恋のなやみに効くメディア

彼氏に悩みが話せない!彼氏に悩み相談できないときの対処法5つ

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:彼氏に悩みや本音が言えない…素を出せる相手と恋愛するには?

家族にも相談できないことも、彼氏になら言える……そんな関係の相手と恋愛ができればいちばんいいのですが、逆に好きな彼氏だからこそ、なかなか本音や悩みが言えなくて悩んでいるという人もいるでしょう。

でもあまりにも何も言えない相手との恋愛は、あとあと苦しくなってくる可能性も……。ある程度付き合う前から「素の自分を見せられるかどうか」を判断しておいたほうが良いかもしれません。

2:恋愛がうまくいかない?彼氏や彼女に本音を言わない人の心理5つ

彼氏や彼女に本音を全然話せないという人の原因はどこにあるのでしょうか。そんな経験を持つ男女に話を聞いてみました。

(1)恥ずかしい

「彼女の前では男らしくありたいっていう気持ちが強いせいで、女性に甘えるとか悩んでいることを伝えるのが苦手。父親がそういう人だったから、男はひとりで決断すべきって思ってしまっているところがあるのかもしれません」(Hさん・29歳男性)

(2)嫌われるのが怖い

「小さいことでもくよくよ悩んじゃう性格で、それを彼に知られて嫌われちゃうのが怖いです。“そんなことで悩んでるの?”とか言われそうって想像しちゃって……。友達からは“試しに言ってみなよ”って言われるんですけど、不安でできません」(Fさん・27歳女性)

(3)過去のトラウマ

「昔、彼氏に相談ごとをしたら“お前、バカなの?”とか“そんなこともわからないの?”とか言われたことがあって……。それから怖くなって、相談ができなくなってしまいました。その元カレがひどかったんだとは思うんですけどね」(Hさん・28歳女性)

(4)自信がない

「自分に自信がないので、弱い自分を見せられません。自分が悩んでいることそのものが間違っているんじゃないかとか、自分が変なんじゃないかとまで考えてしまうこともよくあります。そういう自信のない自分を彼女に見せるのはとてもできません」(Wさん・33歳男性)

(5)心配をかけたくない

「好きな人だからこそ心配させるのが嫌で、悩みごとがないフリをしてしまいます。悩んでいる素振りを見せるだけですごく心配してくれるので、実際に相談したら、親身になってくれるのが手に取るようにわかります。だからこそ、今の関係を壊したくなくて、相談することを躊躇してしまいます」(Yさん・28歳女性)

3:どうしても彼氏に気を使う!彼氏に悩み相談できないときの対処法5つ

では、気を使うがあまり彼氏に悩み相談ができないときには、どうすればいいのでしょうか。その対処法についてまとめてみました。

(1)友達に言う

「私は付き合っている彼に言えないときには、彼に言うのをそもそも諦めて、友達に相談しちゃいますね。誰かに話せば楽になるので、別に絶対に彼氏に言わなきゃいけないってこともないのかなって」(Hさん・28歳女性)

(2)軽い悩みから徐々に

「あまりに大きな問題を話すと、重たい空気になってしまいがちなので、とりあえずすごく軽い悩みから話して反応を見ています。それでさらに話せそうなら話しますし、相手に余裕がなさそうならそこで終わりにします」(Yさん・28歳女性)

(3)結論をなんとなく決めてから話す

「悩みごとって、どうしたらいいのか見当もつかないってことより、“AとBの選択肢でどっちを選んだほうが良いんだろう?”っていう悩みのほうが多いです。だから、自分の中でなんとなく“こっちが正解だろうな”ってところまで考えてから相談するようにしています。結果、背中を押してもらえるか、全然違う見方を教えてもらえるかは変わりますけど」(Fさん・27歳女性)

(4)自分がどうしてほしいのかを言う

「彼氏には相談する前に、自分がただ愚痴を聞いてほしいのか、それともアドバイスがほしいのかっていうのを自問自答してから言うようにしています。で、愚痴を聞いてほしいなら最初にそう断ってから話します。そうじゃないと、話を聞いてほしいだけなのにズバズバ意見されたりして、無駄に傷ついたり、ケンカになったりしたことがあったので」(Iさん・29歳女性)

(5)別れる

「極論かもしれませんが、私は悩みを相談できないような人とは付き合っていても無駄だと感じます。だから、そんな人となら別れますね。だって、その人と一緒にいても先がないでしょ。絶対に結婚なんてできないし」(Aさん・36歳女性)

4:彼氏が悩みを話してくれない!大事なことを言わない彼氏への対処法3つ

彼氏がなんとなく悩んでいそうとは感じても、大事な話はしてくれない……ということもありますよね。そんな彼氏へはどう振る舞うのがいいのでしょうか。

(1)いつでも話を聞くと伝えておく

「以前、無理矢理聞きだそうとして失敗した経験があるので、とりあえず“何かあったらいつでも言ってね。相談にならのれるから”と言うようにしています。話したいタイミングって、人それぞれだと思うので」(Iさん・29歳女性)

(2)甘えられる雰囲気を作る

「私は彼が悩みを抱えていそうなときには、家デートとかでまったりできる時間を作ったり、寝る前にマッサージしてあげたりして、少しでも話しやすくて、甘えやすい雰囲気を作りますね。そういう時間があると、少しずつ話してくれたりしますよ」(Gさん・28歳女性)

(3)自分から話す

「自分が先に悩みを話すことで相手が話してくれることもあると思います。悩みって信頼関係がないとなかなか話し出すきっかけがつかめないと思うので、まずは自分が相談することで、信頼していることを伝えます。そのあと、“私ばっかり相談しててごめん。悩んでることないの?”とか聞いてあげるといいと思います」(Kさん・35歳女性)

5:相談したほうが愛が深まる!?

相談ごとって相手に負担をかけてしまわないかなど心配になりますが、実際は、相談されたほうも嬉しかったりしますよね。

お互いに相手の悩みを聞き、親身になることでより理解が深まるので、愛情表現のひとつだと思って、思い切って悩みを伝えてみるのがいいのかもしれませんね。