恋のなやみに効くメディア

社会人の出会いの方法は?出会いの機会を増やす方法10選

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:社会人は出会いがない!社会人が出会う方法は?

学生時代ほど自由のない生活を送る中で、効率的にパートナーを見つけるキーワードは「世界を広げる」こと。ただ待っているだけで出会いがやって来るほど、運命の神さまは甘くありません。

今の環境に出会いがないのなら、自分から動いて、つながりを増やしていくしかないのです。

しかし、それほど重く考えなくても大丈夫。会社と家の往復の毎日に、ほんの少しアクセントを加える気持ちでトライしてみてください。

2:社会人が出会いの機会を増やす方法10選

出会いがなくて悩んでいた人が、どうやって恋人を見つけたのか気になるところ。実際に社会人になってから出会いをつかんだ男女に、その具体的な方法を聞いてみました。

(1)スポーツを始めてみる

「出会いの場を広げたいならスポーツをするのがおすすめです。私はランニングを通して出会いがありました。週に3回、同じ場所を同じ時間に走っているうちに、他のランナーたちと顔見知りになって。その中に今の彼氏がいたんです。最初は挨拶程度の仲だったのが、徐々に仲良くなって。スポーツしながらだと、最初から素に近い状態なので、身構えないのがいいような気がします」(Iさん・30代女性)

(2)副業を始めてみる

「副業OKの会社に勤めているので、週末だけカフェでアルバイトを始めました。年配ばかりに囲まれて仕事をしている私にとって、若者が集まるオシャレなスポットは、出会いの宝庫みたいなもの。ひとりの男の子とシフトがよく重なるなと思っていたら、彼が私に合わせてくれていたみたいで。ふたりで食事に行ったのをきっかけに、付き合うことになりました」(Kさん・20代女性)

(3)同窓会に出席してみる

「男だらけの職場なので、恋愛はほぼ諦めモードに入っていたんです。そんなところへ、中学の同窓会の葉書が届いたんです。これまで1度も参加したことはなかったのですが、勢いで出席することに。驚いたのが、久しぶりに会う女友達は、まるで別人のようにきれいになっていたこと。お互いに出会いが少ないことに悩んでいたせいもあって、順調に連絡先を交換。最近、かなりいい感じです」(Tさん・30代男性)

(4)街コンに出てみる

「街コンは当たり外れが激しいという人もいますが、前もって主催者の評判を調べていけば、けっこういい街コンに辿り着けます。街コンに参加している人は、本気でパートナーを探しに来ている場合が多いので、冷やかしが少ないところが安心です。最近は”オタク限定”とか”BBQコン”なんていう珍しい街コンもあるので、面白いですよ」(Sさん・20代女性)

(5)SNSのオフ会に参加してみる

「何年も前から、趣味の写真を載せるアカウントを持っていて、相互フォローしている同士、オンライン上で仲良くしていました。

そのうちオフ会もするようになって、その中に個人的に会うようになった人ができました。共通の話題も多かったし、出会い方としてはありだなと思っています」(Gさん・30代女性)

(6)マッチングアプリを使ってみる

「僕が今の奥さんと出会ったのは、『pairs』っていうアプリがきっかけです。お互い条件が合った上で出会っているので、結婚までの道のりも早かったですね。結婚相談所にも登録していたんですが、マッチングアプリのほうがスピーディに話が進みましたね」(Iさん・30代男性)

(7)シェアハウスに住んでみる

「ひとり暮らしに飽きたころ、シェアハウスに2年ほど住んでいたんです。職業も年齢もばらばらの男女での生活は、とにかく毎日が新鮮で、楽しかったですね。

日常なのに非日常感があるというか。結局、僕はシェアハウス内で恋人はできませんでしたが、そ一緒の時期に住んでいた仲のいいふたりが、先日ゴールインしたところです」(Oさん・20代男性)

(8)社会人サークルに入ってみる

「保育士しているので、若い独身男性との出会いなんてゼロ。ストレス解消も兼ねて、同僚と一緒に、地元の社会人サークルに入ってみたんです。季節ごとにいろいろなイベントがあって、合コンよりも素の表情が見える感じがしていいですね。恋愛的な出会いもですが、単純に友達も増えて楽しいです」(Yさん・30代女性)

(9)通勤中もアンテナを張ってみる

「同じ時間に電車に乗るメンツって、なんとなく固定されてるものなんですよね。いつも同じ車両で見かけるイケメンの彼の存在は、私の朝の活力源。いつか声をかけられたらいいなあ、なんて思いながら、こっそり見つめています。高校生みたいで恥ずかしいんですけど、お陰で長い通勤時間も苦になりません」(Kさん・20代女性)

(10)職場の人を見直してみる

「食品会社の研究職に就いて5年。出会いどころか、同僚と日常会話すらしない毎日に、このまま歳を取っていくのかと思って、恐ろしくなっていました。理系の大人しい男性が多いのですが、せめて親睦を深めようと、思い切って食事会を主催してみたんです。

すると、意外に話が合う人がいることがわかって。そのあとはとんとん拍子でした。まさか自分が職場恋愛することになるとは……。入社当時のことを思うと信じられないです」(Fさん・30代女性)

3:まとめ

探し物はひょんなところから出てくるもの。これだけ出会いを探している人がたくさんいるのですから、思いもよらないきっかけで、ぽんと運命の人に出会う可能性は十分あります。

出会いが「ない」のではなく、「まだ」出会っていないだけ。焦らず、じっくり。人生を楽しんでいれば、きっと良い出会いに巡り合うことができるはずです。