恋のなやみに効くメディア

垂れた胸はもう戻らない?垂れる原因や習慣・行動とバストケア方法

大山奏

大山奏K.Ohyama

©gettyimages

目次

隠す

1:垂れた胸はもう戻らない?何歳から垂れるもの?

胸に関する悩みは、多くの女性がもっているのではないでしょうか。大きさや形など気になることは多々ありますが、「最近胸が垂れてきたな」と感じると、かなりの女性が焦りを感じるようです。

胸を支えているのは筋肉と、クーパー靭帯。筋肉は筋トレなどでケアできるのですが、クーパー靭帯は残念ながら一度伸びてしまうと元には戻りません。

多くの女性が胸の垂れを感じ始めるのは30代に入ってからですが、20代でも安心してはいられません。20代からの生活習慣によって、徐々に胸は垂れていってしまうのです。

2:胸が垂れる原因とメカニズム

(1)加齢

年齢を重ねるほどに胸が垂れるという悩みが多くなることからもわかるように、加齢によって、筋肉が衰えたり、皮膚のコラーゲンが失われたりします。それによって、胸が垂れやすくなります。

(2)クーパー靭帯が伸びる

胸の中にある乳腺を支えるクーパー靭帯は、1度伸びてしまうと元には戻りません。クーパー靭帯が伸びる要因には、正しいブラを着用せずに激しい運動をすることや、ブラをつけていない時間が長いことなどが挙げられます。

(3)産前産後の体の変化

妊娠や授乳の時期には、胸が大きくなりますが、そのあとまた胸は縮みます。このとき、一度広がった皮膚がたるんでしまうため、胸が垂れてしまうことも。

【関連記事】

ナイトブラってみんな着けてる?おすすめランキングから正しい選び方までを調べてみた

3:胸が垂れているサインと見分け方3つ

胸が垂れているかどうかは、どうすればわかるのでしょうか。自分でもわかる確認方法をご紹介します。

(1)胸の下に指が入る

胸の下に指が入れられるようになったら、それはかなりの垂れ乳サイン。また、胸の下に汗をかくようになったり、お風呂で胸を洗うときに胸の下が洗いにくいなと感じる場合も、垂れてきている可能性が高いです。

(2)正面から見たとき、乳首が下を向いている

鏡の前に立ったとき、乳首が真正面を向いておらず下向きになっているのも、垂れ乳のサインです。完全に下を向いていなくても、ちょっと下方向だなと思ったら、すぐにバストケアの見直しをしてみてください。

(3)鎖骨の下と両乳首の線が正三角形ではない

キレイなバストの位置の基準は、鎖骨の下のくぼみと両乳首をつないだ線が正三角形になっていることといわれています。

ブラをつけずに鏡の前に立って、3つの線の長さを測ってみてください。もし、二等辺三角形になっているなら、垂れてきているサインです。これらを定期的に行えば、自分のバストの形が崩れていないかを確認できますよ。

【関連記事】

垂れ乳を改善するには?垂れ乳の原因とバストアップの方法9選

4:胸が垂れやすくなる習慣・行動3つ

普段の行動の積み重ねによって、胸はだんだんと垂れてきます。その原因となる習慣についてみていきましょう。

(1)自宅でブラをしない

お休みの日など、家で過ごしているときにブラをしない人は、垂れる原因をつくっているので要注意。またカップ付きのタンクトップなども利便性が高く人気ですが、胸をしっかりとホールドできていないものが多く、これも垂れる要因になります。

(2)正しいサイズのブラをつけていない

ブラのサイズが合っていなかったり、正しい付け方をしていないというのも、胸が垂れる原因です。胸のサイズは変わりやすいものなので、新しいブラを買うときには必ずお店の人にチェックしてもらいましょう。

肩ひもが肩に食い込むなと思ったら、何か問題があるかもしれないと考えてくださいね。

(3)姿勢が悪い

猫背など、姿勢の悪さも実は胸に悪影響を与えます。姿勢が悪いと、体の血流やリンパの流れが悪くなり、その影響で胸が垂れることも。

また、猫背などで筋肉が衰えることによっても垂れ乳になってしまいます。

【関連記事】

Cカップの大きさはどのくらい?Cカップ女子の本音とCカップの有名人

5:胸の垂れ防止に見直したいバストケア方法3つ

垂れ乳にならないための方法をご紹介します。

(1)大胸筋を鍛える

胸の土台を支えているのは、大胸筋と小胸筋という筋肉です。この筋肉が減ってしまうと、垂れ乳まっしぐら。

大胸筋は腕立て伏せなどで簡単に鍛えられます。また、胸の前で手のひらと手のひらを合わせて押し合うトレーニングも、胸の筋肉には効果的です。

(2)ナイトブラをつける

夜くらい何もつけずにリラックスして眠りたいという気持ちもわかりますが、ナイトブラをつけることによって、垂れ乳のリスクを下げることができます。胸が揺れないので、つけているほうが熟睡できるという声も。

今はナイトブラでも締め付けが少ないものや、苦しくない設計のものがたくさんあるので、自分に合ったものを見つけて使ってみてくださいね。

(3)血流をよくする

血流の流れが悪くなると垂れ乳以外にも体の問題がたくさん出てきます。お風呂にゆったりと使って、肩回りからわきの下、胸の周りをマッサージしてあげると垂れ乳予防に効果的。

上半身のコリが酷すぎる場合は、マッサージなどで定期的にほぐしてもらうのもおすすめです。

6:垂れ乳は一日にしてならず!

胸がゆっくりゆっくり垂れていくため、気をつけていないと気づかないかもしれません。そして垂れてしまってからのケアでは遅すぎることも多々あります。

10年後でも恥ずかしがらずに裸になれるように、毎日の習慣から変えてみてくださいね。