恋のなやみに効くメディア

旦那が浮気してるかも…兆候や見抜く方法と確定した場合に妻がするべきこと

松田優

松田優Y.Matsuda

©gettyimages

目次

隠す

1:旦那が浮気してるかも…

パートナーの浮気疑惑。思い違いであってほしいと願う反面、事実であれば見逃すわけにもいきません。怒り、悲しみ、絶望……精神的に追い詰められる事態ですが、できるだけ冷静に、慎重に、現実を確認していく必要があります。

2:妻には理解できない?浮気する旦那の心理3つ

浮気をしない人にとって、浮気をする人の心理は理解し難いもの。浮気をしてしまう男性の心理には、どのようなパターンがあるのでしょう。

(1)出来心

「そういう流れになったから」「偶然ふたりきりになったから」「つい、魔が差して」。言い訳の常套句ともいえる「出来心」というワード。

浮気された側からすれば信じ難い理由ですが、男性はその場の雰囲気に流されやすい面があるのも事実。悪いことだと理解していても、出来心で肉体関係を結んでしまう男性は多く存在しているのです。

(2)刺激が欲しい

浮気をする男性の夫婦関係は破綻している、というイメージがありますが、順調な結婚生活を送っていても浮気をする男性は一定数います。妻と仲が悪いわけでもないのに浮気をする理由は、「刺激が欲しいから」です。

安定した結婚生活を退屈に感じ、新しい出会いに刺激を求めてしまう……。妻ではない女性と性的関係を結びたいという欲求が、浮気に繋がってしまうのです。

(3)ストレス

仕事のストレス、家庭のストレス、人間関係のストレス……溜まった鬱憤を解消する方法として、浮気を選ぶ男性もいます。

ストレスや悩みを妻に打ち明け、共に乗り越えていくのが夫婦としてあるべき姿ですが、間違った形で解決しようとしてしまうのです。妻にいえない悩みをほかの女性に相談しているうちに男女の関係になってしまう、というパターンもよくあるようです。

3:怪しい…旦那の浮気の兆候3つ

旦那はひた隠しにしているつもりでも、妻の目を誤魔化すことはできません。浮気の兆候は、このような形であらわれることが多いようです。

(1)スマートフォンを気にする回数が増えた

浮気の必須アイテムともいえるスマートフォン。秘密の関係を続けるためには、便利な連絡手段が欠かせません。

常にスマートフォンを気にしている、お風呂に入るときも持っていく、急にロックの番号を変えたなど、スマートフォンをきっかけに浮気が発覚するのはよくあること。不自然なほどスマートフォンの使い方が変わったなと思ったら、疑いの第一段階といっていいでしょう。

(2)容姿のイメージチェンジをした

結婚したことで気が緩み、ファッションや見た目に興味がなくなる、というのも既婚男性にありがちな特徴です。

ところが、急におしゃれに目覚めたり、ダイエットに励んだり、若者向けのブランドにこだわったり……容姿の変化は心の変化のあらわれ。見た目を気にする気持ちの裏には、ほかの女性の存在があるのかもしれません。

(3)お金の使い方が変わった

生活や仕事にルーティーンがあるように、お金の使い方にもある程度決まった法則があるもの。飲み会の予定なども把握していれば、お金の使い方も予測しやすいでしょう。

まだ月初めなのに金欠になっている、飲み会もないのにお小遣いの追加を頼まれるなど、浮気の兆候はお金の使い方にも出やすいので要チェックです。

4:もしかして…旦那の浮気を見抜く方法3つ

疑いをもってしまったが最後。妻として真相を確かめずにはいられませんよね。旦那の浮気を見抜くには、どのような方法があるのでしょう。

(1)スマートフォンから見抜く

生活のすべてがスマートフォンに詰まっているともいえる時代。何を考え、何を調べ、誰といつ、どのようなやり取りをしているか。さらにアプリを活用すれば、どこにいたのかも知ることができます。

スマートフォンから浮気の痕跡を完璧に消すことは難しいため、スマートフォンを調べれば、何かしらの証拠が出てくるでしょう。

(2)お金の使い方から見抜く

お金を使わず浮気をすることはできません。密会のための食事やホテル代など、何かと出費は多いもの。お金の使い道を突き止めれば、浮気の痕跡を発見することができる可能性は大です。レシートやクレジットカードの明細も大切な「証拠」となります。

(3)勘で見抜く

スマートフォンの履歴やレシートなどの「物的証拠」も重要ですが、最後にモノをいうのは「妻としての勘」かもしれません。取り立てて不自然な行動はなくても、なんとなくおかしい……と、ちょっとした違和感から浮気を見抜くこともできるはず。

他人にはわからない変化もわかってしまう。夫婦だからこそ可能な見抜き方といえそうです。

5:浮気に対する夫の本気度を確かめる方法3つ

浮気をした罪に変わりはありませんが、一時の遊びなのか、それとも本気なのか、知りたくなりますよね。浮気の本気度を見極めるにはどのようにすればいいでしょう。

(1)カマをかけて本気度チェック

遊びの浮気か本気の恋か。その分かれ目は、妻にバレたときの対応にあるといっていいでしょう。「浮気を疑っている」とカマをかけることで、旦那の本気度が見えてくるはずです。

