恋のなやみに効くメディア

恋人やパートナーを「相方」って呼ぶのはアリ?それともナシ?相方と呼びたくなる心理も

松田優

松田優Y.Matsuda

目次

隠す

1:恋人・パートナーのことを相方と呼ぶのはアリ?なし?

最近では若い世代を中心に、恋人やパートナーのことを「相方」と呼ぶカップルが増えているといいます。相方は英語で「partner」というため間違いではありませんが、どうしても芸人や漫才師の印象が強い呼び方に、違和感を覚える人も。

そこで今回『MENJOY』では、20~40代の男女500名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「恋人やパートナーを“相方”と呼ぶことについてどう思いますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

あり・・・237人(47%)

なし・・・263人(53%)

なしだと思う人の割合が若干多いものの、ほぼ半々という結果に。相方と表現することで、魅力的なカップル像を引き立てることもあれば、捉え方次第で「恋人に使う言葉としてふさわしくない」と不快感を与えてしまう可能性もあるので、使いどころには注意したほうがよさそうです。

2:相方はアリ派の意見3つ

恋人やパートナーのことを相方と呼ぶことに賛成派の人の意見から、相方呼びの魅力をリサーチしてみましょう。

(1)親しみが出るから

「距離が近い感じがするし、相手と対等であるイメージがあります」(36歳女性/営業)

「ポップな感じで、親しみを込めた表現だなと思います。あと、彼氏として紹介するのが照れ臭いときにも使えそう」(20歳女性/学生)

「仲がよさそうなイメージがありますね。芸人さんのように息が合ったふたり……ということなんだろうなと勝手に思っています」(43歳女性/ライター)

ただ恋人やパートナーと表現するよりも、「相方」と呼ぶ方が仲睦まじい雰囲気が出るという意見。たしかに相方と言い換えるだけで、ふたりが恋愛関係としてだけでなく、より深い結びつきを持っているようなイメージは抱きやすいです。

また、男女で呼び方の違いに差が出ることで、差別的な印象を感じることもあります。そこで「相方」と呼び合うことで、ふたりの関係に対等性が生まれやすくなるという見方もあります。

(2)しっくりくる呼び方だから

「SNSでもよく見かける表現ですし、今ではおなじみの言葉になってきていると思います」(26歳女性/総務)

「彼とは親友としても仕事仲間としてもいい関係を築いているから、“相方”という表現がしっくりきます」(25歳女性/アパレル販売員)

「一生の伴侶だから、ある意味正解」(40歳男性/人事)

SNSなどで「相方と〇〇に行ってきた」「相方に〇〇をもらった」と恋人とできごとを投稿するカップルも多く、若い世代の人たちにとってはよく見かける表現とのこと。

また、仕事仲間としてや、子どもも含め「家族」として関係を築いている人たちもいるはず。その場合は、恋愛感情だけで一緒にいるわけではないため、相方と表現しても何ら違和感はないようです。

(3)呼び方は人それぞれ

「別に自分のパートナーなんだからどう呼んだっていいと思う」(22歳女性/主婦)

「自分は言わないけど、呼び方は個人の自由だから、好きに呼んでいいのでは?」(34歳男性/販売職)

「公的な場できちんとした呼び方をしていれば、普段の呼び方くらい好きにしていいと思います」(39歳女性/事務)

賛成派の中でも意外と多かったのが、「呼び方は個人の自由だから好きにしたらいい」という意見。名前であろうが相方呼びであろうが、愛情を持って呼んでくれるのであれば、呼び方にこだわる必要はないのかもしれません。

中には「ダーリンとかハニーと呼ぶよりマシ」という意見も。過度なラブラブ感が出ないというのも、相方呼びならではのメリットといえるでしょう。

3:相方はナシ派の意見3つ

続いては、恋人やパートナーを相方と呼ぶことへの否定的な意見をチェックしてみましょう。

(1)お笑いのイメージが強い

「どうしても漫才やお笑いのイメージが強い……。自分の恋人を紹介するときも、しっかり“恋人”とか“彼女”と呼びたいと思いますね」(40歳男性/システムエンジニア)

「芸人さんとかが使うイメージのある言葉なので、一般人が使うこと自体、若干違和感を覚えます」(32歳女性/主婦)

「僕たちは漫才師じゃないし、恋人のことは相方とは思えない」(30歳男性/デザイナー)

相方と聞くと、やはり芸人さんや漫才師さんが使う言葉という印象が強く、「芸人じゃないのにどうして相方と呼ぶの?」と単純に疑問を持ってしまうという意見が多く見受けられました。

「芸人扱いされること=誉め言葉」として捉える人もいますが、恋愛ではまた話は別。恋人を芸人さんのように例えることに、違和感を覚える人が多いということは覚えておきましょう。

