恋のなやみに効くメディア

年上彼氏と付き合うメリット・デメリット!落とし方から上手に付き合うコツ

森下あゆみ

森下あゆみ

©gettyimages

目次

隠す

1:年上彼氏は魅力的だと思う?

同級生、年上、年下……。理想の彼氏像はさまざまですが、年上彼氏に魅力を感じる女性はどれくらいいるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の未婚女性199名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「年上彼氏は魅力的だと思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

はい・・・191人(96%)

いいえ・・・8人(4%)

アンケートに回答したほぼ全員といえる女性が、年上彼氏を魅力的に感じているようです。年上=頼れる、カッコいいと思う女性は多く、それが好きになるきっかけになっているのかもしれません。

2:年上彼氏と付き合うメリット・デメリット

まずは、年上彼氏と付き合うメリットとデメリットをご紹介します。初めて年上と付き合う、好きになったという人は、付き合い方をイメージしてみましょう。

(1)メリット

1.経験値が自分より高くて頼れる

年上であればあるほど、仕事やプライベートで自分より多くの経験をしているはずです。そのため、気軽に悩みを相談できることはメリットです。同級生や同僚に相談するよりも、年上ならではの目線でアドバイスをくれるでしょう。また、年上彼氏と付き合っていると、実年齢より高い考え方が身につくかもしれません。

2.経済的に余裕があることが多い

年上の場合、自分より年収が高く経済的に余裕のある人の絶対数が上がります。同世代の男性と付き合うよりも、高級な飲食店に連れていってもらえたり、手の届かないような経験ができたりと、優雅なデートが楽しめるかもしれません。割り勘になる機会も減り、交際費の負担が軽減できそうです。

3.恋愛経験が多くケンカになりにくい

年上彼氏の経験値の高さは、仕事だけではありません。恋愛においても、たくさんの経験をしている男性もいるでしょう。恋愛経験そのものが多いこともあれば、大人ならではの恋愛の経験で、年下彼女の扱いはお手のもの、というタイプも。

「こういうときにはこうすればよい」とある程度理解しているため、感情の赴くままに騒ぎ立て、大げんかになるということも少なさそうです。

(2)デメリット

1.話が合わないことがある

ひと回り、ふた回りと年齢が離れてくると、流行や学生時代にハマったことなどの話題がかみ合わず、ジェネレーションギャップに悩まされることも。「あー知らないか」とか「わからないよね……」なんてセリフが増えて、会話が弾まないというケースも。

2.「年上だからこその悩み」が想像できない

例えば「仕事の悩み」をひとつとってみても、自分は上司が面倒くさいという悩みがあったとして、年上彼氏は後輩が思うように育たないという悩みだったり。立場そのものが違うため、悩みに共感してもらえないケースも。さらに、老後のライフプランや、彼の健康状態、親の介護など、シビアな問題も出てくるでしょう。

3.プライドが高く意見しにくいことも

年上彼氏が、年下の彼女に対してムダにプライドの高さを見せてしまうと、コミュニケーションがとりづらいという状況も発生します。例えば、女性側が「◯◯したほうがいいんじゃない?」とアドバイスをしても、「年下だから」と意見を聞き入れてもらえないと、なんだか壁を感じてしまうかも。

3:年上彼氏の落とし方5つ

年上の男性と付き合いたい女性は、どのような方法でアプローチをすればよいのでしょうか。5つの落とし方をご紹介します。

(1)仕事や趣味など一生懸命取り組む姿を見せる

若いなりにも頑張ってガッツがある姿を見せると、男性は年下の女性であっても一目置くでしょう。年下の女性を見るとつい甘やかしたり妥協したりする男性は多いもの。ですが、年上の男性と遜色がないほどに努力をしていれば評価してくれます。また、いつも前向きに頑張っている女性は自然と視界に入るため、意識をしてもらいやすいでしょう。

(2)料理上手なところをアピール

料理が上手という長所は、多くの男性に対して有効なアピールです。あからさまにアピールをすることは好ましくありませんが、例えば職場に手作りのお弁当をもっていく、何気ない会話の中で自炊エピソードを披露するなどすれば、料理上手な面をアピールできます。

(3)話を上手に聞いてあげる

女性に自分の話を聞いてほしい年上の男性は多く、聞き上手であれば話しやすさから親しくなりやすいでしょう。男性がどんどん話したくなるような相づちや「よくぞ聞いてくれた!」という質問をすれば、コミュニケーションの楽しさを感じてもらえます。ポイントとしては、「この女性と話していると癒やされる」と感じさせることです。

