恋のなやみに効くメディア

おでこが広いの基準は?似合う髪型と似合わない髪型を解説

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:何センチから?おでこが広いの基準は?

なんとなく自分のおでこは広い気がしていても、他の人に比べて本当に広いのかどうかは、自分ではなかなかわからないものです。顔の大きさが違うように、おでこの広さも人それぞれ。「何センチを超えると広い、何センチ以下だと狭い」といった明確な基準に当てはめることはできません。

ただし、顔全体の大きさに準じて、理想的なおでこの広さというものは存在します。一般的に、顔全体のバランスが整って見えるおでこの広さは、顔全体の約3分の1だといわれています。

『MENJOY』の過去記事「顔の大きさは遺伝なの?男女の平均やメジャーやアプリでの測り方」でも紹介されていますが、日本人女性におけるあご先から頭頂部までの長さの平均は、およそ22センチ。そのうち、髪の毛が生えている部分として4センチ程度を除くと、顔の大きさの平均は約18センチとなります。この平均値からおでこの理想的な広さを導き出すと、約6センチといえます。

あくまで日本人女性の平均値であるため一概にはいえませんが、6センチを基準に、自分のおでこの広さをチェックしてみましょう。

2:おでこが広く見えてしまう原因3つ

おでこが広い人の中には、単純におでこの面積が広い場合もあれば、とある理由から広く見えてしまっている場合もあります。おでこが広く見えてしまう原因を詳しく見てみましょう。

(1)生まれつきおでこが広い


おでこの広さは、生まれつきもった特徴のひとつであることが多いです。親がおでこの広い人だと、遺伝により子どもも、おでこの面積が広くなることがあります。生まれつきの特徴である場合、努力では変えられないので、ヘアアレンジなどでカバーしていくしかないでしょう。

(2)顔のパーツが中央に寄っている

目や鼻、口といった各パーツが顔の中央に寄っていると、おでこが広く見えます。こちらも遺伝など生まれつきの特徴であることが多いですが、メイクやヘアアレンジでカバーすることは十分可能です。

(3)薄毛で地肌が見えやすくなっている

以前よりおでこが広く見えてきた場合は、生え際が薄毛になっている可能性が大きいです。薄毛になると地肌が見えやすくなり、おでこの面積が広く見えます。

さらに、生え際の中央部分または左右から薄毛が進行すると、髪の毛が後退し、さらにおでこが広く見えてしまうことに。髪の毛の後退が気になったら、きちんと薄毛対策をしましょう。

3:美人が多い?おでこが広い人のメリット3つ

おでこが広いことで美人見えする人も多く、何かと得も多いことを知っていますか。次は、おでこが広い人のメリットをご紹介します。

(1)性格が明るそうに見える


おでこが広いと自然と顔の見える面積が広くなり、表情の変化がわかりやすくなります。喜怒哀楽の表情も伝わりやすく、天真爛漫で明るい印象に。

一方、おでこが狭いと前髪が顔にかかりやすく、表情が見えず暗い印象を与えてしまいがち。おでこが広いだけで良い性格に見えるなんて、かなりお得ですよね。

(2)顔のバランスが整って見える

美人といわれる人たちは、おでこの形が美しく、ある程度の広さがあるのも特徴です。美人見えするには、目・鼻・口それぞれの形がキレイであるよりも、顔という土台の上で、各パーツがバランス良く配置されていることがポイント。おでこにある程度の広さがあると、自然と顔のバランスが整って見えやすくなり、美人度もアップします。

(3)ヘアスタイルの幅が広がる

おでこの広さを活かせば、さまざまな前髪アレンジやヘアアレンジが楽しめます。おでこが狭いと、前髪のあるヘアスタイルばかりになりがちで、かわいらしさがある反面、子どもっぽさが抜けないという難点があります。

一方、おでこが広いと、デコ出しのヘアスタイルもキマりやすく、大人っぽさや知的な雰囲気を演出することも可能。オンオフ問わずヘアスタイルの幅が広がるのは、おでこが広い人ならではの特典です。

4:おでこが広いことのデメリット3つ

メリットがあれば、デメリットもあるのが世の理。おでこが広い人が実際に感じているデメリットをご紹介します。

(1)薄毛に見える


おでこが広い分、髪の毛の生え際が頭頂部に近くなるため、トップにボリュームが出にくいというデメリットがあります。頭頂部が薄毛に見えてしまうのはもちろん、生え際が後退しているように見え、「あの人ハゲてるのでは?」と思われてしまうことも……。特にワンレングスなど前髪のない人は、毎朝ヘアアレンジに悪戦苦闘しているようです。

(2)顔全体が大きく見える

おでこが広いと顔に余白が生まれ、顔全体が大きく見えてしまいます。また、おでこの広さがあるほど面長に見え、顔の各パーツの位置によっては、さらに顔の面積が広く見えやすくなることもあるでしょう。前髪を作ったり顔まわりの毛を残したりするなど、ヘアアレンジでカバーすることをおすすめします。