(2)見下されている気分になる

「相方だと相手を下に見ている感じがしてしまう」(44歳男性/営業)

「友達に言うならいいと思うけど、恋人に言うのはなんかダサいし、失礼なように思える」(25歳男性/公務員)

「所有物みたいでイヤ。気持ち悪い表現だなと思う」(37歳女性/総務)

「見下されている気がする」「バカにされている」といった印象を受ける人も一定数いるようです。

言葉の表現に優劣の差を感じるか感じないかは人それぞれ。プライドが高い人など、相手との関係性を気にする人の場合は、相方と呼ばれることで自分のランクが下がったように感じる人もいるのでしょう。

(3)恋人感が薄い

「相方というと仕事相手のように感じて、“それって本当に恋人同士なの?”と思ってしまう」(40歳女性/主婦)

「相方ではなくパートナーとして一緒にいたいので、相方呼びはイヤです」(38歳男性/マーケティング)

「全然ロマンチックじゃない。堅苦しい感じがするし、愛が感じられない」(32歳女性/プログラマー)

恋人やパートナーという特別な関係にあるからこそ、「相方」という言葉で隠さず、きちんと関係性を周りにも伝えてほしいという意見。相方という表現は親しい友達にも使えるため、少し特別感に欠ける部分があるのかもしれません。

特別な思いを込めて「相方」と呼ぶ人ももちろんいると思いますが、受け手によって特別感を得られるかどうかはまた別問題。いずれにせよ、相手を特別に思う気持ちがきちんと伝わる方法を選び取っていきたいものです。

4:恋人を相方って呼んだことある?その心理5つ

誰しも恋人を相方と呼び始めるきっかけがあるはず。ただ呼び方を変えただけでなく、そこには意外にも深い理由が隠されていることも……。恋人を相方と呼ぶ人の心理をのぞいてみましょう。

(1)相手を自分の片割れのような存在と思っている

相方がいなければコンビやトリオというものは成立しません。どの芸人さんも漫才師さんも、相方をまるで自分の片割れのような存在だと思い、活動しているはずです。

恋人を相方と例えるということは、それだけ相手のことをかけがえのない存在だと思っているという証拠。自分の片割れだと思えるくらい、相手のことを深く愛しているという暗示かもしれません。

(2)終わらない関係を望んでいる

相方とは、常に苦楽をともにし、一緒に夢をかなえていく存在です。そのため、「何があってもずっと一緒にいたい」という思いを込めて、恋人から相方へと呼び方を変える場合があります。

恋人というと、「恋が終われば関係が終わってしまう」といった儚いイメージもあります。恋人を相方と呼ぶことで、恋人という言葉に潜む不安定さを取り除き、終わらない関係への安心感を抱きたいと思っているのかもしれません。

(3)本命とそれ以外を区別するため

これまでピュアな恋心に基づく心理をご紹介してきましたが、ときには不純な目的で相方という表現が使われることもあります。

例えば、同時に複数の人と付き合っている男性が、本命の女性のみ「相方」と呼んで、付き合う女性をジャンル分けしているケース。友人から女性関係について尋ねられたときも、相方というワードを使えば、一発で特定の人の話であると周りも理解できます。

とはいえ、そもそも友人を混乱させるような恋愛関係は持っていることが問題。不純な目的で相方と呼ばなくて良い交友関係を築くのが一番です。

(4)「自分たちは特別」とアピールしたい

若い世代には浸透しているとはいえ、相方と呼び合うカップルはまだまだ少数派。「他のカップルとは違うことをしたい」という思いから、相方呼びを始めるカップルも存在します。

人と違った考え方や生き方を持ちたがる人と同じ心理が働いているため、相方という言葉自体に特別な意味を込めているケースは少ないでしょう。

(5)恋人呼びに恥ずかしさがある

特に共通の知人や身内に自分の恋愛話をするときは、こそばゆい気持ちになったり、気恥ずかしさを感じることもあるでしょう。しかし、恋人を相方と呼ぶようにするだけで、客観的に恋愛話をすることができ、恥ずかしい気持ちも少し和らぐようになります。

シャイな人の場合は、恋人呼びへの恥ずかしさを和らげるべく、相方と呼び方を変えている可能性が高いです。また、会話の流れで恋人の話を持ち出すときも、ノロケとして伝わりにくい面もあるので、周りにイチャイチャ感を出したくないという気持ちも隠されているかもしれません。

5:まとめ

「相方」という言葉へのイメージはそれぞれ違いますが、相方呼びする側は、「この人と末永く一緒にいたい」と思って使っているケースがほとんど。バカにしているどころか、むしろ相手のことが好きすぎて仕方ないのかも。

今後もよりよい関係を築いていくためにも、恋人としてだけでなく、相方としても頼られる存在を目指してみてはいかがでしょうか。