつまでもそばにいて」もらえるような関係を築けるでしょう。