(3)おでこのシワが目立ちやすい

おでこの面積が広いと、その分人の目線はおでこに行きがち。年を取るにつれ、おでにシワができると、顔の中心部以上に目立ちやすくなります。おでこが広い人ほど、通常のフェイスケアに加え、おでこのシワ・たるみ防止に注力したケアを取り入れましょう。

5:NGなヘアスタイルはどれ?おでこが広い女性に似合わない髪型3選

おでこが広いことのデメリットが、わざわざ浮き彫りとなるようなヘアスタイルは絶対にNG。おでこが広い女性は避けるべき髪型をご紹介します。

(1)生え際がぺたんとした髪型

おでこが広いと、ただでさえ生え際のボリュームが不足しがち。なので、生え際がぺたんとした髪型は避けましょう。生え際がぺったりとおでこにくっついていると、より薄毛に見えやすくなります。特に、髪の毛全体のボリュームを出す際は、生え際にもきちんとボリューム感を出すことが大切です。

(2)全体的にボリューム不足

全体的にボリューム不足な髪型も、おでこの広い女性にはNGです。顔の面長さが協調されてしまい、顔が大きく見えてしまう原因となります。小顔に見せたい場合は、縦ラインを強調しないようなヘアスタイルを目指しましょう。

(3)おでこが全部隠れている

おでこの広さを隠そうと、重めの前髪を作ったり、目の近くまで前髪を伸ばしたりしてしまうと、顔全体が暗い印象となってしまいます。おでこの広さを前髪でカバーするには、おでこ全体を隠そうとはせず、少しだけ見せるのがコツ。ナチュラルな透け感を出せば、おでこの広さを自然にカバーできます。

6:おでこの広さを活かそう!似合う髪型3選

おでこの広さに悩むより、広さを活かしたヘアスタイルを楽しむ方向へシフトチェンジ。バランスを意識すれば、広いおでこも魅力的に見えるようになりますよ。おでこの広い女性に似合う髪型をご紹介します。

(1)ワンレンボブ


前髪をなくしたワンレングスは、おでこが広い人ほど似合うスタイル。ですが、全体がボリュームダウンしていると暗い印象になってしまいがち……。丸みと重みのあるボブヘアを合わせることで、程よくボリューム感のある、大人かわいい雰囲気に仕上がります。おでこの広さや顔の余白も目立ちにくくなりますよ。

(2)オールバック

オールバックで、おでこの広さをあえて全面に出すのもおすすめです。ボリューム感をなくしてタイトなポニーテールを作れば、モードなヘアスタイルが完成します。

ふんわりとしたヘアスタイルを作りたいときは、オールバックにカチューシャやコームなどアイテムを使うのがおすすめ。頭部にアクセントがついて、おでこに視線が集まりにくくなります。

(3)短めぱっつん前髪

大胆な短めのぱっつん前髪は、ややハードルの高さが感じられますが、おでこの広い女性には、ぜひチャレンジしてほしい髪型です。おでこが狭いと子どもっぽさが全開になりがちですが、おでこに広さがあることで顔全体のバランスが整いやすく、程よいかわいらしさが演出できます。

【関連記事】

おでこが広い芸能人は美人が多い!おでこが広い人が似合う髪型と前髪をあげるコツ

7:おでこが広い芸能人といえば?

おでこが広い女性芸能人といえば、美人が多いことで有名。「おでこが広い」とひと括りにいえど、いろいろなジャンルの美人たちが存在します。

2018年に惜しまれて芸能界を引退してしまいましたが、安室奈美恵さんは、おでこが広い有名人の中でも定番の存在でしたよね。ワンレングスのヘアがトレードマークでもあり、元気な印象を受けました。

また北川景子さんも、おでこの広さで有名ですが、かわいらしさというよりも、クールビューティーな印象がありますよね。キリッとした眉やスッと通った鼻筋によって顔全体がスッキリしていて、おでこが広さによるデメリットが完全にカバーされてます。

他にも、ももいろクローバーZの百田夏菜子さんもおでこが広めですが、さまざまな前髪アレンジにより、おでこの広さをカバーしながらかわいらしい印象をキープしています。このように、おでこが広くても、メイクやヘアスタイルによって、かわいい系からキレイ系まで、自分好みの雰囲気を目指すことができるのです。

【関連記事】

デコ広い…を活かす!おデコが広い人に似合う髪型とおでこが広い芸能人

8:まとめ

おでこの広さはもちろん、顔の特徴によってカバーの仕方は異なりますが、要はやり方次第。おでこの広さを活かしたアプローチをすることで、デメリットと思っていた要素も自然と改善されていくはずです。

おでこの広さを恨むより、自分に合ったスタイルを見つけることが先決。そして、おでこの広い有名人たちを参考に、理想のスタイルを追求していきましょう。