カマをかけてもまだ浮気をしているようであれば、リスクを背負ってでも関係を続けたい相手であるということ。すぐに関係を切ったようであれば、それまでの相手ということです。

(2)家族への接し方で本気度チェック

「あくまで家族がいちばんで、浮気は単なる遊び」という場合、自分の居場所を失わないよう、家族にはいつもどおり、もしくはいつも以上に優しくするものです。

逆に、離婚を覚悟しての浮気の場合は、妻や子供に対してどんどん態度が冷たくなっていくはず。家庭を壊してでも浮気相手を優先したいという心境のあらわれなのです。

(3)お金の使い方で本気度チェック

遊び相手に多額の金銭をつぎ込む男性はいません。体の関係を楽しむだけであれば、食事やデートなども節約して、できるだけお金を使わないでおこうとするでしょう。

本気の場合はその逆。高額なプレゼントや食事、旅行、あまつさえ生活費まで渡してしまうことも。お金をどれほどかけるかは、本気度のバロメーターになるといっていいでしょう。

6:浮気確定…今後のために妻がするべきこと5つ

残念ながら浮気が確定してしまったとき、とても冷静ではいられないかもしれません。しかし、こここそが妻としては正念場です。その後の展開を見据え、妻としておきたいことをリストアップしてみました。

(1)証拠を保存する

許すにしろ別れるにしろ、何はともあれ証拠の保存を怠ってはいけません。旦那側も、いつバレるかと警戒しているはず。証拠を見つけたその場で保存しておかなければ、すぐに処分されてしまう可能性もあります。

スマートフォン上のやり取りを保存する際、スクリーンショットではデータの改ざんを疑われることがあるため、本体ごと撮影するのが得策です。

(2)自分がどうしたいか考える

配偶者の浮気に直面すると、大抵の人はパニックになってしまうもの。相当なショックを受けることが予想されますが、泣いてばかりもいられません。

結婚生活を続けたいのか、離婚を選ぶのか。自分自身の心をきちんと決めることで、その後すべきことが明確になります。証拠を保存した後は、自分の気持ちに向き合っていきましょう。

(3)さらに決定的な証拠を掴む

離婚を望む場合、さらに客観的な不貞行為の証拠を掴む必要が出てくるかもしれません。スマートフォン上のやり取りや写真だけでは肉体関係があったと認められない場合もあるので要注意です。

離婚の際、有利にことを運ぶためには、証拠は多ければ多いほど心強いもの。弁護士の無料相談などもあるので、本格的な離婚準備のための情報収集は必須です。

(4)旦那を問い詰めるタイミングを考える

浮気が発覚した瞬間、頭に血が上って旦那を責めたくなるかもしれませんが、一度はぐっとこらえて。相手にいい逃れをさせないタイミングで切り出さなければなりません。証拠を保存し、自分がどうしたいか腹を決めた後が、旦那本人を問い詰めるタイミングといえるでしょう。

(5)相手の女性に連絡するべきか

浮気相手との対峙は、あまり賢い選択とはいえません。相手の女性に直接連絡をして怒鳴りつけたからといって、気持ちが晴れることはないでしょう。

むしろ感情的な行動が、その後の展開に悪影響を及ぼす可能性もあります。相手の女性に連絡するときは、弁護士などプロを通して慰謝料を請求するときに限定して。要らぬリスクを背負う必要はありません。

7:本当は浮気される前に手を打ちたい…旦那の浮気を防止する方法3つ

浮気とは無縁の仲良し夫婦でいるためには、どのような面に気を配ればよいでしょう。浮気を防ぐ秘訣を集めてみました。

(1)会話をする

同じ家に住んでいても会話の少ない夫婦はごまんといます。「口数が少なくとも通じ合っているふたり」といえば聞こえはいいですが、実際には会話の少ない夫婦ほど関係が脆いもの。

夫婦とはいえ元々は他人同士。いわなくてもわかる、は通用しません。気持ちのすれ違いから浮気に走る人も多いことを考えると、会話というコミュニケーションを疎かにしてはならないのです。

(2)スキンシップをする

会話と同じく夫婦関係を円満に保つ鍵となるのがスキンシップです。スキンシップ不足は肉体的な欲求不満の原因になることはもちろん、関係を冷めさせてしまう一因にもなります。

いまさら……と照れてしまうかもしれませんが、ときには積極的になることも必要。スキンシップは夫婦の会話のひとつと捉えて、肌で触れ合う時間を作ることも大切です。

(3)浮気をしたらどうなるか、事前に話し合っておく

浮気をする男性の多くは「バレても謝ればなんとかなるだろう」という甘い考えをもっています。簡単に離婚できるわけがない、いつか許されると高を括っているのです。

関係がうまくいっているときに「浮気」という不穏なワードを出すことはためらわれますが、もし浮気をしたらどうするか、はっきりと態度を示しておくべきです。いざというときの慰謝料も含めて話し合っておけば、抑止力になること間違いなしです。

8:まとめ

浮気はあってはならないことですが、実際に自分の身に降りかかったときのために予備知識を備えておくことも大切です。万が一、パートナーの浮気が現実になったら、妻としての誇りを失わず、毅然とした態度で問題に立ち向かっていきましょう。