(4)精神的・経済的に自立しているところを見せる

年上彼氏の彼女になると「少しくらい甘えても大丈夫だろう」と思う人がいるかもしれません。しかし、精神的・経済的どちらにおいても自立している女性が好まれるのが現実です。年の差があるとはいえ、ひとりの社会人として自立していなければ、恋愛対象にはしてもらえないでしょう。

(5)背伸びせず常に素直な態度で接する

年上の男性に追いつこうと、背伸びすると必死に見えてしまい、本来のよさを発揮できません。

一回り以上年齢が離れている、またはキャリアがある男性に恋をしていると、自分がちっぽけな存在に感じることもあるでしょう。しかし男性を落としたいなら、本来の自分を見てもらうことが大切。偽りのない状態でいるほうが、ひとりの女性として見てもらいやすいはずです。

4:年上彼氏と上手に付き合うコツ5つ

いざ年上彼氏と付き合ってみたものの、なぜかしっくりこない……。このようなとき、どうすればうまく付き合えるのか、考えてみましょう。

(1)彼のプライドを大事にしてあげる

どれだけふたりが長く付き合い、年齢を重ねても、年の差は変わりません。関係に慣れてきたとしても彼氏の意思を尊重して、プライドを大事にしてあげましょう。特に男性は「付き合った当初は◯◯だったのに」と思い出を振り返りがち。出会ったときのときめきを思い出せれば、彼氏のプライドを傷つけず、穏やかに過ごせるかもしれません。

(2)余計な心配をかけないようにする

年下彼女に対する心配といえば、ほかの男性にとられないか、仕事で頑張りすぎないかなど。彼氏に追いつこうと必死になりすぎても、彼氏は心配してしまいます。悩みがあってもひとりで抱え込まない、つらいときは彼氏に相談をするなどして、余計な心配をかけないようにしていきましょう。

(3)ときには母性で接する

彼氏が甘えてきたときやイチャイチャしているときなど、母のような優しさで接してみてください。すると、「年下の彼女なのに安心できる」と驚いてくれるかも。この癒やし効果を感じてもらえれば、ふたりの間には一歩踏み込んだ愛情が芽生える可能性が高まります。

(4)尊敬する気持ちを忘れず言葉に出して伝える

仕事を頑張っていること、経験が豊富で頼りになることなど、年上彼氏ならではの尊敬できるポイントはたくさんありますよね。この長所を尊敬する気持ちを忘れず、その気持ちを言葉にして伝えてみてください。

(5)初心を忘れない

慣れや日々の忙しさから、恋人を「いて当たり前の存在だ」と思う人は多いもの。しかし、ときにはお互いの「好き」という気持ちを取り戻してみてください。そうすれば、たとえマンネリ化をしていても「またやりなおそう」とポジティブになれるでしょう。

5:嫉妬しすぎに注意!年上彼氏に嫌われる行動3つ

年上彼氏に嫌われないためにはどうしたらいいでしょうか。以下のようなパターンに陥らないように注意してください。

(1)激しく束縛する

激しい束縛は年上彼氏でなくとも嫌われる行為です。自分より年を重ねている彼氏なら、なおさら、会社の付き合いなどで女性が同席する食事の場に行くこともあるでしょう。これに対して「行かないで」「浮気だ」と言ってしまうと、「子どもっぽいな」などとネガティブな印象を与えてしまいます。

(2)仕事に口を出す

年上彼氏は、女性が想像している以上に仕事に対して高い意識と責任感をもっていることが多いです。だからこそ「なぜ残業ばかりなの?」「イヤなら辞めればいいじゃん」といった思いやりや想像力のない発言をすると嫌われるでしょう。

彼氏の年齢や立場にならなければわからない仕事のつらさがあるのです。たとえ彼女だとしても安易に口出しすることは望ましくありません。

(3)冗談で彼氏をけなす

冗談であっても、彼氏をけなすような発言はNGです。年上であることを「おじさん」「古い」と言う、女友達と話すノリでツッコミを入れる、馬鹿にするといった発言は彼氏のプライドをズタズタに傷つけます。

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、たとえ心を許しきって長年付き合っている彼氏でも、言っていいことと悪いことのラインを超えてはいけません。

6:まとめ

同世代と同じ付き合い方を想定していては、年上彼氏との関係はうまく築けません。付き合うまでに好きになってもらう努力よりも、付き合ってからのほうが何かと大変ですが、楽しい関係になるよう、前向きに頑張りましょう。